旅行記ブログ:りり記

燕山荘に泊まって燕岳登山♪中房温泉で疲れを癒す登山最終日

time 公開日:2014/11/27   

北アルプスの縦走コースを歩き、くたくたになって辿り着いたのがこちら。

燕山荘(えんざんそう)」です。

ここは、「泊まってよかった山小屋ランキング」の第1位に輝いた、人気の山小屋なのです!


※北アルプス縦走旅行記を最初から読みたい方はこちらからどうぞ。
 ⇒「登山初心者だけど、北アルプス(常念岳~燕岳)を縦走してきました!」
※前回の記事はこちら
「初心者が登る北アルプス縦走記④ | 試練の道。」


受付を済ませると、山小屋のスタッフさんが部屋まで案内してくれました。

もうね、そのスタッフさんの感じの良さったら!「山小屋の接客」の常識をくつがえすものでした。

…と言っても、一流ホテルの「お・も・て・な・し」ではなく、「東横イン」レベル(ビジネスホテル並み)の接客なんですけどね。

でも、山小屋はどうしても無愛想なスタッフが多いので(特に富士山)、ちょっと笑顔で対応されただけで「素晴らしい接客を受けた…!山小屋なのに…!!」と感動しちゃうのです。

(山小屋は「ホテル」ではないので、基本的に、接客には期待しないほうがいいです)

燕山荘の外には、テント場がありました。テントだと1泊700円だそうです。安い!

充電は玄関脇で、1回100円。

到着時間が遅かったせいか、

一番すみっこの屋根裏部屋みたいなところに通されました。

わたしは、毎回


 ↑
この部屋の入口の柱に頭をぶつけてました。

夕飯の時間までひと眠りしようと横になったのですが、足首がジンジンと傷んでなかなか寝つけません…。結局、一睡もできないまま夕飯の時間になりました。

階段を下りて食堂に向かったのですが、足首が痛くてもう大変。一段一段ゆっくり下りないと、足に激痛が走ります。おばあちゃんのような動きで、のろのろしながら食堂へ。

夕飯はハンバーグでした。美味しい!!

19時半になると、山小屋のオーナーが登場し、お話会が始まりました。オーナーは山にまつわる様々な話をしてくれました。中でも興味深かったのは「冬山」に関するお話。

この辺りでは10月~6月は「冬山」だそうです。


 ↑
燕山荘のすぐ近くにある燕岳(つばくろだけ)も6月まで雪が降っているそう。中でも4月はもっとも雪が降るとのこと…!4月といえば、東京では桜が咲いているというのに。

なお、ゴールデンウィークから10月にかけて事故が多いのは、暖かい感覚で山に登った登山者が猛烈な風に吹かれて急激な低体温症になってしまうからなんだそうです。

ちなみに、世界的に見て冬山に登るのは日本人だけなんだとか。冬山登山って、寒いもんね…。

最後にご自慢のアルペンホルンを演奏するオーナー。
 ↓

「プォ~!」

オーナーの話のあとは、燕山荘グッズが飛ぶように売れていました。

20時半頃、ジンジンする足首の痛みを感じながら寝袋に潜り込みました。

目が覚めたら、足が良くなっていますように…。無事に下山できますように…(>_<)

翌朝。

少しだけ足首の痛みが残っていたものの、テーピングをすると、嘘のように痛みが消えました。すごい!

 ↑
昨夜、ベテラン登山者風のおばさんに教えてもらった、足首の痛みに効くテーピング。

いつものごとくわたしが用意にもたついたせいで、予定時刻をだいぶ過ぎてからの出発となりましたが…

目指すは燕岳!山頂で朝日を迎えるぞ♪

急げ、急げ!

朝日が出ちゃう!

