旅行記ブログ:りり記

【谷川岳 登山完全マニュアル】アクセス、難易度、初心者ルートなど

time 公開日:2016/10/16   

谷川岳

谷川岳は首都圏から近く、ロープウェイで一気に標高1300メートルまで行けちゃうお手軽な山です。

谷川岳ロープウェイ

ロープウェイの駅から谷川岳の頂上までは約3時間。東京から日帰りで訪れる登山者も多いです。

谷川岳

今回はそんな谷川岳への行き方から、ロープウェイの料金、初心者コース、山小屋情報…など谷川岳登山のまとめ情報をお届けします。

※長くなっちゃたので、登山レポートだけ読みたい方は、こちらまで飛んでください。

谷川岳の難易度

谷川岳の別名は「魔の山」。世界一遭難者の数が多い山としてギネスに登録されているそうです。怖~!!(;゚□゚)

…と言っても、遭難者の多くは一ノ倉沢などの岩壁(ロッククライミングのルート)から登る人々。

天神尾根を往復する簡単なルートを選べば、難易度は高くありません

ただ、谷川岳は天気が変わりやすいので、油断は大敵。雨が降ると岩場が大変滑りやすくなるため、注意が必要です。

紅葉の見頃

谷川岳山頂付近の紅葉は9月下旬~10月初旬に見頃をむかえます。

わたしが訪れた10月中旬は、頂上付近の紅葉は終わっていいて、天神平周辺~ふもと付近(ロープウェイから見る紅葉)が見頃でした。

谷川岳の初心者コース

谷川岳は双耳峰(そうじほう)の山。つまり山頂が2つあるのです。

20161108-tanigawadake042

1つ目の山頂がトマの耳(標高1,963m)、2つ目がオキの耳(標高1,977m)。


(Source:谷川岳ロープウェイ

トマの耳からオキの耳へは徒歩10~15分程度。ぜひ両方登ってみましょう。

谷川岳の登山地図はこちらがおすすめです。
 ↓

山と高原地図 谷川岳 苗場山・武尊山

 
ルートはいくつかありますが、最も一般的でのぼりやすいのは、ロープウェイを使って天神尾根を往復するコースです。
 

ロープウェイを使う天神尾根コース

谷川岳地図

初心者におすすめの天神尾根コースは、まずロープウェイに乗ること約15分「天神平」まで行きます。そこから頂上(トマの耳、オキの耳)までは、コースタイム通りなら約2時間半で着きます。(途中休憩含めて、3時間程度見ておくといいかも)

たとえば東京(新宿)から日帰り登山する場合、わたしだったら以下のようなスケジュールを組むでしょう。

6:22 新宿発(埼京線)
6:56 大宮着 / 7:02 大宮発(上越新幹線Maxたにがわ401号)
7:53 上毛高原着 / 8:00 上毛高原発(関越交通バス)
8:45 谷川岳ロープウェイ駅着
9:10 天神平
10:10 熊穴沢避難小屋
12:10~12:15 トマの耳
12:30~12:40 オキの耳
13:00~13:30 肩の小屋(お昼休憩)
14:50 熊穴沢避難小屋
15:20 天神平
15:50 谷川岳ロープウェイ駅着 / 16:00 谷川岳ロープウェイ駅発(バス)
16:50上毛高原着 / 17:26 上毛高原発(上越新幹線Maxとき334号)
18:14 大宮着 / 18:22 大宮発(上野東京ライン)
18:37 赤羽着 / 18:41 赤羽発
18:55 新宿着

※初心者の方や、ロープウェイが混み合うシーズン(紅葉時期の土日など)に行く場合は、もう少し余裕を見たほうがいいかもしれません。
※電車のダイヤは出発日時によって異なるため、詳しい時間は乗換案内で調べてください。

登山初心者の場合、東京から谷川岳への日帰り登山は少しハードかもしれません。(慣れている方や、体力のある方は大丈夫ですが)

