旅行記ブログ:りり記

【鳩ノ巣渓谷の絶景ハイキングコース】古里~奥多摩を歩いたよ♪

公開日:2020/10/26 

20151123007
東京の奥多摩にある鳩ノ巣渓谷に行ってきました!

20151123008
そこには、都内とは思えないほどの絶景が広がっていました♪

今回はそんな鳩ノ巣渓谷のおすすめハイキングコースと、紅葉散歩の様子をご紹介します!


鳩ノ巣渓谷のアクセス

鳩ノ巣渓谷は、多摩川上流にある渓谷。

JR青梅線の鳩ノ巣駅からは徒歩5分の距離にあります。

 

20151123009

ここは都内であるにもかかわらず「川×紅葉×吊り橋」の絶景を味わえる場所なのです。

美しい景色が広がるこの渓谷周辺には、「大多摩ウォーキング・トレイル」というハイキングコースが整備されています。

鳩ノ巣渓谷周辺のハイキングコース

このハイキングコースはJR青梅線周辺に整備されているため、体力に合わせて好きなコースを選ぶことができます。

ちょっとしたトレッキングを楽しみたいなら、JR青梅線の古里(こり)駅から一駅先の鳩ノ巣駅まで歩いて鳩ノ巣渓谷を楽しむ約1時間半のコース。

もっと歩きたいなら、もう一駅先の白丸駅まで歩いて、その周辺の数馬渓谷を楽しむ約3時間のコース。

さらにしっかり歩きたいなら、その先の奥多摩駅まで歩く約4~5時間* のコースがあります。

*古里駅から奥多摩駅までの標準コースタイム(休憩なしで早めに歩いた場合)は、約3時間です。

今回は、しっかりと歩く、古里駅から奥多摩駅までのコースを歩いてみました。

というわけで、ハイキングコースの見所をレポートします♪

※鳩ノ巣渓谷の様子だけ知りたい方は、こちらまで飛んでください。

古里駅~鳩ノ巣渓谷


スタート地点はJR青梅線の「古里(こり)駅」です。

改札を出て、正面に伸びる道を進み

セブンイレブンのある横断歩道をわたって直進し、


を渡ります。

下に流れてるのは多摩川。全長138kmの川です。

昔は、奥多摩のを切り、この川を通じて江戸に運んだのだとか。


紅葉が綺麗…♪


橋を渡ったら右折して、


強烈な香りを放つイチョウの下を進みます。


そういえばイチョウには、臭い木と、臭くない木がありますが、臭いのはメスの木らしいです。

オスの木には銀杏がならないから、臭くないんだそうです。

だから街路樹には、オスの木が好まれるんだとか。


ちなみに銀杏が臭いのは、動物に食べられないようにするため。

サルなんかは、動物のフンみたいな匂いのする銀杏が大嫌いなんだそうです。

そもそもイチョウは「生きた化石」と呼ばれるほど歴史の古い植物で、恐竜がいた時代よりも前から…って、長い。

イチョウの話が長い。と言われそうなので以下、割愛。


気を取り直して、進みます。


ところどころ、木が色づいていて綺麗です。


道なりにしばらく歩いて、


こちらの標識(案内図)がある道を


へ。


ゆるやかな下り坂を進むと


赤いアーチの橋が現れました。


寸庭橋(すんにわばし)」です。

位置でいうと、JR青梅線の古里駅鳩の巣駅のほぼ中間くらいにある橋です。


橋からの眺めを堪能したあと、


橋の手前にある「ウォーキングトレイル入口」の看板に従って


山道に入ります。


きれいな紅葉♪


でも、なんかが出そうな雰囲気。


そういえば、奥多摩の山にはがいるって案内板に書いてあったし…。


熊よけの鈴持ってきてよかった。

熊ベル
> 価格をチェック


をチリンチリン鳴らしながら、奥へと進みます。


所々に看板があるので、わかりやすいです。


しばらく登りが続きます。


けっこうキツイ…

ハァハァ息を切らして登り切ったところに、


あずまやがありました。


ここからの眺めがまた、最高でした。


なんとも見事な景観です…!!


ここから先は下りです。


黙々と下ります。


わわ、クマ出没の看板!!やっぱりがいるのかー。
(まぁ熊が出たという「大楢峠」っていうのは、もう少し山奥の御岳山方面なんですけどね)


トイレ発見。


住宅街をしばらく進むと


雲仙橋(うんせんばし)」に着きました。

この橋からの眺めも、絶景です♪


を渡ったら、


大多摩ウォーキングトレイル」の案内版に従い、左手の道を進みます。


坂を下って、


小橋を渡り、


小さなを過ぎると


すぐそばにが現れます。

…そして


じゃじゃ~ん!!


