旅行記ブログ:りり記

陣馬山のアクセス(高尾駅からのバス) & おすすめ縦走コース

time 公開日:2015/07/05   

高尾山の近くにある「陣馬山(じんばさん)」に登ってきました♪

360度の大展望が広がる、気持ちの良い山でした!^^


高尾駅から陣馬山へのアクセス

今回は、「東京近郊の山ハイク」に載っていた登山コース(景信山から明王峠を経由して陣馬山に向かう約4時間半のルート)を選んだため、

京王線(または中央線)の高尾駅で下車します。

北口を出て、左手にある

2番バス乗り場から

「小仏」行きのバスに乗車。

約20分で、終点の「小仏」に到着しました。


 ↑
ここには、トイレもありました。

少し準備体操をしてから、

バス停を出て右手に歩き出します。

緩やかな車道を10分ほど登ると、

登山口を知らせる看板が登場。

ここから、ぐるっと登山道へ入り込みます。

登山口~景信山

この先は、しばらく登りが続きます。

息を切らしながら、長い坂を登ります。

杉林を抜けたら、「景信山(かげのぶやま)」を示す看板に従い左へ進みます。

丸太の階段を登り、

トイレを過ぎて、後ろを振り返ると

はるか遠くに街並みが広がっていました。だいぶ登ってきたんだな~!

さらに階段を登り、左手に進むと

景信山の山頂に到着!

景信茶屋の前には、たくさんのテーブルとイスがありました。

遠くに広がる山並みを眺めつつ、おにぎりを食べて少し休憩。

今回は見えませんでしたが、天気の良い日は富士山も見えるそうです。

山々の景色を満喫した後、

茶屋の裏手に進むと、

こちら側にも休憩所がありました。

こっちの方が見晴らし良かったかも…?

景信山~明王峠

次のポイントに向け歩き出すと、

…あれ?こんなところに「景信山」の山頂を知らせる標識がありました。さっきの場所じゃなくて、こちらが本物の山頂だったみたい。

ここからは階段を下ったり、

平坦な道を進んだり、

坂道を登ったり…と

小さなアップダウンを繰り返します。

途中で分かれ道が登場。これは、どちらに行っても同じ道に出るそうです。

次の分かれ道は、右へ行くと「室所山」の山頂を経由できます。

今回は、早くも疲れ気味だったので、左の道(次のポイントへの近道)を通りました。

周りを見渡すと、スギだらけ。

綺麗に整列しています。

そうして、景信山から歩くこと約1時間15分。

次のポイント「明王峠(みょうおうとうげ)」に着きました。

ここからも富士山がきれいに眺められるそうです。

…あ、やっぱり今日は見えないか。

でもきっと、あの雲の向こうには、富士山があるはず…。そう信じて想像上の富士山を楽しみながら、お弁当を食べたのでした。

明王峠~陣馬山

実はすでにちょっとお疲れモードなんですが、ここからゴールの陣馬山までは約1時間の距離。あともう少しです!

トイレをすませ、歩き出しました。(ちなみにトイレはボットン便所でした)

小仏バス停~陣馬山の登山コースは、全体的に歩きやすいです。小仏バス停のさらに手前に高尾山があるんですが、高尾山から陣馬山へ縦走する人も多いみたい。

30分ほど歩くと、「陣馬山まであと0.1km」という看板が登場。

…え、もう?意外と早かったな!

右手にのびる階段を登って行くと…

着いた~!!

陣馬山の頂上に着きました。

わーい♪

頂上は、ほぼ360度の展望が楽しめる広場になっていました。

遠くの山々が見晴らせます。

あいにく雲が厚くて、富士山は見えませんでした…。

しょうがないので、陣馬山のシンボルである白い馬の像を堪能することにします。

実はここ陣馬山はもともと、戦国時代に武田信玄が陣を張った山であることから「陣場山」と呼ばれていたそうです。その後、観光地として広めるために「陣馬山」と名付けられ、この白い馬の象が置かれたんだとか。

何度か写真で目にしたことはあったけど、やっぱり実物はカッコイイですね~!

思わずいろんな角度から写真を撮ってしまいました(笑)

青空だと、もっと映えるんですけどね…^^
 ↓

(Source;yama200.blog110.fc2.com

思う存分、白い馬の像を楽しんだ後は、

お菓子を食べたり、本を読んだり、

トイレに行ったり…と、のんびり過ごしました。

栃谷尾根コース

帰りのルートはいくつかあったんですが、近道の「栃谷尾根(とちやおね)コース」を通って帰ることにしました。

…が、この「栃谷尾根」への道が、とてもわかりづらかったんですよね。山頂には「栃谷尾根」への標識が見つからなくて。

とりあえず「一の尾根」方面に下って、清水茶屋のおじさんに道を尋ねると、登りで通った道を少し戻って、大きい木のところを右に曲がれば栃谷尾根とのこと。

いったん頂上に戻り、来た道を引き返します。

少し下ると、

右手に「栃谷」を知らせる標識がありました。

あとは、標識にそって進みます。

しばらく長い階段が続きます。

ふぅ、疲れた…。少し休憩。久々の長距離登山で、足の疲労がすごいです。

ふと見上げると、スギの木たちが空に向かって高く高く伸びていました。よし!わたしも頑張ろう!