谷川岳の朝日

なお、基本的に山は早朝が一番晴れやすいです。登山前日に近くで1泊して、早朝から登り始めるか、1泊2日で行ったほうが絶景を見られる確率は高いでしょう。
 

ロープウェイを使わないコース

ロープウェイを使わないなら、初心者の場合、以下4つのコースが考えられるでしょう。

20161113-tanigawadake019

①厳剛(がんごう)新道
②西黒尾根
③保登野沢(ほどのさわ)コース
④いわお新道

一番人気なのは、「②西黒尾根」です。このルートなら、谷川岳ロープウェイ近くの登山口から頂上(オキの耳)まで、コースタイム(休憩なし)が、4時間ちょい

ただ日本三大急登の一つとされるコースなので、けっこうハードです。

特に下山時は滑落に要注意。天気が悪い場合は、無理せず天神尾根コースからロープウェイで下ったほうがいいでしょう。

20161113-tanigawadake019

下山時の選択肢としては「③保登野沢」と「④いわお新道」もあります。こちらは最後に「谷川温泉」に着くため、疲れを癒すのにぴったりです。

ただ登山者が少なかったり、時期によっては通行止めになっていたり、ヒルが大量発生したり…なんてこともあるので、要注意。

特に春~夏の間は、ヒル除けスプレーを持って行った方がいいでしょう。

 ↑

ヒル除けスプレーとして人気の「ヒル下がりのジョニー」。ナイスネーミング。

登山口へのアクセス

谷川岳は、群馬と新潟の県境にあります。

以下、登山口へのアクセス法をご紹介します。

※車でアクセスしたい方は、こちらまで飛んでください。アクセス方法を読まなくていい方は「ロープウェイ、リフトの時間と料金」まで飛んでください。

電車・バスでのアクセス

登山口までは、以下3つの選択肢があります。

①上越新幹線「上毛高原駅」からバス
②上越線「水上駅」からバス
③土合駅から徒歩

①上越新幹線「上毛高原駅」からバス

都内から谷川岳にアクセスする場合、新幹線で「上毛高原駅」まで行くと早いです。

※以下、乗り換えの経路、時間等は出発日時によって微妙に変わりますが、ご参考まで。

< 新宿駅から上毛高原駅への行き方・所要時間 >
・経路:新宿 ―(埼京線)→ 赤羽 ―(宇都宮線)→ 大宮 ―(上越新幹線)→ 上毛高原
・所要:約1時間半
・料金:5,180円

上毛高原駅からは、谷川岳ロープウェイ駅行きのバスに乗りましょう。約45分で、登山口のロープウェイ駅に到着します。
(バスの料金:1,150円。本数少なめ。時刻表はこちら
 

②上越線「水上駅」からバス

少し安く行きたいなら「水上駅」からバスに乗りましょう。(わたしも、このルートにしました)

< 新宿駅から水上駅への行き方・所要時間 >
・新宿 ―(埼京線)→ 赤羽 ―(高崎線)→ 高崎 ―(上越線)→ 水上
・所要:約3時間半
・料金:3,020円

20161016020

水上駅からロープウェイ駅まではバスで約20分。料金は670円です。

バスの本数は、上毛高原駅より水上駅からの方が多いです。(時刻表はこちら
 

駅を出て右手に行くと

20161020-tanigawadake011

バス乗り場があります。谷川岳ロープウェイ駅行きは、3番乗り場。

③土合駅から徒歩

さらに安く行きたいなら、土合(どあい)駅から歩きましょう。土合駅は「日本一のモグラ駅」と呼ばれる駅です。

20161016001

ホームから改札口までは、486段もの長い長い階段を上らないといけません。登山の前から疲れちゃいそうですが、チャレンジ精神旺盛な方は楽しめるんじゃないでしょうか。

< 新宿駅から土合駅への行き方・所要時間 >
・新宿 ―(山手線)→ 池袋 ―(埼京線)→ 赤羽 ―(高崎線)→ 高崎 ―(上越線)→ 水上 ―(上越線)→ 土合
・所要:約3時間50分
・料金:3,020円

土合駅からロープウェイまでは約1.6㎞。24分の距離です。


 

車でのアクセス

谷川岳まで車で行く場合は、関越自動車道の水上I.Cから、国道291号線を谷川岳方面へ14㎞進むと、谷川岳ロープウェイに着きます。

< 谷川岳ロープウェイの駐車場 >
・料金:普通車500円(12/1~4/30の期間は1,000円)
・駐車可能台数:立体駐車場内は約1,000台、屋外の駐車場は約500台
・営業時間:ロープウェイの営業時間と同じ(平日8:00~17:00、土日祝7:00~17:00)
・メモ:駐車場の一階部分は夜間も入場できます。夜に行って車中で仮眠も可能ですね。トイレも利用可。ただ、繁忙期(お盆と9月下旬~11月上旬)は18時から朝7時まで閉鎖することがあるので注意。