鳩ノ巣渓谷に到着しました~♪

鳩ノ巣渓谷の紅葉

20151123011
鳩ノ巣渓谷紅葉は実に見事。

20151123010

20151123012

20151123013

20151123014

吊り橋鳩ノ巣小橋)からの眺めもまた格別です。

20151123015

20151123016

20151123017

20151123018

新宿から電車で約1時間半の場所に、こんな絶景スポットがあったなんて…。

20151123019

そういえば、日本の紅葉は世界で一番美しいと言われているそうです。

20151123020

なぜなら日本は落葉広葉樹の種類が世界一豊富だから。

赤や緑、黄色…と様々な色彩の紅葉を楽しめるのです。

(欧米の紅葉はどちらかと言うと、黄色が多いイメージ)

20151123021

鳩ノ巣渓谷のカフェ

20151123022

川を見下ろす絶景カフェ「ぽっぽ」に入ってみました。

20151123023

20151123024
入口で、を脱いで入ります。

20151123025
店内には、美しい紅葉を望める席がずらり。

20151123026

20151123027

20151123028
小物がかわいい♪

20151123029
料金設定は全体的に少し高めですが、落ち着いた雰囲気の中で、オーガニックドリンク手作りケーキを味わうことができます。

ヘルシーランチやカレーもあり、ハイキングの昼食時にも利用できそうです。

20151123031
ホットコーヒー:500円

20151123030
かぼちゃのケーキ:500円

20151123032
紅葉を見ながら、ほっと一息つけるのが良いですね~。

しいて残念ポイントをあげるとすれば、店内が少し寒かったのと、
20151123033
窓ガラスに汚れている部分があって、せっかくの紅葉がかすんでしまったこと。

20151123034
良かったポイントは、トイレの便座が温かかったことです。

20151123036

20151123001

20151123002

20151123003

20151123004

鳩ノ巣」の地名の由来は、文字通り「ハトの巣」からきています。

江戸時代、渓谷内に建てられた玉川水神社に、2羽のハトが巣をつくったそうです。

それを村人達が霊鳥として愛護したことから、この地は「鳩ノ巣」と呼ばれるようになったのだとか。

 

鳩ノ巣渓谷~白丸ダム~数馬渓谷

鳩ノ巣渓谷を満喫したら、さらに先へと進みます。


橋を渡って右手の階段を降り、


しばらく渓谷沿いを歩きます。


長い石段をヨイショ、コラショ登って行くと、


ちょっとした休憩スペースが現れました。

ご飯を食べて一休みした後、

先へと進みます。


白丸ダムまでやってきたら、


まっすぐ進むのが近道なんですが、


このときは通行止めになっていたので、


右手の階段を降り

ダムをちら見して進みました。



ダムは工事中


階段を登り、


青梅街道を歩きます。


歩道が狭いので、車に注意


左手には美しい湖が見えます。


可愛らしいカキがなってるな~。

…と思って、ふと下を見ると、


ん?何やら動くものが…!


あ、あれは…!?


サルです!!


野生のサルがいるなんて…

本当にここは東京都でしょうか!?


サルの近くには、たわわに実ったカキの木がありました。


そして道端に残されていたのは、かじられた痕跡のあるカキ

サルがかじったのでしょうか。


近くにあったバス停の時刻表を見ると、


あまりにも少なすぎるバスの本数

ここは本当に東京か…?


ここを左折


数馬峡橋(かずまきょうばし)に到着。

ここからの眺めも最高でした!!

数馬峡橋~奥多摩駅

数馬峡橋を渡ったら、

アースガーデン」というレストランの左脇を通って、


細い道を進みます。


長い階段、現る。


木々の合間からは、穏やかな川の流れが見えます。


ゆず?の木を過ぎて、しばらく進むと


発電所が見えてきます。


奥多摩駅」の案内板に従って、階段を降り


小さな橋をわたって、


階段を登り、


信号を渡ったら、もうすぐ


…かとおもいきや、全然駅が見えない


遠い!


川を眺めながら歩きます。



途中にあった公衆トイレ。


便座が暖かくて、快適でした。

だいぶ歩き疲れてきましたが、

このを渡れば、はもうすぐ。


信号をわたってまっすぐ行った先に


奥多摩駅がありました。

お疲れ様でした…!!

