旅行記ブログ:りり記

ドコモのスマホ料金を毎月5,000円安くする方法があった!携帯料金節約術

time 公開日:2016/03/01   

ドコモのスマホを使っている方、毎月の携帯料金って8,000円~10,000円ぐらいかかってませんか?

しかーし!その高いスマホ料金を毎月5,000円も安くできる方法があるのです。

20151216019

もちろん、今使っているスマホは変えずに。

というわけで、今回はドコモのスマホ料金を安くする裏技についてご紹介します。

ドコモの格安スマホ「MONO」について知りたい方は、こちらの記事をご覧下さい → 「ドコモの格安スマホって本当に安いの?「MONO」の料金プランとは

auのスマホをお持ちの方は、こちらをご覧ください → 「auのスマホ料金を月5,000円安くする裏技。携帯料金節約術

なぜスマホの料金が安くなるのか?

20151216001

ドコモのスマホの場合、安いプランを選んでも月7,560円以上はかかりますよね。

<スマホの月額最低料金>
・基本料金(カケホーダイライトプランの2年契約:1,700円)
・データ通信料(データMパック5GB:5,000円+spモード:300円)
=合計:7,560円(税込)

これに機種代(+通話料金)が加算されるので、月々の料金はどうしても8,000~10,000円前後になっちゃうんですよね…。高い。

20160301032

この料金プランをよくよく見ると、データ通信量(「データMパック5GB:5,000円」)ってのが高いんですよね。

でも、スマホでネットをするためだけに、月5,000円も払うなんて、ちょっと馬鹿らしくないですか?スマホなんて、LINEやネット検索、あとはちょっと動画見るくらいなのに、それに月5,000円て。年間6万て。

…とはいえ、スマホでネットができないんじゃ、スマホを持つ意味がありません。じゃあ、どうすればいいのか?

実は、このネット代を大幅に削減する裏技があるのです!

それは、今使っているスマホのSIMを入れ替えるという方法。それだけで月々の携帯料金が約5,000円も安くなるのです!(ちなみに後述しますが、安いからって品質が悪くなるってことは一切ありません

20160216008

具体的にどうすればいいのかというと、今のスマホに挿してあるドコモのSIMカードを格安SIMカードに入れ替えます。

え、勝手に入れ替えちゃっていいの!? と思うかもしれませんが、全然大丈夫なんですよね、これが。

20160628028
 ↑
SIMは簡単に入れ替えられます。
(ソフトバンクのスマホを使う場合は、「SIMロック解除」等の手続きが必要となりますが、ドコモのスマホならそのまま格安SIMを挿すことができます)

ここで入れ替える「格安SIM」というのは、その名の通り料金の安いSIMのこと。「ていうか『SIM』って何?」という方もいるかもしれません。

スマホの月額料金=SIMの使用料

普通、携帯ショップでスマホを買うと、スマホ本体にSIMがセットでついてきます。実はこのSIMがないと、通話やメール、ネットなどができないのです。つまり、わたしたちが毎月支払っている通信料金というのはこの「SIM」の使用料

つまり、このSIM使用料の安い会社を使えば、毎月のスマホ代が下がるのです!

ドコモのスマホを使っているからって、ドコモのSIMを使う必要はありません。むしろドコモのSIMは高すぎるので、もっとお手頃価格のSIMを使うべきなのです。

でも「格安SIM」って大丈夫…?

「でも『格安SIM』って大丈夫なの?電波とかつながりにくいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、現在主流のドコモ系格安SIMはドコモの回線を利用しているため、ドコモの電波がつながる場所なら、どこでもつながります。つまりドコモユーザーなら、今までと同じ電波状況で使えるということ。

しかも安いのに、通話品質はドコモと全く同じ。だからわたしの友達で格安SIMに変えた人は、口をそろえてこう言います。「今まであんなに高い携帯代を払ってたのがバカバカしいわ。完全にドコモに搾取されてた!」と…(笑)

ちなみに、「SIMを入れ替えたら、LINEのデータとか連絡先とか消えちゃうんじゃないの?」と思うかもしれませんが、大丈夫! SIMを入れ替えてもデータは消えません

