旅行記ブログ:りり記

ドコモの格安スマホって本当に安いの?「MONO」の料金プランとは

time 公開日:2016/11/05   

ドコモが648円の格安スマホ「MONO(モノ)」を発表しました!

20161104-mono037

かなり安いけど、スペック的に大丈夫なのか? デメリットがあるんじゃないか? …ていうか、本当に648円で買えるんかい!?

と疑問に思ったので調べてみたところ、やはり安さのウラには理由があったのです…!!

ドコモの格安スマホ「MONO」って、どうなの?

まず「値段が安い分、スペックを落としてるんでしょ」…と思ってたんですが、意外とスペックは悪くありません。

< 「MONO」のスペック >
・ディスプレイ:約4.7インチ
・カメラ:約1330万画素(インカメラは約490万画素)
・バッテリー容量:2440mAh
・防水
・CPU:8コア
・RAM(メモリ):2GB
・ROM(ストレージ):16GB

※RAMやROMって何?という方はこちらの記事をご覧ください → 「格安スマホの選び方

さすがにおサイフケータイやワンセグはないですが、基本的なスペックとしては問題ありません。

じゃあ、なんでこんなに良いスマホを648円で販売できるのか?

「MONO」が安い理由

実はこのスマホ、648円で買うには条件があるのです。それは「端末購入サポート」をつけること。

「端末購入サポート」は、ドコモの契約(かけ放題+データ通信のプラン)を12か月間以上継続する代わりに、機種代金を割り引いてくれる制度です。

確かに、ドコモの「MONO MO-01J」販売ページを見ると、

20161104-mono038

割引前のもとの代金は32,400円。ここに、31,752円の「端末購入サポート」割引が適用されることで648円になる、という理屈になってます。

ということは、1年以内に解約すると、違約金15,876円が発生しちゃうのです。 まあ、正確にはドコモの契約をすると、2年は解約できない(*)んですけどね~。

*超割高な料金プランを選ばない限り、2年以内の解約には違約金約1万円が発生します。つまり1年以内に解約しちゃうと、端末購入サポートの違約金と合わせて2.5万円以上損しちゃうのです。

「MONO」の月額料金

そうなってくると気になるのが、月額料金ですね。ドコモのスマホ料金プランは、一番安いものでも月額6,500円します。

ドコモのスマホ月額料金①

・カケホーダイプラン(国内通話無料):2,700円
・データSパック(2GB):3,500円
・SPモード:300円


合計:6,500円(税別)/月

「かけ放題はいらないから、データ容量を大きくしたい」という方は、月額7,000円のプランが最安となります。

ドコモのスマホ月額料金②

・カケホーダイライトプラン(5分以内の通話は無料):1,700円
・データMパック(5GB)* :5,000円
・SPモード:300円


合計:7,000円(税別)/月

*「カケホーダイライトプラン」だと「データMパック(5GB)」以上の料金プランしか選べません(データSパックとの組み合わせは不可)。

そもそも「電話かけ放題」とかいらないから、もっと安くしてほしいんですけどね。残念ながら、これ以上安いプランはないのです。

ちなみに、上記2つの「かけ放題プラン」には両方とも2年縛りがあります。つまり2年以内に解約すると違約金(約1万円)が発生するのです。

他の格安スマホと比べて、「MONO」はお得なのか?

では一般的な「格安スマホ」と「MONO」はどちらがお得なのか、料金を比較してみましょう。

まずスマホの本体ですが、MONOのスペックと同程度の機種で、新しいものといえば、「Huawei Nova LITE(ファーウェイ・ノバ・ライト )」でしょうね。

< 「Huawei Nova LITE」のスペック >
・ディスプレイ:約5.2インチ
・カメラ:約1200万画素(インカメラは800万画素)
・バッテリー容量:3000mAh
・CPU:8コア
・RAM(メモリ):3GB
・ROM(ストレージ):16GB

防水機能はない(*)ですが、バッテリーもちやインカメラの画素数は、こちらの方が良いです。あとRAM(メモリ)が3GBと優秀なので、MONOよりサクサク動きます。

*ワンセグや、防水、おサイフケータイが欲しい場合は、「arrows M03」の方が良いです。

スマホの価格はAmazonで約2.3万円。
 ↓

やっぱり「MONO」の648円に比べると高いですね。でも、月額料金はすごく安いのです…!!