面白い形の巨大石がありました。「メガネ岩」と言うそうです。

燕岳の道はよく整備されていて、とっても登りやすいです。

そうこうしているうちに、

…太陽、出ちゃった。

結局、燕山荘から30分ほどで、燕岳の頂上に着きました。

山頂で朝日を見ながらお弁当を食べようと思ってたのですが、かなり狭い!風が強い!ので断念。少し下ったところで食べました。朝ごはんをお弁当にすると、食事の時間に縛られなくていいですね♪


 ↑
お弁当の包み紙。
(すみません。肝心なお弁当の中身を撮り忘れるという失態を犯しました…)

帰りに、イルカの形をした岩を見つけました♪


 
 

一度山小屋に戻り、荷造りをして再出発!今日はひたすら山を下ります。

最初は階段で、歩きやすい♪

燕山荘から45分ほど歩くと、最初の休憩ポイント

「合戦小屋」に着きました。

ここの名物は、スイカ

1カット800円とお高いですが、と~っても甘くて美味しいです♪

1カットを2人で半分こして食べました。


 ↑
1カット分はこの2倍の大きさ。


  ↑
スイカは、この荷揚げケーブルで運ばれてくるそうです。

さて。元気になったところで、先へ進みましょう。

この先は、約30分歩くごとに

富士見ベンチ、

第三ベンチ、

第二ベンチ…と、ちょうど良いペースで休憩ポイントが現れます。

急な坂が多いため、登って来る人はみんなハァハァ苦しそう。

気付いたら、わたしの頭にトンボが止まってました。

帽子を花と間違えたのかな…?

下に降りるに従って、だんだんと緑が濃くなってきました。

第一ベンチを過ぎ、最後にキツイ階段を下り終えると…

ゴールの中房(なかぶさ)温泉に到着!!

入浴料:500円(割引券を使いました)

中房温泉は、源泉掛け流し100%の天然温泉。

広々とした露天風呂に浸かっていると、全身の疲れがみるみる取れていきれました。

手の甲の日焼けは、ヒリヒリとしみましたが。


 ↑
いつの間にか真っ赤になっていた手の甲。日焼け止め、汗で落ちちゃったみたい…。


12:25出発の毎日あるぺん号に乗り、

19:00頃、大都会・新宿へと戻ってきたのでした。

最初は少し不安だった「北アルプス縦走」

フタを開けてみたら、想像以上にキツかったですが(笑)、すっごく楽しかったです!

こんなに長い時間、雲の上の世界を歩いたのは初めてで、まさに新たな世界への扉を開いた感じ。

途中であきらめそうにもなったけど、最後まで歩くことが出来て、本当に良かった…。自分の中で、大きな自信になりました^^

ちなみに、手の日焼けはその後、

恐ろしいくらいに皮がベロンとむけ、その後、元に戻りました。脱皮完了。

次は絶対に手袋をして登ろう…と、固く心に誓ったのでした。
 ↓

燕山荘、燕岳~中房温泉 コースタイム

4:30 燕山荘発 → 5:00 燕岳頂上 → 5:58~6:43 燕山荘 → 7:26~7:47 合戦小屋 → 8:16 富士見ベンチ → 8:45~9:03 第三ベンチ → 9:35~9:47 第二ベンチ → 10:10~10:17 第一ベンチ → 10:49 中房温泉

「燕山荘」の評価(5点満点)

・食事:★★★★
・スタッフのサービス:★★★★★
・部屋の広さ・快適度:★★★
・布団の寝心地:★★★
・飲み水:★★★(無料)
・コンセント:★★★
・アクセス:★★★★
・その他サービス:★★★★
・総合:★★★★(4.7)

******

長かった北アルプス縦走日記にお付き合い頂き、ありがとうございました!
次回は、北アルプス縦走(常念岳~燕岳)の費用や行き方、お得情報などのまとめをお送りします^^♪
 ↓
北アルプスのおすすめ縦走ルート:常念岳~大天井岳~燕岳 登山まとめ

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ にほんブログ村「女性登山者・山ガール」へ

 人気ブログランキング「旅の知識・楽しみ方」へ

ブログの更新情報

当ブログの最新情報は、各SNSでお届けしています。
国内・海外旅行記や登山情報、格安旅行のコツ等もいち早くお知らせしています。
良かったら、いいね!&フォローで、一緒に旅行気分を味わってくださいね^^♪
 ↓
・Facebook