ロープウェイ、リフトの時間と料金

ロープウェイ駅には、「谷川岳ベースプラザ」と呼ばれる建物があります。

こちらには、
20161020-tanigawadake015
売店や

20161020-tanigawadake016
食堂、

20161020-tanigawadake017
ちょっとした休憩スペースなんかがあります。

20161020-tanigawadake018
入って右手のカウンターで、ロープウェイのチケットを買いましょう。

20161020-tanigawadake019
料金は、片道1,230円、往復2,060円です。

20161020-tanigawadake020

建物の入口を入って左手
20161020-tanigawadake021
こちらが、ロープウェイへと続くスロープです。

20161020-tanigawadake022
1分ほど長い廊下を進むと、ゴンドラ乗り場が現れます。

20161020-tanigawadake023
なんか全体的にスキー場を彷彿とさせる作り。と思ったら、ここ冬はスキー場になるらしいです。

20161020-tanigawadake024
ここでは22人乗りのゴンドラが、3分間隔で発車しています。

ゴンドラに乗り込むと、15分ほどで
20161020-tanigawadake031
天神平に到着します。

20161016008

ここからリフトに乗り継いで、見晴らしの良い展望台(天神峠)まで行くこともできます。リフトは片道約7分程度。

20161016009

登山者はリフトに乗らず、ロープウェイを降りて、すぐ登山を開始する人が多いです。リフトに乗っても乗らなくても、登山にかかる時間は一緒です。(リフトに乗った場合、一度下ってまた登るコースになるので)

20161016011

リフトの料金は片道410円、往復720円です。

ロープウェイとリフトの営業時間は以下の通りです。

< ロープウェイ&リフトの営業時間 >

【4月~11月】
・平日 8:00~17:00(リフト最終16:30)
・土日祝 7:00~17:00(リフト最終16:30)

【12月~3月】
8:30~16:30(リフト最終16:00)

山小屋情報

谷川岳で宿泊可能な山小屋は、トマの耳のすぐ近くに立つ「肩の小屋」です。

谷川岳 肩の小屋

小さな山小屋で、水場(水道や洗面所)はなく、トイレもボットン便所。でも管理人さんが親切で、雰囲気も良いです。料金も北アルプスなんかに比べると、すごくお手頃ですね。

< 谷川岳・肩の小屋情報 >
・電話:090-3347-0802(8時~16時)
・料金:1泊2食:7,500円。寝具(寝袋+マット)を持参するなら1,500円引き。
・キャンセル料:なし
・宿泊は、事前の予約が必要。
・営業:5月1日~11月3日
・収容人数:約40名
・トイレ:外にある(宿泊者以外は1回100円)
・水場:なし。でも宿泊者なら朝、湯冷ましのお水がもらえる
・売店:あり。
・朝食:6時頃(相談可)
・夕食:17時半頃
・テント場:なし

※肩の小屋の宿泊レポートは、こちらに書いています。 → 「谷川岳の小さな山小屋「肩の小屋」宿泊レポート

それでは以下、谷川岳の登山記録をお届けします。

谷川岳登山レポート

今回の登りは、谷川岳登山の最も一般的なコース「天神尾根コース」にしました。

20161020-tanigawadake025

谷川岳ベースプラザからロープウェイに乗り、

20161020-tanigawadake027

20161020-tanigawadake030

紅葉を見下ろしながら進むこと約15分、

20161020-tanigawadake028

20161020-tanigawadake031
天神平に到着しました。

20161020-tanigawadake032
登山者の多くはここから歩き始めます。

…が、せっかくなので

20161020-tanigawadake033
リフトも乗ってみました。

20161020-tanigawadake035
リフトから眺める紅葉もまたいいですね~♪

20161020-tanigawadake036
振り返ると、いかにもスキー場のゲレンデっぽい山が見えます。

20161020-tanigawadake037
このリフト、高度感がないので、全然怖くないんですよね。

20161020-tanigawadake038
足がつきそうなくらい低い場所も。

これって冬に雪が積もったら、埋もれちゃわない!?…と思ったら、

20161020-tanigawadake039
冬用と夏用で高さを変えているらしいです。なるほど…!

20161020-tanigawadake040
約10分ほどの乗車で、天神峠に到着。

20161020-tanigawadake041
降りて右手に行くと、谷川岳がよく見えます。

反対側に行くと、

20161020-tanigawadake042
展望台に続く階段が。

20161020-tanigawadake043

20161020-tanigawadake044

この展望台からは、

20161020-tanigawadake045
谷川岳連邦の眺望はもちろん、

20161020-tanigawadake046
360度のパノラマを楽しむことができます。

20161020-tanigawadake047

20161020-tanigawadake049
紅葉も綺麗ですね~!