LINE等のデータが消えるのは機種変更でスマホ本体を変えたとき。SIMを入れ替えても同じスマホを使い続けるなら、LINEも連絡先も、データはすべて今までと全く変わらないのです。
 

唯一変わることといえば、ドコモの携帯メアドが使えなくなることくらい。今まで携帯メアドでやり取りしていた人とは、SMS(電話番号のみで送るショートメール)かGmail(フリーのメールサービス)を使ってやり取りをすることになります。(最近はLINEがあるので、携帯メアドってあまり必要ないんですよね~)

※ドコモの携帯メアドをどうしても残したい場合、ちょっと面倒ですが後述する手順を踏めば残せます。

20160626001

格安SIMの料金は、月額1,500円前後。具体的には、使える高速データ通信の容量によって変わります。

たとえばわたしの使っている「DTI SIM」という格安SIM(安いのに、ネットが早くておすすめ!)だと、以下のような料金プランとなっています。

<音声通話SIMの料金(税別)(*1)
・1GB:1,200円
・3GB:1,490円
・5GB:1,920円
・ネット使い放題:2,900円

家にwifiがあるなら、たいていは3GB(*2)で足ります。スマホ料金が、月約7,500円 → 約1,500円 と、なんと6,000円もお得になっちゃうのです!これはすごい。

*1: 最初だけ、事務手数料に3,000円かかります。
*2: 外でYoutubeなどの動画をたくさん見る場合は5GBあったほうがいいです。家にwifiがない、かつ毎日何時間もYoutubeを見ている方は、使い放題プランがおすすめ。

なお、「DTI SIM」の場合、月780円プラスすれば「でんわかけ放題」オプション(ドコモと同じで5分以内の通話なら何度でも無料)をつけることができます。電話をかけることが多い方は、こういったプランを選んだ方がお得でしょう。

ちなみにDTI SIMの他にも、楽天モバイルや、DMMモバイルmineoなんかも人気の格安SIMですが、総合的に見るとDTI SIMが一番良いです。安いし、ネットの速度も速いし、通話し放題プラン・ネットし放題プランなどもあるので。
(楽天の超ヘビーユーザーなら、楽天モバイルという選択肢もありですが)

20160828016

ちょうど先日、長年ドコモユーザーだった親友の格安SIM移行を手伝いました。彼女のスマホは、XperiaのSO-04F。

20160828017

ここから、SIMカードを入れ替えます。

以下、スマホ料金を安くする(=格安SIMに変更する)具体的な手順を紹介します。ちょっと面倒だと思うかもしれませんが、全部で30分もあれば終わります。

料金を安くする具体的な手順

格安SIMへの移行手順は以下の3ステップです。

1、ドコモに電話

まずドコモ(0120-800-000 または ドコモの携帯から151)に電話して「MNP(エムエヌピー)予約番号」を聞きましょう。この番号さえあれば、今使っている携帯電話電話のまま、他社に乗り換えることができるのです。(「MNP番号」はドコモショップでも教えてくれます。その際は、身分証を持っていきましょう)

ドコモのスタッフは「注意事項」と称して、違約金がいくらだとか、MNP手数料がかかるとか、いろいろ言って引き留めてくるかもしれませんが、全部断れば、普通にMNP番号を教えてくれます。

MNP予約番号をメモしたら、次に自分のスマホのSIMサイズを調べます。SIMサイズは、標準SIM、マイクロSIM、ナノSIMの3種類。「(今使っている携帯の)機種名+SIMサイズ」で検索すればわかります。

2、格安SIMに申し込む

スマホのSIMサイズもメモしたら、格安SIMの「音声プラン」に申し込みます(ネットから申し込めます)。今回は、DTI SIMにしました(安くて、使い心地が良いので)。