・Twitter


・インスタグラム
Instagram

コメント

  • 燕岳はまた登りたいと思う山ですよね。怪我だけ気を付けてくださいね。

    by ツバメちゃん €2014/11/28

  • > ツバメちゃん さん
     
    こんにちは!
    燕岳、素敵ですよね~^^登りやすいし、見た目もかっこ良くてお気に入りの山です♪
     
    ありがとうございます!これからもどうぞよろしくお願いします☆

    by りりー €2014/11/28

  • 縦走達成! おめでとうございます。
    良いコースですね。
    縦走はいいですね。一歩一歩の積み重ねでこれだけ走破できたという達成感がありますね。
     
    >新たな世界への扉を開いた感じ
     
    というのはちょっと楽しみのような怖いような… やみつきになる予感がします。
    テントを買って野営まではすぐに行きそう。(夏山中心でいきましょう)
     
    個人的には下山後の温泉が大好きでした。(登山前は筋肉が緩んでしまってきついから下山後が良いと思ってます。)

    by Crew €2014/11/28

  • > Crew さん
     
    わぁい\(*´▽`*)/ ありがとうございます!!
    実はもう、やみつきになりかけてます、登山…(笑)いつか山の近くに住みたいです。
     
    「テントを買って野営」にすっごく憧れてるんですが、いかんせん体力がないので、もう少し体を鍛えなきゃですね。いつかテントや寝袋を担いで、山に登れる体になりたいものです^^
     
    下山後の温泉、最高ですよね!登山前にも入りたいところですが、筋肉が緩んで逆に辛くなっちゃうんですか~、それは知らなかった…!
     
    今年の夏は槍ヶ岳も行ってきたので、またレポート書きますね~^^♪

    by りりー €2014/11/29

  • 初めまして、夏山子と申します。
    燕岳のこと調べて偶然お邪魔させていただきました。
    新婚旅行でモルディブへ行ってハマり、3年前に登山にハマり北海道の山々に登りました。今年は大雪テン泊だーと思っていたところ春にまさかの転勤で東京に住み始めました。
    東京から行ける山、探している最中です。
    常念岳から燕岳の日記読みましたがとても楽しそうで魅力的なプランですね!参考にさせていただきます。

    by 夏山子 €2015/06/08

  • > 夏山子 さん
     
    はじめまして!コメントありがとうございます^^
     
    常念岳から燕岳、とても良いコースでしたよ~。あと槍ヶ岳も楽しかったです♪
    北海道の山いいですね~!いつか登ってみたいです。大雪テン泊なんて、レベルが高いですね…すごい!!
     
    夏山子さん、新婚旅行でモルディブに行かれたんですか!一緒ですね~^^
    ブログもちょこっと見させて頂いたのですが、写真がたくさんあってわかりやすくていいですね!今後の山を決める際、ブログを参考にさせていただきますね♪
    今後ともどうぞよろしくお願いします!

    by りりー €2015/06/08

  • りりーさんこんにちは!先日槍ヶ岳の方にコメントさせていただいた者です。
    予定変更して、夏休みに燕岳~常念岳の縦走をしてきました!!りりーさんと同じ道を歩いたと思うと感慨深いです(^-^)
    なかなかキツかったけど綺麗な景色を堪能して、とても楽しい遠征になりました。
    りりーさんの情報本当に参考になりました。ありがとうございます(*^o^*)
    真っ先にお伝えしたくて書き込みさせていただきました!

    by ふみこ €2016/08/16

  • >ふみこさん
     
    わぁ!こんにちは!
    槍ヶ岳じゃなくて、燕岳~常念岳にされたんですね。
    同じコースを歩いていただいたなんて嬉しいです♪
     
    わたしの中では、槍ヶ岳より燕岳~常念岳のコースのほうが、キツかったです(笑)
    特に常念の下りと、2日目の燕岳までの長い長い道のりは本当にしんどかったですが、それと引き換えに見れた素晴らしい景色は最高でした。
     
    ご丁寧にコメント頂き、ありがとうございます(≧▽≦)
    槍ヶ岳もいつかぜひ~♪

    by りりー €2016/08/16

down

コメントする




※コンピューターによるスパム投稿を防ぐため、コメントは承認制となっています。(コメントが表示されるまでに、少し時間がかかることがあります)

プロフィール

りりー

りりー

予算99万円で世界一周してきた、格安旅行情報ブロガー。
国内外の格安旅行情報や節約のコツをお届けしています。
詳しいプロフィール・おすすめの記事はこちら

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ 

カテゴリー

月別アーカイブ