天神峠

しばし紅葉を堪能したあと、

20161020-tanigawadake051
トイレに立ち寄りました。ここから先は、しばらくトイレがないのです。

20161020-tanigawadake052
女子トイレはヒーター付きで、便座も暖かく快適でした♪

20161020-tanigawadake053

準備体操をすませたら、いよいよ谷川岳山頂に向かって歩き始めます。

20161020-tanigawadake054
レッツ・ゴー!

20161023-tanigawadake050

まずは下り坂からのスタートです。

20161023-tanigawadake001

20161023-tanigawadake002
ところどころ、ぬかるんだ道を進みます。

20161023-tanigawadake003

しばらく進むと、

20161023-tanigawadake004
天神平(ロープウェイを降りたところ)から登ってくるルートと合流します。

20161023-tanigawadake005
ここからは歩きやすい木道。

20161023-tanigawadake006
時々急な階段が現れますが、

20161023-tanigawadake008
基本的には緩やかな道です。

20161023-tanigawadake009

20161023-tanigawadake010
鎖場も大したことないです。

20161023-tanigawadake012

しばらく歩くと、

20161023-tanigawadake013
熊穴沢(くまあなざわ)避難小屋に到着。

20161023-tanigawadake014
中はちょっとした休憩スペースとなっています。(トイレは、ありません)

20161023-tanigawadake015

20161023-tanigawadake016
避難小屋から先は、だいぶ登りがキツくなってきました。

20161023-tanigawadake017

20161023-tanigawadake018

20161023-tanigawadake019
けっこうな岩場を越え、後ろを振り返ると…

20161023-tanigawadake020
まぁ、素敵。

20161023-tanigawadake021

さっきまでいた展望台が、あんな遠くに見えます。
 ↓
20161023-tanigawadake022

20161023-tanigawadake023

20161023-tanigawadake025

20161023-tanigawadake026

20161023-tanigawadake027

さらに進むと

20161023-tanigawadake029

20161023-tanigawadake030
「天狗の留まり場」に到着。

ここでしばらく休憩したかったのですが、

20161023-tanigawadake031
だいぶガスってきたので、先を急ぎます。

20161023-tanigawadake033

20161023-tanigawadake032
かなり寒いです…。秋の山をなめてました。

20161023-tanigawadake034

20161023-tanigawadake035
「天神ザンゲ岩」を過ぎ、

20161023-tanigawadake036
木の階段を登り切ると

20161023-tanigawadake038

20161023-tanigawadake039
肩の小屋に到着~!

チェックインをすませて、荷物をおいたら

20161023-tanigawadake040
山頂をめざします。

20161023-tanigawadake042

肩の小屋から約5分で、

20161023-tanigawadake043
1つ目の山頂「トマの耳」に到着~!

20161023-tanigawadake044
はい、眺望ゼロ。

20161023-tanigawadake045
なのに、勢いでもう一つの山頂「オキの耳」まで行っちゃうという…。

20161023-tanigawadake046
もちろん、こちらも眺望ゼロ。明日にしとけば良かったものを…。

20161023-tanigawadake047
無駄に体力、使っちゃった…♪

20161023-tanigawadake048

肩の小屋からトマの耳までは片道約5分、トマの耳からオキの耳へは一度下ってまた登る片道15分ほどの登山コースでした。

この日は肩の小屋で1泊。
(肩の小屋の様子はこちら → 「谷川岳の小さな山小屋「肩の小屋」宿泊レポート」)

