旅行記ブログ:りり記

かわいい猫が100匹以上!台湾の猴硐(ホウトン)猫村への行き方と注意点

time 公開日:2017/05/10   

台湾にある猫の村「猴硐(ホウトン)」をご存知ですか?

この村には、100匹以上の猫たちが暮らしています。

猫好きにはたまらない猫の楽園「猴硐」。今回はそんな「猴硐」への行き方や、旅行レポートをお届けします。

猫の村「猴硐」訪問レポート

台北から電車で約1時間。
(詳しい行き方は後ほどご紹介します)

猴硐駅に着くと、

早速、駅の階段に猫がいました!

ここの猫は人に慣れているみたいで、近くで写真を撮っても逃げることなく、ドーンとかまえています。

駅の看板猫と写真を撮ったら、

猫探しの旅に出発です!

早速、猫のお家を発見。この村では猫が大切にされているんですね^^

立派な橋を眺め、

階段を上ると、

大きな廃墟が現れました。

実は、かつてこの村には炭鉱があり、多くの人々が住んでいたそうです。

その頃、炭鉱の坑道を食い荒らすネズミ対策のため、人々は猫を飼っていました。

やがて炭鉱が閉山となると、多くの人が村を去っていきました。

残された猫たちはどんどん繁殖し、この村には100匹以上もの猫が暮らすようになったそうです。
 

その後、猫愛好家の活動によって、猫たちの居住環境が良くなり、猫好きの観光客が世界中から訪れるようになったのだとか。

橋の上の線路をたどっていくと、

踏切がありました。

お金を払うと、トロッコに乗って炭鉱を見学できるそうです。

猫を探して、どんどん進みます。意外と猫が少ないですね。

…おかしいな、猫の村っていうから、そこらじゅうに猫がいるのかと思ったけど、あんまりいないな~

あ、いた!

…あれ? なんかこの子たちは目つきが鋭く、警戒心が強めです。

あんまり人慣れしてない子もいるんだな~。

あら、立派なお寺。

…ていうか猫がいません。駅から離れれば離れるほど、猫も人もいなくなりました。

しばらく歩くと、ようやく地元民っぽいおばあちゃんに出会ったので、「猫はどこですか?」と尋ねてみました。(というか正確には、英語が通じなかったので、猫のポーズで「ミャーミャー」と鳴き、あちこち指をさして「どこ??」というポーズをしてみました)

すると、「あちゃー! こっちじゃないよー」という顔をして、駅の方をさすおばあちゃん。

…なぬ。急いで今来た道を戻ります。

お、いたぞ。

また、いた。

茂みの中にも…発見!!

確かに、駅に近づくにつれて猫が増えてきましたが、それでも想像していたほどはいませんでした。

仕方ない、お腹すいたし、ご飯でも食べるか。

駅の近くにあった飲食店に入って、お昼休憩にしました。

中国語で書かれたメニュー。さっぱりわからないので、

近くのおじさんたちが食べていた麺と同じものをお願いしました。

陽春麺と油麺。

お値段は、それぞれ30元(約110円)。安い。

ラーメン…というか、素うどんみたいな感じで、なかなか美味しいのですが、かなりの薄味でした。(テーブルの上にあった唐辛子とかを入れて食べるのが正しい食べ方なのかも?)

それにしても「猫の村」っていうからには、相当な数の猫がいると期待して来たのに、あんまりいません。今日はたまたま少なかったのかしら…

ガッカリしつつも、次の電車まで時間があったので、駅の反対側にも行ってみることにしました。

駅の階段を上ると、のんびりお昼寝している猫たちに出会いました。

この子は、舌を出したまま寝てます。

リラックスしすぎやろ。

駅の陸橋を渡り反対側に行くと、

…あれ??

めっちゃ猫いる~!!!

…どうやら、こちらが猫たちの本拠地だったようです。

…危なかった。あやうく猫のいないとこだけ見て帰るとこだった。

こちら側の猫たちは人に慣れていて、写真を撮っても全く逃げません。

みんな人間の存在を気にすることなく、マイペースに生きています。

 
 
 

…ん、なんだこれ!?

猫が隙間に挟まってる~!

ぴったりフィット。

超熟睡してました。


 ↑
この子も溝が好きみたい。

とってもかわいい猫たちに癒されたのでした。

猴硐への行き方

猫の村・猴硐は、台北から電車で約1時間の距離にあります。

電車の料金は56台湾ドル(約210円)。

最新の時刻表は、台湾鉄道のホームページから確認することができます。

台北、猴硐と入力して、

カレンダーから日付を選んで「查詢」を押せば、時刻表が出てきます。

だいたい1時間に1~2本出ていますね。

ちなみに一番左の欄が電車の種類を表しているのですが、「區間車」または「區間快」と書かれているものを選びましょう。(それ以外は予約が必要となります)

なお事前に調べておかなくても、窓口に並べば時刻表をもらえます。今回は「瑞芳(ずいほう)駅」行きの切符を買いました。

なぜ「猴硐(ほうとん)駅」行きではなく、「瑞芳駅」行きを買ったかというと、瑞芳駅から先は、人気ローカル線の「平渓線(へいけいせん)」が走っているからです。

瑞芳駅で、平渓線の1日乗車券を買いました。

平渓線については次回詳しく書きますが、1日乗車券を買うと、猴硐周辺の観光スポットを回るのにも便利です♪

猴硐周辺の人気観光スポット

猴硐周辺には、

ランタン飛ばしで有名な「十分」や、

「千と千尋の神隠し」っぽい世界観があふれる「九份」などがあります。

観光のついでにぜひ訪れてみてください♪

猴硐猫村での注意点

猴硐の猫は近寄っても逃げないので、つい、なでなでしたい衝動にかられますが、

猫に触るのは禁止となっております。

なんでも多くの観光客が次々に猫に触ることで、猫の間に病気が蔓延してしまったからだそう。

現地では猫にあげるエサも売っています。

ただし猫にあげる際、エサを地面に直接置くのは禁止。地面にエサを置いてしまうと、雨が降ったときに残ったエサで滑りやすくなるから、なんだとか。(もちろん人間の食べ物を与えることも禁止されています)

ちなみに猫の写真を撮るときは、

上から撮るより、

カメラの位置をできるだけ下げて、下の方(猫の目線)から撮った方が、いい感じにとれますよ♪

猴硐自体は小さい村なので、1~2時間もあれば回れると思います。

ポイントは、駅を降りたら橋を渡って反対側に行くということ。くれぐれもわたしたちのように猫のいない側だけ見て帰ろうとしないよう、お気を付けください…(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ にほんブログ村 女性トラベラーランキングへ

 人気ブログランキング「旅の知識・楽しみ方」へ

sponsored link

ブログの更新情報

当ブログの最新情報は、各SNSでお届けしています。
国内・海外旅行記や登山情報、格安旅行のコツ等もいち早くお知らせしています。
良かったら、いいね!&フォローで、一緒に旅行気分を味わってくださいね^^♪
 ↓
・Facebook


・Twitter


・インスタグラム
Instagram

down

コメントする




※コンピューターによるスパム投稿を防ぐため、コメントは承認制となっています。(コメントが表示されるまでに、少し時間がかかることがあります)

プロフィール

りりー

りりー

予算99万円で世界一周してきた、格安旅行情報ブロガー。
国内外の格安旅行情報や節約のコツをお届けしています。
詳しいプロフィール・おすすめの記事はこちら

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ 



sponsored link

カテゴリー

月別アーカイブ