旅行記ブログ:りり記

陣馬山のアクセス(高尾駅からのバス)と景信山~明王峠の登山ルート

time 公開日:2015/07/05   

高尾山の近くにある「陣馬山(じんばさん)」に登ってきました♪

360度の大展望が広がる、気持ちの良い山でした!^^


今回は、「東京近郊の山ハイク」に載っていた登山コース(景信山から明王峠を経由して陣馬山に向かう約4時間半のルート)を選んだため、

京王線(または中央線)の高尾駅で下車します。

北口を出て、左手にある

2番バス乗り場から

「小仏」行きのバスに乗車。

約20分で、終点の「小仏」に到着しました。


 ↑
ここには、トイレもありました。

少し準備体操をしてから、

バス停を出て右手に歩き出します。

緩やかな車道を10分ほど登ると、

登山口を知らせる看板が登場。

ここから、ぐるっと登山道へ入り込みます。

この先は、しばらく登りが続きます。

息を切らしながら、長い坂を登ります。

杉林を抜けたら、「景信山(かげのぶやま)」を示す看板に従い左へ進みます。

丸太の階段を登り、

トイレを過ぎて、後ろを振り返ると

はるか遠くに街並みが広がっていました。だいぶ登ってきたんだな~!

さらに階段を登り、左手に進むと

景信山の山頂に到着!

景信茶屋の前には、たくさんのテーブルとイスがありました。

遠くに広がる山並みを眺めつつ、おにぎりを食べて少し休憩。

今回は見えませんでしたが、天気の良い日は富士山も見えるそうです。

山々の景色を満喫した後、

茶屋の裏手に進むと、

こちら側にも休憩所がありました。

こっちの方が見晴らし良かったかも…?

次のポイントに向け歩き出すと、

…あれ?こんなところに「景信山」の山頂を知らせる標識がありました。さっきの場所じゃなくて、こちらが本物の山頂だったみたい。

ここからは階段を下ったり、

平坦な道を進んだり、

坂道を登ったり…と

小さなアップダウンを繰り返します。

途中で分かれ道が登場。これは、どちらに行っても同じ道に出るそうです。

次の分かれ道は、右へ行くと「室所山」の山頂を経由できます。

今回は、早くも疲れ気味だったので、左の道(次のポイントへの近道)を通りました。

周りを見渡すと、スギだらけ。

綺麗に整列しています。

そうして、景信山から歩くこと約1時間15分。

次のポイント「明王峠(みょうおうとうげ)」に着きました。

ここからも富士山がきれいに眺められるそうです。

…ほらね。そうだと思った。やっぱり見えない。

でもきっと、あの雲の向こうには、富士山があるはず…。そう信じて想像上の富士山を楽しみながら、お弁当を食べたのでした。

次回「【陣馬山登山日記】陣馬山の頂上~栃谷尾根~陣馬登山口バス停」に続く^^


人気ブログランキングへ

ブログの更新情報

当ブログの最新情報は、各SNSでお届けしています。
国内・海外旅行記や登山情報、格安旅行のコツ等もいち早くお知らせしています。
良かったら、いいね!&フォローで、一緒に旅行気分を味わってくださいね^^♪
 ↓
・Facebook


・Twitter


・インスタグラム
Instagram

down

コメントする




※コンピューターによるスパム投稿を防ぐため、コメントは承認制となっています。(コメントが表示されるまでに、少し時間がかかることがあります)

プロフィール

りりー

りりー

予算99万円で世界一周してきた、格安旅行情報ブロガー。
国内外の格安旅行情報や節約のコツをお届けしています。
詳しいプロフィール・おすすめの記事はこちら

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ 

カテゴリー

月別アーカイブ