翌朝。
20161027-tanigawadake022
5時過ぎに朝食を食べ、

20161108-tanigawadake038
びゅんびゅん吹きつける風を体に受けながら、

20161108-tanigawadake039
山頂に向かって歩き出します。

20161108-tanigawadake040
肩の小屋を出て、

20161108-tanigawadake041
10分もしないうちに

20161108-tanigawadake001
1つ目の山頂「トマの耳」に到着。

20161108-tanigawadake002

20161108-tanigawadake003
朝日を浴びて、赤く色づく「オキの耳」。今度はあちらに向かいましょう。

20161108-tanigawadake004
下って、

20161108-tanigawadake005
上って、

20161108-tanigawadake006
トマの耳から10分ちょっとで、オキの耳に着きました。

20161108-tanigawadake007
 ↑
あれが、さっきまでいたトマの耳です。

20161108-tanigawadake008
山々の連なりの向こうに、富士山が見えました。

20161108-tanigawadake009
 ↑
あ、写真だと全然わかんないけど、肉眼ではちゃんと見えたんですよ~。ほんとに。

20161108-tanigawadake010
雲海がもくもくとドラマチックに動いています。

20161108-tanigawadake011

山頂(オキの耳)からの360度の景色がこちら。
 ↓

まだロープウェイの動いていない時間だっので、オキの耳には誰もいませんでした。

20161108-tanigawadake012
静かな景色を堪能した後、さらに先へと進みます。

20161108-tanigawadake013

20161108-tanigawadake014
「富士浅間神社 奥の院」と書かれた鳥居をくぐり、歩くこと約20分。

20161108-tanigawadake015
ノゾキ」と呼ばれる場所に着きました。たぶん。
(看板がなかったので、実際にはちょっと手前だったのかもしれませんが、本で見た景色と一緒だったので、この辺りが「ノゾキ」だと思われます)

もうね、ここからの景色が、怖いのなんのって…!

20161108-tanigawadake016
断崖絶壁に、思わず足がすくみます。

20161108-tanigawadake017
写真だと伝わらないけど、実際にここに立つと、吸い込まれそうな感覚に陥るのです。


高度感がヤバい。

20161108-tanigawadake018

20161108-tanigawadake019
しばらく絶景を堪能した後、

20161108-tanigawadake020
オキの耳、

20161108-tanigawadake021
トマの耳を通って、

20161108-tanigawadake022
肩の小屋に戻ってきました。

20161108-tanigawadake023
気づけば、雲海もすっかり晴れて、

20161108-tanigawadake024
遠くのロープウェイがはっきり見えるほどの晴天です。

20161108-tanigawadake025
あとは下山するだけ。肩の小屋でのんびりした後、

20161108-tanigawadake026
美しい山並みを見ながら、ゆっくり下っていきます。

20161108-tanigawadake027
いい天気~。

20161108-tanigawadake028

しばらく下ると、登りの人々とすれ違うようになりました。朝一番のロープウェイで来たのでしょう。

「おはようございます~」とあいさつを交わすと、「え! もう山頂行ってきたんですか!? 早いですね~!!」と驚かれました。

尊敬と憧れの入り混じった表情で「すごいですね~!」と言われると思わず、「えぇ、まあ。わたしの足にかかればこんな山、一瞬で登れます」と言いたくなりましたが、そこは正直に言いました。山小屋に泊まった、と。

案の定、「あ~、やっぱり。そんな早いわけないよね」という顔をされました。

20161108-tanigawadake029

しかし会話を交わさず、挨拶だけですれ違う人には、「うわ、もう上ってきたのか、早いな~!」という顔をされるので、なんか気分がよかったです。そういう目で見られたことないので。

20161108-tanigawadake030

20161108-tanigawadake031
下るにつれ、だいぶ登山者が増えてきました。

20161108-tanigawadake032
この辺りは紅葉がきれい。

20161108-tanigawadake033

登りの人に道を譲りつつ進みます。

そして、

20161108-tanigawadake034
熊穴沢避難小屋に到着。

ここからは「いわお新道」というルートを通って、谷川温泉に入る予定です。

20161108-tanigawadake035
…あ、あれ? ロープが張ってある!?

20161108-tanigawadake036

まさかの通行止め…ガーン(T_T)

こうなったらロープウェイで下るか…。でも、まだまだ歩く気でいたし、このまま終わるのはちょっと物足りない…。

というわけで、

20161113-tanigawadake021
田尻尾根」を通って下山することにしました。

20161113-tanigawadake022
田尻尾根は、途中からロープウェイの真下を通るコース。ロープウェイの最終便に乗り遅れた人とかが使うみたい。

「ロープウェイを真下から見てみるのも、面白そう♪ せっかくだから、このコースで下ってみよう!」なんて思ったのですが、これは完全に間違いでした…。

後悔の念に駆られるとも知らず、ワクワクしながらこの道に足を踏み入れてしまったのです。

20161113-tanigawadake023
少し下って左手を見ると、

20161113-tanigawadake024
木々の合間に谷川岳の山頂がありました。

あ、この手前に見えている尾根が、急登で知られる「西黒尾根」っぽいですね~。
 ↓
20161113-tanigawadake027

20161113-tanigawadake028

20161113-tanigawadake029

20161113-tanigawadake030
もう少し下ると、

20161113-tanigawadake031
キノコのなる木、発見!

