旅行記ブログ:りり記

小笠原諸島に行くならツアー?小笠原を安く楽しむ小笠原旅行のコツ☆

time 公開日:2013/11/12   

世界一周を終えたわたしが、次に行ってみたかったのは、ずばり…
 

 
世界遺産の島、小笠原諸島でした。

 
実は、この小笠原諸島。「東京都」にあるにも関わらず、交通手段は週に1便ほどの「船」のみ。しかも、所要時間は片道24時間!!(;゚□゚)

…と、グアムやサイパンに行くより遠い(けど日本。しかも「都内」)なのです。
 
そんな「秘境」とも言える楽園に行ってきたので、今回は「小笠原旅行」についてのまとめ記事をお届けします♪

小笠原の位置や、行き方には興味がない方は、興味のあるとこだけ読んでくださいね☆(下記のクリックすると、それぞれの項目に飛びます)

 ↓


 
なお、「小笠原に行く予定はないけど、旅行記だけ読んでみたい」という方は、こちらの旅行記から読んでみてください~^^♪
 ↓
「いざ!世界遺産の島、小笠原諸島へ♪【小笠原旅行記①】」
 
 
では、早速!小笠原レポート☆スタート!!
 
 

小笠原の場所

まずは小笠原の位置なんですが…ずばり!!
ここにありまーす!
 ↓
小笠原位置.jpg
 
東京都心から南へ約1,000km。太平洋上に浮かぶ30余りの島々のことを「小笠原諸島」と言うそうです。
 
 
あ、これでも、一応「東京都」です。
 
 
 
東京からの船が到着する「父島」と、そこから、さらに別の船に乗って、約2時間揺られた先にある「母島」が、観光の拠点。
 
小笠原位置2.jpg
 
わたしたちは、今回「父島」と、その近くにある綺麗な島、「南島」へ行って来ました☆
 

小笠原への行き方

小笠原への唯一の交通手段は、なんと言ってもコレ!

 

 
ドドーン!!
 
 
「船」でーす!!\(*´▽`*)/
 
 
 
 
小笠原には飛行場がないため、24時間(!)もの間、船(フェリー)に揺られて行くことになります。
 
 
 
東京・竹芝桟橋から出ている「おがさわら丸」が、唯一の定期船。
 

東京を午前11時に出航し、小笠原(父島)には、翌朝の11:00に到着します。

※2016年7月追記

2016年7月より「新おがさわら丸」が就航開始しました。

それに伴い、以前は25時間半かかっていた運行時間が24時間に短縮されました。

船室も広く綺麗になったため、より快適な船旅が楽しめそうです♪
 

 

旅行のスケジュールの立て方

 
東京と小笠原を結ぶフェリー「おがさわら丸」(通称「おが丸」)は、だいたい6日間周期で運行されています。
 
 

そのため、小笠原に行くには、最低6日間は必要
 
 
6日間のスケジュールは、だいたいこんな感じ。

1日目:11:00 東京・竹芝発。船内泊。
2日目:11:00 小笠原・父島二見港着。お昼から小笠原を楽しむ♪
3日目小笠原を満喫♪
4日目小笠原を満喫♪
5日目午前中は小笠原♪15:30 小笠原発。船内泊。
6日目:15:30 東京・竹芝着。

 
つまり、島での滞在は、3泊4日となります。
(その間、船はずっと港に止まっています。来た船と同じ船に乗って帰るのです)
 
 
もっと長く小笠原にいたい場合は、2航海(乗って来た船ではなく、次に来た船で帰ること)にすれば、12~13日間、のんびり滞在することもできます。

※「おがさわら丸」の運行スケジュールはこちら
 

小笠原旅行のベストシーズンは?

 
海で遊ぶなら、水温の高い5~10月がベストシーズンです。
ただ、ザトウクジラを見たい場合は、冬が良いそう。
 
 
年末年始、ゴールデンウィーク、7~8月は、繁忙期となるため、宿や船、レンタカー等は早めの予約が必要です。
 
 
特に、お盆の時期は、混雑のピーク。乗船券や宿は、激しい争奪戦となるそうです。

小笠原諸島への旅行は高い?

 
えぇ、えぇ。
何を隠そう、小笠原への旅費は、高いのです!!
 
 
そりゃもう、下手したら、グアムやサイパンへ行くよりも、高いのですー!!(;゚□゚)ガーン!!
 
 
まず「都内」だというのに、交通費(船代)だけで、往復5万円近くします。
 
 
LCC(エアアジア)を使えば、東京⇔クアラルンプール(マレーシア)が往復約4万円の時代に、都内の移動だけでこの価格とは、なかなかのものですよね。
 
 
 
あ、ちなみに、これは「2等船室」と呼ばれる一番安いクラスの値段です。
 
 
20131112_01.jpg
 ↑
大広間に雑魚寝するスタイルが「2等船室」
 
 
個室で、きちんとしたベッドのある「1等船室」の場合は、倍の金額。つまり、往復で10万円以上。
 
 

 ↑
1等船室。
 
 
バス・トイレ・テレビ付きの「特等船室」ともなると、往復12万円以上。
 
20131112_03.jpg
 ↑
特等船室。
 
 
まぁ、なかなか高額ですよね。
 
 
 
ちなみに、1等ほどの値段は出せないけれど、大広間で雑魚寝はイヤ!という方は、「特2等船室」(往復で約7.6万円)がいいかもしれません。
 ↓

 
カーテンで仕切れるベッドのため、ちょっと個室風になります。
 
 
 
なお、一番安い「2等船室」でも、女性限定の場合は、「レディースルーム」に行くと、多少落ち着いて寝れるかもしれません。女性限定の部屋なので、知らないおじさんに囲まれて寝ずにすみます。(人数に限りがあるようなので、船のスタッフの方に聞いてみましょう)
 