以下、画像はすべてスマホから見た申し込み画面ですが、PC版もほぼ一緒です。

まず、こちらのページに行って、

20170209-DTISIM019

下へスクロールすると出てくる「お申込みはこちら」というボタンを押します。

20170209-DTISIM003

メールアドレスを入力し「認証コード送信」をクリックすると、

20170209-DTISIM004

入力したメールアドレス宛に認証コードが送られてくるので、

20170209-DTISIM005

そのコードを入力し「認証する」をクリックします。

20170209-DTISIM007

規約に同意するチェックをして、「次のページへ進む」をクリックします。「新規お申し込みフォーム」が出てくるので、希望のプランを選択しましょう。

20170209-DTISIM008

電話かけ放題プランをつけたい場合は「DTI SIM でんわ定額プラン 3GB 半年間月額基本料金1,480円!」を選択。

電話かけ放題がいらない場合は、下へ下へとスクロールして

20170209-DTISIM009

「音声プラン」というところから、好きな容量のプランを選びます。

家にwifiがあって、外でもほとんどネットをしないなら1GB。家にwifiがなくて、Youtubeなどをそこそこ見るなら5GB。その中間が3GBって感じですかね。容量は後からでも変えられます。

20170209-DTISIM011

ちなみに現在、1GB、5GB、10GBプランを選ぶと、最初に発生する事務手数料(通常3,000円)が500円になるキャンペーンをやっていますね。

携帯電話番号ポータビリティ(MNP)の「利用する」にチェックを入れ「次へ」。

20170209-DTISIM012

ドコモで聞いたMNP予約番号と、携帯電話番号、MNP予約番号取得日(=ドコモにMNP番号を聞いた日)、名前、生年月日を入力します。

20170209-DTISIM014

電話番号は3行に分けて入力。090-1234-5678だったら、こんな感じです。
 ↓
20170209-DTISIM015

注意事項を確認して「同意する」にチェックを入れたら、「次へ」をクリック。

20170209-DTISIM016

でんわかけ放題オプションがいらない場合は、「DTI SIM でんわかけ放題 に申し込む」のチェックを外します。

20170209-DTISIM017

SIMサイズを選択して「次へ」をクリック。

名前や生年月日、住所など必要事項を記入し、一番下の「次へ」をクリック。

月額料金を支払うクレジットカードを登録して「次へ」をクリック。

20170209-DTISIM018

最後に「スマイルモール」というポイントサイトのパスワードを入力します。

(こういうのに登録するとやたら宣伝メールとか来そうですが、特にないので安心です。むしろ、いろいろ活用すればお得なんだと思います)

入力事項を確認して、「申込内容を確定する」をクリックし、「お申し込みありがとうございました。」という画面が出てきたら、申し込み完了です。

3、格安SIMをさして設定する

申し込みから3~5日ほどでSIMとパスワードを知らせる封書が届きます。そしたら、ドコモのSIMと入れ替えて、同封の説明書通りに設定すれば、格安SIMに切り替えることができます。詳しい設定法はこちら

20160828017

「Xperia SO-04F」の場合は、ここからSIMカードを入れ替えて、

20160828018

設定画面を開き、その他の設定>モバイルネットワーク>アクセスポイント名 と進んで、

20160828019

右上の+マークをクリック。

20160828020

説明書通りに入力したら、左下の戻るボタンを押して

20160828021

いま作った「DTI」を選択します。

20160828022

あとはネットでDTIの会員ページに行き、開通作業を行います。開通作業のやり方はこちら

開通時間を過ぎてしばらくすると格安SIMがつながります。(つながらない場合は再起動すればOK)

これで格安SIMへの移行が完了しました!

ちょっと面倒だと思うかもしれませんが、所要時間は30分ほど(ドコモへの電話と格安SIMの申込で約15分、SIMが届いた後の設定と開通作業で約15分)。

たった30分の手続きで、毎月5,000~6,000円もお得になるなら、多少、面倒でもやる価値はありますよね。

わたしの親友も「こんなに簡単に変えられるんだね!今までよくわかんなかったせいで、ドコモに無駄なお金払ってたわ…!」と言ってました。

—————–
※追記
数か月後、親友に格安SIMの使い心地を聞いたら、「今までと全然変わらない。これで月5,000円以上安いなんですごいね!」と言っていました。ネットのスピードや使い心地も、ドコモで契約していた時と変わらないそうです。
——————