20161113-tanigawadake032

20161113-tanigawadake033
 ↑
このキノコは、メロンパンそっくりでした。

20161113-tanigawadake034
やたらキノコが多い。キノコ・パラダイス。

20161113-tanigawadake035
あ、このキノコは、

20161113-tanigawadake036
わたしの帽子とそっくり!

20161113-tanigawadake037
それにしても、このコースは人が少ないな~。

20161113-tanigawadake038
ていうか、一人もすれ違わないな…と思っていると、

20161113-tanigawadake039
キャァァ!滑りました(T_T)

20161113-tanigawadake040
この辺、粘土質の土が湿っていて、ズルズル滑るんですよね。

気を抜くと滑るので、慎重に慎重に下っていくんですが、その分めちゃめちゃ時間かかります。そして超疲れます。

あ~、おとなしくロープウェイ乗ってりゃ良かった…。

20161113-tanigawadake041

膝がガクガク言い始めたころ、

20161113-tanigawadake042
ようやく広い道に出ました。

田尻尾根の分岐からここまで、1時間30分以上かかりました。滑らないように慎重に下ったせいで、コースタイムを大幅にオーバーしちゃいましたね。

20161113-tanigawadake043
 ↑
ちなみに、ここが田尻尾根の登山口。逆方向(登り)で行きたい方は、広い道路をしばらく歩くと、右手にこの「登山尾根入口」という看板が見えるので、そこから入っていきましょう。

20161113-tanigawadake001

広い道路に出てからは、かなり下りやすくなりました。冬場はここが、スキーコースになるみたい。

20161113-tanigawadake002

20161113-tanigawadake003

ロープウェイも真上に見えます!

20161113-tanigawadake004

そうそう、この景色を見たかったんだよ~。

20161113-tanigawadake005

まあ実際は、どうってことない景色なんですけどね…。

20161113-tanigawadake006

20161113-tanigawadake007
川を越え

20161113-tanigawadake008
しばらく進むと、

20161113-tanigawadake009
整備された道路になってきました。

20161113-tanigawadake010

20161113-tanigawadake011
さらに進むと

20161113-tanigawadake012
あ、ついにゴールのロープウェイ終着地が見えました。やった~!!

20161113-tanigawadake013
しばらく道路を歩いて、

20161113-tanigawadake014
ようやくベースプラザに到着~! はぁ、疲れた~!

20161113-tanigawadake043

結局、田尻尾根では一人も登山者を見かけませんでした。そりゃそうですよね。あそこまで来たら、普通ロープウェイ使いますよね。

田尻尾根は、よっぽどのキノコ好きか、ロープウェイを真下から見たい方にしか、おすすめできません。

20161113-tanigawadake015

ベースプラザの食堂で、ランチにしました。

20161113-tanigawadake016
しょうゆラーメン:550円。山菜うどん:500円。

20161113-tanigawadake017

20161113-tanigawadake018
食堂は、景色抜群でした。
 

今回のコースタイム

< 1日目 >
10:34~10:52 ロープウェイ → 10:55~11:04 リフト → 11:28 天神峠発 → 12:24~12:43 熊穴沢避難小屋 → 13:24 天狗の留まり場 → 14:17~14:35 肩の小屋 → 14:41~14:50 トマの耳 → 15:06~15:17 オキの耳 → 15:40 肩の小屋

< 2日目 >
5:57 肩の小屋 → 6:04~6:09 トマの耳 → 6:22~6:31 オキの耳 → 6:55~7:06 ノゾキ → 7:48~8:18 肩の小屋 → 9:01~9:30 天狗の留まり場 → 10:13~10:25 熊穴沢避難小屋 → 10:58 田尻尾根分岐 → 12:38 田尻尾根 登山口(=登山道とスキー場コースの境目) → 13:21 ベースプラザ

谷川岳周辺の日帰り温泉施設

下山後の楽しみといえば、やっぱり温泉ですよね! 