古里駅~鳩ノ巣渓谷~奥多摩 ハイキング情報まとめ

都心(新宿駅)から古里駅へのアクセス

ルート:新宿駅 → (中央線通勤快速・青梅行き) → 青梅駅 → (青梅線) → 古里
交通費:2,00円(新宿駅 → 古里駅940円、奥多摩駅 → 新宿駅1,100円)

所要時間:新宿駅 →古里駅:約1時間32分、奥多摩→新宿駅:約1時間47分

今回のルート&時間

9:22 古里駅 → 10:14 寸庭橋 → 10:53~11:22 あずまや → 11:35 雲仙橋 → 11:54~12:50 鳩ノ巣渓谷 → 13:10~13:47 休憩所 → 13:53 白丸ダム → 14:16 数馬峡橋 → 15:16 奥多摩駅

りりーの独断的 ハイキングコース評価

・歩きやすさ  :★★★★
・自然の綺麗さ :★★★★★
・マイナスイオン:★★★
・眺めの良さ  :★★★★★
・アクセスの良さ:★★★★★
・総合評価   :★★★★(4.8)

コースの案内板も多く、よく整備されたハイキングコースでした。

とても美しい渓谷が見れて大満足です。

ただ最後の数馬峡橋から奥多摩駅までが遠く感じたので、今度行くとしたら数馬渓谷を見たあと白丸駅から帰るコースにすると思います。

 

※こちらの記事もおすすめです。

ブログの更新情報

当ブログの最新情報は、各SNSでお届けしています。
国内・海外旅行記や登山情報、格安旅行のコツ等もいち早くお知らせしています。
良かったら、いいね!&フォローで、一緒に旅行気分を味わってくださいね^^♪
 ↓
・Facebook


・Twitter


・インスタグラム
Instagram

コメント

  • とても参考になりました!
    近いうちに行ってみたいと思います。
    ありがとうございました!!

    by ともじ €2018/08/27

    • > ともじ さん
      それは良かったです!
      とても素敵なハイキングコースなので、ぜひ遊びに行ってみてください~^^♪

      by りりー €2018/08/28

  • 大変役に立ったブログで感謝です!

    女性独りで右も左も分からない初めてのハイキング、
    2018年11月14日、
    古里駅~白丸駅、
    及び奥多摩湖~奥多摩駅を歩いて来ました。

    現地でもらえる紙のパンフレッも悪くはないのですが、
    このブログは写真と説明が時系列に載せてあって秀逸。

    『今どの場所にいて、
    この先の難易度はどんなもんか』
    事前に拝見することで
    一発でイメージが蘇りました。

    部分的にゼーハーもあり、
    光が入らず暗くてジメジメした山道もあり、
    『クマとチカン、どっちが怖い?』と警戒はしましたが、

    余計な不安や思い違いがありませんでした。

    『こう行ったらこうだった』が明瞭で、
    ビギナーが一番欲しがる情報を分かっていらっしゃる!

    活字を読ませることなく、
    ビジュアルでイメージさせて下さったおかげで、
    大変爽快なウォーキングになりました。

    すれ違った方々も、
    『ここどうでした?キツかった?あとどれくらいか見当付く?』

    年配の方も多く、
    疲労している最中の皆さんの質問なんて、
    単純にこんなもんです。

    今日は一年分歩きましたが(笑)
    おかげさまでキツいなりに心地良い疲労で
    山を後にできました。

    活字ではなく、
    視覚的に書いてくれたブログのおかげで
    楽しい1日でした。

    by ぢんこふ €2018/11/14

    • >ぢんこふ さん

      わぁ!なんて嬉しいコメント!!ありがとうございます!!
      女性ひとりで山へ行く…となると、不安ですよね。地図だけだと、いまいちわかりにくいところもありますし。。でも素敵なハイキングになったようでよかったです。
      ブログにはいつも「行く前にこういう情報が知りたかった…」と思ったことをまとめるようにしていているので、お役に立てて嬉しいです!
      素敵なコメントありがとうございました^^

      by りりー €2018/11/17

down

コメントする




※コンピューターによるスパム投稿を防ぐため、コメントは承認制となっています。(コメントが表示されるまでに、少し時間がかかることがあります)

プロフィール

りりー

りりー

予算99万円で世界一周してきた、格安旅行情報ブロガー。
国内外の格安旅行情報や節約のコツをお届けしています。
詳しいプロフィール・おすすめの記事はこちら → 「りり記とは

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ 

カテゴリー

月別アーカイブ