ドコモ解約の違約金

「格安SIMに変える」=「ドコモ解約」となるので、最初だけ解約手数料やMNP(番号そのままで他社携帯に乗り換える)手数料等がかかってしまいます。が、格安SIMにすれば月5,000円以上安くなるので、たとえ1万円以上の違約金が発生したとしても数か月で元が取れます

例えば、違約金があった場合の1年間のスマホ料金を比較してみると…

< 1年目の費用 >

ドコモを継続する場合
7,560円×12か月=90,720円/年

格安SIM(DTI SIM)に変更する場合
1,609円(3GBプラン)×12か月+3,240円(格安SIM契約手数料)+10,260円(ドコモの違約金)=32,808円/年

価格差:90,720円(ドコモ) – 32,808円(格安SIM)=57,912円

つまり違約金などを考えても、格安SIMにしたほうが5万円以上お得になるのです。さらに2年目以降は違約金などが発生しないため、年間7万円以上の価格差が生まれます。

< 2年目以降の年間費用 >

ドコモ
7,560円×12か月=90,720円/年

格安SIM(DTI SIM)
1,609円(3GBプラン)×12か月=19,308円/年

価格差:90,720円(ドコモ) – 19,308円(格安SIM)=71,412円 /年

もちろん格安SIMの場合はここに通話料がプラスされますが、よっぽど電話をかける人以外、ドコモの月額料金を上回ることはありません。

20151230003

格安SIMの通話料は30秒20円。でも「楽天でんわ」というアプリを入れておけば、半額の30秒10円になります。

電話を頻繁にかける方は、「でんわかけ放題」オプションのある格安SIMを選んだ方が、お得になるでしょう。

DTI SIMの公式ページはこちら
楽天モバイルの公式ページはこちら

なお「諸事情により、どうしてもドコモの契約を継続する必要がある」という方だけ、以下もご覧ください。

ドコモの契約をそのまま残すには?

ドコモのメアドを変えたくなかったり、スマホを買ったばかりで月々サポート(機種代の毎月割引)が解除されるのは嫌(*)だという方は、機種変更料金(3,000円)がかかっちゃいますが、スマホからガラケーに変更するのがオススメです。

20160301030

前に使っていたドコモのガラケーをまだ持っているなら、そちらに機種変更すればOK。

ガラケーを持っていなくても、中古で良ければリサイクルショップや楽天で3,000円くらい売っています。

20160301031

楽天で3,000円以下のガラケーを検索

*月々サポート(機種代の毎月割引)を解除したくない場合は、ちょっと面倒ですが、まずXiのスマホからいったん手持ちのガラケー(ベーシックプラン)に機種変更します。
そしてその直後に2014年8月以前の発売機種(SH07F、F07Fなど)を購入して「バリュープラン」に変更すれば、ガラケーに変えても月々サポートを受けられます。(こちらの記事が詳しく解説してます。 → 「いざ2台持ちへ!XiのスマホからFOMAのガラケーへ機種変更をしてきた – モバレコ

ガラケーに機種変更するなら、携帯メアドも変わらないですし、現在ドコモで2年縛りの契約をされている方も、違約金は取られません。

ガラケーとスマホの「2台持ち」をしなきゃいけないのが少しネックですが、電話やメールはガラケーで、ネットはスマホでという形にすれば、月々のスマホ料金を3,000円前後に抑えることができます。安い…!

・ドコモのガラケー(最安プラン):月1,971円(+通話料金)
・スマホ(DTI SIM 3GBプラン):月907円
=合計:月2,878円

電話をよくかける方は、電話かけ放題プランの方がいいかもしれません。それでも月4,000円以下でおさまります。

・ドコモのガラケー(かけ放題プラン):月2,680円(+メールのパケット代)
・スマホ(DTI SIM 3GB*プラン):月907円
=合計:月3,587円

これなら今使っているドコモのスマホ料金より、4,000円ほど安くなります。

ドコモの契約を残す場合の手続き

ドコモの契約を残す(ガラケーとスマホの2台持ちにする)場合は、まず格安SIMの「データプラン(*)」に申し込みます。

*データプランは、音声通話がないネットだけ使えるプランです。通話はドコモのガラケーでするので、音声プランより安いデータプランでOKなのです。

わたしの使っているDTI SIMは、データプランだと半年間無料でお試しすることができます。お得。
(※詳細 → 【DTI SIMレビュー】半年間無料の格安SIM「DTI SIM」を使った感想