谷川岳周辺にもいくつか温泉がありますが、車がないとその選択肢は限られてきます。バスや歩きで行ける日帰り温泉の代表格は以下の3つ。

1、ふれあい交流館
2、湯テルメ谷川
3、ホテル湯の陣

1、ふれあい交流館

20161120-tanigawadake001
(Source:http://www.enjoy-minakami.jp

水上駅から徒歩12分、温泉街の中央にあるのが「ふれあい交流館」です。

露天風呂などはなく、お風呂は小さめの内湯のみ。こじんまりとした温泉です。

< ふれあい交流館情報 >
・住所:群馬県利根郡みなかみ町湯原801
・電話:0278-72-8885
・営業時間:10:00~21:00(最終受付20:30)
・定休日:第1・3火曜日(祝日の場合は翌週になる)
・料金:570円

2、湯テルメ谷川

20161120-tanigawadake002
(Source: http://www9.wind.ne.jp/mizukikou)

露天風呂と3つの源泉が楽しめる温泉館が「湯テルメ谷川」。

20161120-tanigawadake003

川のせせらぎと美しい木々に囲まれた露天風呂で、登山の疲れをゆったり癒せそうです。

谷川岳からの下山時は「いわお新道」から下れば、この温泉にたどり着けるんですが、夏場はヒルの多い道なので要注意。また時期によっては、道が閉鎖されている可能性もあります。

実は今回、この「湯テルメ谷川」に行く予定だったのですが、

20161120-tanigawadake004
「④いわお新道」が閉鎖されて行けなかったのです。

「③保登野沢コース」を通って行くこともできるのですが、人が少なく、寂れていて分かりにくいそうなので断念。いつか行ってみたいな~、湯テルメ谷川。

< 湯テルメ谷川情報 >
・住所:群馬県利根郡みなかみ町谷川514-12
・電話:0278-72-2619
・営業時間10:00~20:30(最終受付20:00。7~10月は9:00から営業している。冬期間は営業時間が変更になる場合あり)
・定休日:第3木曜日(祝日の場合は翌日になる)
・注意:毎週木曜日は15時~清掃のため、露天風呂の利用ができない
・料金:570円
・詳細情報:こちら

・アクセス:「湯テルメ谷川」から水上駅までは、たまにバスが出ている*。バスがなければタクシー。温泉に着いたら、関越交通タクシー(0278-72-3131)に電話して予約しておくと良い。(タクシー代はおそらく1,500円~2,000円程度?)

*平成29年は、4月1日(土)~12月10日(日)の土・日・祝日のみ運行。ただし8月1日~8月31日は毎日運行。時刻表などの詳細はこちら

3、ホテル湯の陣

20161120-tanigawadake005

ゆびそ温泉の中でも人気の高い温泉が「ホテル湯の陣」。日帰り入浴も受け付けています。

アクセスも抜群。谷川岳登山の帰りにバスで立ち寄れます。

20161120-tanigawadake006
 ↑
(実は、行きのバスからもよく見えてました)

< ホテル湯の陣情報 >
・住所:群馬県利根郡みなかみ町湯桧曽208
・電話:0278-72-4111
・営業時間 13:00~20:00(最終受付19:00)
・定休日:無休
・料金:1,058円
・アクセス:谷川岳ベースプラザ(ロープウェイ駅)から、水上駅行きのバスに乗り、ゆびそ温泉で下車(390円)すると、道路の反対側に見える。ゆびそ温泉から水上駅までのバス代は400円

今回は「湯テルメ谷川」へのルートを絶たれたため、この「ホテル湯の陣」の日帰り温泉に入ってきました。

20161120-tanigawadake007

谷川岳のロープウェイ乗り場から水上駅経由のバスに乗り、「ゆびそ温泉」で下車すれば、目の前に見えます。

20161120-tanigawadake008

20161120-tanigawadake009

フロントで日帰り入浴のお金を払うと、

20161120-tanigawadake010
タオルをくれました。ラッキー♪

エレベーターで一つ下に降り、長い廊下をまっすぐ歩くと

20161120-tanigawadake011
突き当たりに温泉があります。

20161120-tanigawadake012

温泉の効能は、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、冷え性、疲労回復、健康増進、他多数…とのこと。いろいろ効きそう。

中には広々とした大浴場と、

20161120-tanigawadake013
(Source: http://www.itoenhotel.com)