野に咲く花に励まされながら、少しずつ下っていきます。

美しいチョウチョがひらひらと舞っていました。

けっこう遠いな…。

お、林の外に出ました。

茶畑(?)が広がっています。

もう少し歩けばバス停かな~と思いきや、ここからがけっこう長かった。

とりあえず、休憩所があったので少し休憩していくことに。

バスの時刻表もあって便利です。ここからバス停までは30分前後の距離。バスは1時間に1~2本しかないので、バスの出発時刻の30~40分ぐらい前にここを出発するといいかもしれません。

中にイスがあったので座ってボーっとしていると、テーブルの上にあった小さなゴミがかすかに動きました。

えっ…?と思って観察していると、ゴミは少しずつテーブルの上を移動します。なんじゃこりゃ!?

旦那さんがゴミにふーっと息を吹きかけると、白くてふわふわした身体が出てきました。体長2ミリほどの小さな虫でした。

「これは、ダニじゃない?」と旦那さん。きっと移動している間に、ダニの体中にゴミが付着してしまったのでしょう。

ゴミが取れてよかったね、これで身軽になって歩けるね…と思って見ていたら、ダニは急に慌てだしました。そして、再び自分の身体にゴミをのせ始めたのです。

…え?
それ、わざとのせてたの?

ごめん。なんか余計なお世話だったみたいで、ごめん。

前の手でゴミをつかんで、一生懸命背中にのせています。

あとで調べてみたら、この虫「クサカゲロウ」の幼虫だったようです。ゴミを背負うのは、アリなどの攻撃から逃れるためのカムフラージュだそう。

生まれてはじめて見る生物との出会いに心を踊らせた後は、

黙々と坂を下ります。

地上の紫陽花はもう枯れてしまったけれど、この辺りはまだ満開ですね。

ふぅ。それにしても、けっこう遠いな…。

あ、ようやくバス停がありそうな道路が見えてきました。

ここを左に曲がって、

ようやくバス停に到着~!!

お疲れ様でした\(*´▽`*)/

景信山~明王峠~陣馬山 登山情報まとめ

都心(新宿駅)から景信山~陣馬山へのアクセス

新宿から小仏バス停までの所要時間:約1時間10分
ルート:新宿駅 → (中央線) → 高尾駅 → (バス) → 小仏バス停
交通費(新宿駅 → 高尾駅 → 小仏バス停、陣馬登山口バス停 → 藤野駅 → 新宿駅):1,930円(550円+230円+180円+970円)

今回のルート&時間

8:34 小仏バス停 → 9:36~9:58 景信茶屋 → 11:13~11:52 明王峠 → 12:29~13:44 陣馬山山頂 → 14:49~15:14 栃谷園地休憩所 → 15:50 陣馬登山口バス停

りりーの独断的 山評価

・登りやすさ  :★★★
・自然の綺麗さ :★★★★
・マイナスイオン:★★
・眺めの良さ  :★★★★
・アクセスの良さ:★★★
・総合評価   :★★★★(4.5)

コメント:ここ最近は弘法山とか白山順礼峠とか軽めの山に登っていたため、久々の長距離登山で、次の日からしばらくは足の筋肉痛がハンパなかったです…(笑)
景信山~明王峠~陣馬山のコースは、最初の登りだけキツいですが、全体的に登山道がよく整備されていて登りやすかったです。頂上からの眺めが良いので、また晴れている日に登りたいです♪


人気ブログランキングへ

ブログの更新情報

当ブログの最新情報は、各SNSでお届けしています。
国内・海外旅行記や登山情報、格安旅行のコツ等もいち早くお知らせしています。
良かったら、いいね!&フォローで、一緒に旅行気分を味わってくださいね^^♪
 ↓
・Facebook


・Twitter


・インスタグラム
Instagram

down

コメントする




※コンピューターによるスパム投稿を防ぐため、コメントは承認制となっています。(コメントが表示されるまでに、少し時間がかかることがあります)

プロフィール

りりー

りりー

予算99万円で世界一周してきた、格安旅行情報ブロガー。
国内外の格安旅行情報や節約のコツをお届けしています。
詳しいプロフィール・おすすめの記事はこちら

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ 

カテゴリー

月別アーカイブ