先ほどと同様の手順で、申し込みフォームに進んで

20160828015

「DTI SIM データ半年お試しプラン3GB」を選べば、月額907円のデータプランが半年間無料で使えます。

SIMの申し込みが完了し、SIMが届いたら、ドコモのガラケーと身分証を持ってドコモショップに行き、スマホの契約をガラケーに変更します。

そしたら今まで使っていたスマホに新しく届いた格安SIMを挿して、先ほどと同様に設定すれば、今まで通りスマホでネットが使えるようになります。

最後に

個人的には、スマホとガラケーの2台持ちより、格安SIMに乗り換えてしまったほうが管理は楽だと思います。(電話番号もそのままで乗り換えられるので)

なお、テザリング(スマホの電波を使って、パソコンでネット接続する)機能を使いたい場合は、ドコモのスマホ端末だと使えないため、新たにSIMフリースマホを購入する必要があります。

この機会に新しいスマホに変えたいという方は、こちらの記事をご参照ください。
 ↓
2万円前後のおすすめ格安スマホは?人気のSIMフリースマホを徹底比較!

(今は機能の良いスマホがとっても安く売ってます…!)

格安スマホ(SIMフリースマホ)を安く買う裏技はこちら。
 ↓
格安スマホを安く買う裏技

格安SIMへの移行手続き自体はそこまで大変じゃないので、毎月4,000~5,000円(=年間約5万円)も節約できるなら、やらない手はないですね!
 ↓
DTI SIM公式ページ


人気ブログランキングへ

sponsored link

ブログの更新情報

当ブログの最新情報は、各SNSでお届けしています。
国内・海外旅行記や登山情報、格安旅行のコツ等もいち早くお知らせしています。
良かったら、いいね!&フォローで、一緒に旅行気分を味わってくださいね^^♪
 ↓
・Facebook


・Twitter


・インスタグラム
Instagram

コメント

  • 10ヶ月前に格安スマホにする前はガラケー+格安Simmのタブレットで結構使い勝手がよかったんですけど、ガラケーでのスケジュール管理が面倒でタブレットでのスケジュール管理。2台持ち→面倒→スマホに一本化になったんですね。
    今持っている5.5インチは中途半端、ネットはタブレットの方が断然見やすいし、バッテリーも強力だし。
     
    で、今の理想形は、4インチの防水高性能カメラ付きの格安スマホ+8インチSimmなしタブレットでWi-Fiまたはテザリング使用。
    これだと、スマホ1台のみでもコンパクトにすべて満足で緊急用にネットもできるし。
    早く変えたい……けどしばらくがまんします。
     

    by Crew €2016/03/01 22:27

  • > Crew さん
     
    なるほど~!確かに、ネットをたくさん見るならタブレットの方が見やすいかもしれないですね!わたしは荷物を減らしたいのでスマホしか使ってないのですが、タブレットだと電池の持ちがいいのは良いですね。スマホはバッテリーの減りが早いですもんね~^^;
     
    4インチの防水格安スマホって、ARROWS M02とかですか?(あれは、5.0インチかな?)防水の格安スマホってなかなかないですよね。

    by りりー €2016/03/02 21:09

  • 具体的にはXperia J1 Compactをイメージしてたんですけど、これ結構な古型のくせに、値段が高くてなかなか下がらないんですよ。人気が高いのかな。

    by Crew €2016/03/02 21:55

  • > Crew さん
     
    おぉ、Xperiaですか!カメラ、2070万画素はすごいですね~♪
    値段がなかなか下がらないってことは、やっぱりそれだけ人気の機種なんでしょうね!使うのが楽しみですね~^^

    by りりー €2016/03/02 22:38

down

コメントする




プロフィール

りりー

りりー

予算99万円で世界一周してきた、格安旅行情報ブロガー。
国内外の格安旅行情報や節約のコツをお届けしています。
詳しいプロフィール・おすすめの記事はこちら

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周後・体験談へ 



sponsored link

月別アーカイブ