緑に囲まれた露天風呂がありました。

20161120-tanigawadake014
(Source:http://travel.rakuten.co.jp

とても気持ちの良い温泉で、あんなに痛かった足も、すっかり良くなりました♪

なお、行きのバスはホテルの目の前で降ろしてくれましたが、本来のバス停は少し歩いたところ(水上駅寄り)にあります。

20161120-tanigawadake022

20161120-tanigawadake023

本数が少ないので、事前に確認しておくとスムーズでしょう。

20161120-tanigawadake024

最新の時刻表はこちらで確認できます。

そういえば、

20161120-tanigawadake016

橋にも

20161120-tanigawadake015

ホテルの前の看板にも、でかでかと「1泊2食7,800円」と書いてあったので、安い!と思い調べてみると、

20161120-tanigawadake017
確かに7,800円でした。

20161120-tanigawadake018

今度谷川岳に行くときは、ここに泊まろうかしら。ここから谷川岳ロープウェイまではバスで10分なので、前日入りすれば楽そうです。それか、帰りに温泉入浴がてら泊まっていくのも良いですね。

山小屋だとどうしても眠りが浅くなる(*)ので、こういうホテルは憧れます。値段も山小屋と変わらないので、こっちのほうがいいかも。

*わたしの経験上、山小屋の相部屋には、イビキのうるさい人が絶対1人はいます。時には、耳栓をしても眠れないぐらい、地響きのようなイビキをかいてる人もいて、ビックリします。

土曜以外は東京(池袋)・埼玉(川越)まで無料バスで送迎してくれるそうです。すごいサービス! 往復の交通費が浮くなら、宿泊料を考えてもお得ですね。

ホテル内には、

20161120-tanigawadake020
ミニゲームセンターや

20161120-tanigawadake021
漫画のある休憩スペース、卓球台なんかもあって、家族で来ても楽しそうでした。(カラオケルームの利用も無料らしいです)

ちなみに、楽天ポイントをためているなら「楽天トラベル」、Pontaポイントを貯めているなら「じゃらん」、Tポイントを貯めているなら「ヤフートラベル」で予約するのがおすすめです。(値段はほぼ一緒。ヤフートラベルが少し安かったです)

楽天トラベルで「ホテル湯の陣」をチェック
じゃらんで「ホテル湯の陣」をチェック
ヤフートラベルで「ホテル湯の陣」をチェック

以上、長くなりましたが、谷川岳の登山まとめはここまで。最後まで読んでくださって、ありがとうございます!^^

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ にほんブログ村「女性登山者・山ガール」へ

 人気ブログランキング「旅の知識・楽しみ方」へ

※登山の持ち物はこちらにまとめました。 → 「山ガール初心者のためのオススメ登山グッズ&槍ヶ岳持ち物リスト

sponsored link

ブログの更新情報

当ブログの最新情報は、各SNSでお届けしています。
国内・海外旅行記や登山情報、格安旅行のコツ等もいち早くお知らせしています。
良かったら、いいね!&フォローで、一緒に旅行気分を味わってくださいね^^♪
 ↓
・Facebook


・Twitter


・インスタグラム
Instagram

コメント

  • こんにちは
    以前、槍ヶ岳のブログにコメントさせていただいたイッシーです

    剱岳の記事を心待ちにしていたのですが、まさかの谷川岳
    でも、この山も好きで毎年のように登っているので楽しく拝見しています
    1人のときはロープウェイの始発を待たないですむ、マチガ沢からの急登ルートで
    まだあまり人がいない頂上に登ります 帰りはのんびり天神尾根を下りいつも日帰りです
    残念ながら今年は谷川岳には行けませんでした

    乗鞍岳、那須岳に登りましたが何処も紅葉は今一、天候が不順すぎましたね
    いつもきれいで楽しい登山旅行記のUP楽しみにしています
    これからもよろしくお願いします

    by イッシー €2016/10/23

    • わぁ、イッシーさん!コメントありがとうございます^^

      まさかの谷川岳から書いちゃいました…(笑)
      イッシーさん、毎年のように谷川岳を登られてるんですか!
      確かに何度でも登りたくなる良い山ですよね~^^

      マチガ沢からの急登ルート…さすがですね!
      人のいない時間に頂上を満喫できるのはいいですよね。

      もう少し早く歩けるようになったら、万太郎山、千の倉山方面へも縦走してみたいです。
      乗鞍岳、那須岳もいつか行ってみたいなぁ♪

      こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いします!\(*^▽^*)/

      by りりー €2016/10/23

down

コメントする




※コンピューターによるスパム投稿を防ぐため、コメントは承認制となっています。(コメントが表示されるまでに、少し時間がかかることがあります)

プロフィール

りりー

りりー

予算99万円で世界一周してきた、格安旅行情報ブロガー。
国内外の格安旅行情報や節約のコツをお届けしています。
詳しいプロフィール・おすすめの記事はこちら

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ 



sponsored link

カテゴリー

月別アーカイブ