どの格安SIM会社を選ぶかによって多少異なります(*)が、例えば一番人気のある格安SIM「楽天モバイル」なら、月額1,600円~。

*格安スマホは、スマホ本体と中に入れるSIMをそれぞれ選ぶことができます。SIMの料金=スマホの月額料金となります。格安スマホの仕組みについてはこちら → 「格安スマホを超わかりやすく解説!スマホ料金を月5千円安くする方法

ドコモと同じ条件(カケホーダイ ライトプラン+データ5GB)にしても、月額3,000円以下ですみます。

楽天モバイルの月額料金

・データ5GBプラン:2,150円
・でんわかけ放題オプション(5分以内の通話は無料):850円


合計:3,000円(税別)/月

 
ドコモだと同じ条件でも月7,000円するので、半額以下ですみますね。

格安スマホ VS 「MONO」2年間の料金比較

ではスマホ本体価格+月額料金だと、最終的にどちらが安くなるのか? ドコモの最低利用期間である2年間使用したら、いくらになるか比較してみましょう。

<「MONO」VS「格安スマホ」2年間の価格差 >

・ドコモ「MONO」
スマホ本体648円+月額料金7,000円×24か月+税=182,088円

・格安スマホ(Huawei Nova LITE+楽天モバイル)
スマホ本体22,680円+月額料金3,000円×24か月+税=100,440円


価格差:格安スマホのほうが、81,648円安い

価格でいえば、格安スマホの圧勝ですね。

本体価格は高いですが、月額料金が安いため、2年間で7万円以上の差が生まれました。(ちなみに3年間で計算すると、約12.6万円もの差が出ます。ハワイ行けますね)

電話のかけ放題がいらない場合は、さらに安くなります。また家にネット(wifi環境)がある場合は、外で動画を見まくらない限り3GB程度あれば足りるので、月1,600円ですみます。

これをドコモの最安月額料金6,500円と比較してみると…

<「MONO」VS「格安スマホ」2年間の価格差 >

・ドコモ「MONO」
スマホ本体648円+月額料金6,500円×24か月+税=169,128円

・格安スマホ(Huawei Nova LITE+楽天モバイル)
スマホ本体22,680円+月額料金1,600円×24か月+税=64,152円


価格差:格安スマホのほうが、104,976円安い

なんと、格安スマホのほうが10万円以上も安いです!(3年だと16.8万円以上の差が出ます)

こう考えると「MONO」は決してお得とは言い難いですね…。本体価格は安いですが、長期的にみると結局、損をしちゃいます。

「どうしてもドコモがいい!」という方以外は、格安スマホを選んだ方がいいですね。最近は2万円ぐらいで、良いスマホが売ってますし。(詳細 → 「2万円の格安フリースマホ、おすすめは?人気の格安スマホを徹底比較!」)

*******
※追記
楽天モバイルは現在、キャンペーン中なのでさらに安いです。月額料金が半年間1,000円割引されるため、3.1GBプランなら月600円で使えます。(半年間で合計6,000円の割引) → 楽天モバイル
*******

格安スマホのデメリット

格安スマホにすることのデメリットは、ドコモやauなどのメールアドレスが使えなくなることくらいです。でもメールを使う場合は「Gメール」やSMS(電話番号でやり取りできるショートメッセージサービス)を使えばいいので、そんなに困ることはありません。

格安スマホは、ドコモショップやauショップのような店舗がないため、サポートは電話になります。わたしは格安スマホに変えて半年以上たちますが、特に不便さを感じたことはないです。

今までスマホを使ったことのない方や、SIMの設定が面倒くさい方は、楽天モバイルNifMO(ニフモ)のように、スマホとSIMをセットで販売しているところを選ぶと楽です。

(まあ「設定」といっても、説明書通りにやればできるので、全然難しくはないのですが)

ちなみに、現在ドコモのスマホを使っている方は、SIMを入れ替えるだけで簡単に月額料金が安くなります。詳細 → 「ドコモのスマホ料金を毎月5,000円安くする方法があった!携帯料金節約術

格安スマホを安く買う裏技

格安スマホ(SIMフリースマホ)は基本的に、家電量販店で買うよりAmazonで買ったほうが安いです。 → Amazonで格安スマホを検索

でも、それよりさらに安く買いたいなら楽天モバイルで定期的に行われているセールを狙うのがおすすめです。

例えば今なら、前述した「Huawei Nova LITE」が、Amazonより7,000円以上安く買えます。
 ↓

< 楽天モバイルの音声SIM月額料金プラン >

・3.1GB:1,600円
・5GB :2,150円
・10GB :2,960円
・20GB :4,750円
・30GB :6,150円

*すべて税抜き。最初だけ、事務手数料3,394円がかかる。初月は無料。電話かけ放題オプションは+月850円/月。

家にwifiがある方は、たいてい月1,600円の3.1GBプランで足ります

家にwifiがないなら5GB、さらにYoutubeなどをよく見るなら10GB以上あったほうがいいと思います。(データ容量は、いつでもネットで変更できます)

楽天モバイルの音声3.1GBプランで「Huawei Nova LITE」を使った場合、2年間のコストは58,320円。ドコモで「MONO」を買うより、11万円以上お得になります。

<「MONO」VS「楽天モバイル」2年間の価格差 >

ドコモ「MONO」
スマホ本体648円+月額料金6,500円×24か月+税=169,128円

楽天モバイル「Huawei Nova LITE」
スマホ本体15,600円+月額料金1,600円×24か月+税=58,320円


価格差:楽天モバイルのほうが110,808円安い

楽天モバイルのキャンペーンの申し込み方法

以下、楽天モバイルの申し込み方法を紹介します。

ちなみに、今の携帯番号をそのまま引き継ぎたい場合は、MNP(エムエヌピー)番号が必要になります。ドコモ(0120-800-000 または ドコモの携帯から151)に電話して、「MNP予約番号」と「MNP番号の有効期限日」を聞いておきましょう。

※画像はすべてスマホから見た申し込み画面ですが、PC版もほぼ一緒です。

 
楽天モバイルに申し込む場合は、まず こちらのトップぺージに行き


右上の「お申し込み」をクリックします。


申し込みに必要なものを確認したら、下へスクロールして、


「今すぐWebでお申し込み」をクリック。


お申込みタイプを選択します。スマホを安くゲットしたいなら、ここで希望する機種を選択しましょう。

次にSIMタイプを選択しましょう。


今回は「通話SIM」を選択。


下へスクロールして、「料金プランの選択へ」をクリックします。

下へスクロールして、プランを選びましょう。

今回は3.1GBプランにしてみました。


さらに下へスクロールしたら、「オプション選択へ進む」をクリック。


欲しいオプションにチェックを入れましょう。今回は全てチェックなしにしました。

一番下までスクロールして「アクセサリー購入へ進む」をクリック。

いろんな商品を紹介されますが、どれも特に必要ない場合は、ささーっと下へスクロールして、

「お客様情報入力へ進む」をクリック。


楽天会員の場合は、ここでログインします。楽天会員でない場合は「お客様情報の入力へ」をクリック。


新しい携帯電話番号にしたいなら「新規の電話番号を取得する」、今の番号を変えずに乗り換えたい場合は、「今お使いの電話番号を引き継ぐ(MNP)」を選択。今回はMNPを選択しました。

その下で、電話番号と、MNP予約番号、MNP予約番号の有効期限を入力します。


楽天でんわの説明が出てくるので、読んだら「注意事項を確認し、楽天でんわについて同意しました」にチェックを入れます。

電話かけ放題オプションが欲しい方は、ここで選択します。時間制限のない電話かけ放題プランがいいなら「楽天でんわかけ放題 by 楽天モバイルを申し込む(月額基本料2,380円)」、5分かけ放題プランがいいなら「楽天でんわ5分かけ放題 by 楽天モバイルを申し込む(月額基本料850円)」を選択しましょう。


あとは氏名や生年月日、住所、パスワード、支払方法などを入力して、


「お客様情報確認へ進む」をクリックし、入力情報に間違えがないか確認したら、申し込みを確定させましょう。

すると「本人確認証をアップして~」というメールが届くので、スマホで免許証等の写真を撮ってアップすればOKです。

なおスマホで写真を撮る場合は、ピントが合っていなかったり、光の反射で住所等が見えなくなっていると再提出になっちゃうので、注意しましょう。

ここまでできたら、あとはスマホが届くのを待つだけです。

文字にして見ると面倒そうですが、画像のアップロードやクレジットカード情報の入力など、すべて含めても5~10分程度で終わると思います。

まとめ

細かく計算してみると、やっぱりドコモの格安スマホ「MONO」より、普通の格安スマホのほうが大幅に安いですね。月額料金を劇的に下げてくれない限り、なかなかドコモを使う気にはならないんだよなぁ…。

とりあえず新しい格安スマホを買うなら、楽天モバイルのキャンペーンを利用して買うのが一番お得です。
 ↓
楽天モバイル

ガラケーから格安スマホへ移行する場合は、この記事が参考になると思います。
 ↓
ガラケーから格安スマホ(SIMフリー)へのデータ移行法・完全マニュアル

●こちらの記事もおすすめです。
格安スマホを超わかりやすく解説!スマホ料金を月5千円安くする方法
auから格安スマホに乗り換える手順。MNPでスマホ代を月7,000円節約!
ドコモのスマホ料金を毎月5,000円安くする方法があった!携帯料金節約術

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ にほんブログ村「旅行情報」へ

 人気ブログランキング「旅の知識・楽しみ方」へ

sponsored link

ブログの更新情報

当ブログの最新情報は、各SNSでお届けしています。
国内・海外旅行記や登山情報、格安旅行のコツ等もいち早くお知らせしています。
良かったら、いいね!&フォローで、一緒に旅行気分を味わってくださいね^^♪
 ↓
・Facebook


・Twitter


・インスタグラム
Instagram

down

コメントする




※コンピューターによるスパム投稿を防ぐため、コメントは承認制となっています。(コメントが表示されるまでに、少し時間がかかることがあります)

プロフィール

りりー

りりー

予算99万円で世界一周してきた、格安旅行情報ブロガー。
国内外の格安旅行情報や節約のコツをお届けしています。
詳しいプロフィール・おすすめの記事はこちら

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ 



sponsored link

カテゴリー

月別アーカイブ