※2016年7月追記

新おがさわら丸になり、船室が大きく改善されました。
 

 
一番安い「2等和室」も頭の部分に仕切りが設けられ、前より広くなった感じです。
 
 
また新たに設けられた「2等寝台」は、プライベート空間の確保できる上下二段ベッド(コンセント付)となっており、とっても快適そう。
 
 

 
料金も「2等和室」とそこまで変わらないので、断然「2等寝台」の方が良さそうですね。
 
 
乗船券を購入するには、
・小笠原海運に直接来店するか、
・電話で予約して、船の代金を振込みます。
 
最近はインターネットでの購入も可能になったそうです。
 
※「おがさわら丸」乗船券の購入法はこちら

旅費の相場

 
一般的な6日間の旅行の場合、先ほどの船代に、島での宿泊費(3泊)、食費、お土産代、ツアー代などを含めると、一番安い2等船室で行っても10万円~15万円ほどになると思います。
 
 
ただ、もっと良いクラスの船室で行ったり、高めのホテルに泊まったり、多くのツアーに参加したりすると、これよりさらに高い金額になるでしょう。
 

小笠原へ行くのって大変?

 
さて、このように書くと、「旅費も高いし、船旅も長いし、小笠原ってちょっとハードル高いな~(´Д`;)」と思われるかもしれません。
 
 
…実に、その通り!!
 
旅費も高いし、長い船旅はキツいし、はっきり言って、飛行機でピューンと行ける安いサイパンツアーの方がラクです。やっぱり遠くの日本より、近くの海外!!
 
 
…と言いたいところですが。
 
 
実際に行ってみて思いました。
 
「それでも、小笠原には行く価値がある!!」と。
 
 

 
どこまでも透き通った綺麗な海に、
 
 
 

 
美味しい料理、
 
 
 

 
優しい島の人びと。
 
 
行くまでのハードルが高いからこそ、人もそれほど多くなくて、のーんびりできます。
 
 
シーズンにも寄りますが、ときには綺麗なビーチをひとり占め…なんてことも♪
 

 
 
いくら綺麗なビーチでも、人がゴチャゴチャあふれ返っていたら、落ち着いて過ごせないですもんね。(もちろん、ハイシーズンは多少混みあうかもしれませんが)
 
 
では、そんな小笠原へ、できるだけ安く行く方法もご紹介しときましょう♪

小笠原に安く行くには?

 
小笠原旅行に行く方の多くは、乗船券と宿泊代がセットになった「おがまるパック」に申し込んで行くのではないでしょうか?
 
 
この「おがまるパック」は、
・東京~父島間往復2等運賃
・民宿またはホテルの宿泊費(朝・夕食事付き)

がついて、6.5万円~と、なかなかお得なセットとなっています。
 
 
ただ、宿が限られているため(*1)、ハイシーズンは、人気の宿から予約が埋まってしまいます。
 
*1:おがまるパックの宿の一覧はこちら
 
 
実は、わたしたちも予約するタイミングが遅かったせいで、希望の宿を予約できず、このパックをあきらめたんです。…が!意外とこれが正解でした♪
 
 
というのも、「おがまるパック」で予約すると朝晩・食事付のプランになるため、お得ではあるんですが、外食の機会が減ってしまうんですよね。

わたしたちの場合は、いろんなお店のご飯を楽しみたかったので、素泊まりOK(食事なしの宿泊可)の宿を調べて予約しました。結果的に、毎食いろんなお店の料理を試せて、とても楽しかったです^^♪
 
 
…と言うわけで、小笠原にできるだけ安く行きたい方は「おがまるパック」を早めに利用するか、より安く泊まれる素泊まりの宿を調べて、予約するのがオススメです。

小笠原のホテル(宿)の選び方

小笠原で宿を選ぶときは、できるだけ船着場の近くである「大村」地区にある宿にすると、良いです。(特に、外食したい場合)
 ↓

 
 
この地区に、レストランやスーパーなどが集中しているのです。…ていうか、この地区以外はなーんにもない感じです(笑)。(逆に、なーんにもない静かなところが良い場合は、大村以外のエリアでも良いんですけどね)

ホテル(宿)の宿泊費、相場

宿の値段は、
・素泊まりの民宿が、5,000円前後~
・ホテルなら2食付きで1万円以上

…というのがだいたいの相場です。
 
 
…まぁ、そんなに安くはないですよね。
 
 
でも、安く抑えたいからって、キャンプ場を探してもムダ!そんなの小笠原にはありませんっ!!
 
 
なぜなら、小笠原ではキャンプや野宿が一切禁止!!(*)だから。
 
 
*:キャンプ禁止:小笠原には消防車が少ないのと、水が少ないのとで「たき火から火事になったときに、対処ができない」という理由で、キャンプや野宿が禁止なんだとか。
 
 
そのため、事前にちゃんとした宿を予約しておかなければなりません。
(まぁ、わたしも最初、キャンプ場探したんですけどね。笑)
 
 
あ、一人旅の方で安い宿がいい方は、ドミトリーで良ければ、4,000円前後の宿もあるようです。
 
 
※大村地区の宿は、こちらのサイトが詳しいです。こちらのページでは、予約の空き状況もチェックもできます。数は少ないですが、楽天トラベルにも、いくつか小笠原の宿が掲載されています。
 
 
 
 
小笠原は客室数の少ない宿が多いため、繁忙期は特に、早く予約が埋まってしまいます。
 
 
わたしたちが行ったのは10月だったのですが、予約した船が、たまたま大島に寄る船便(←めったにない)で、大島からの団体客が来るとかで、数週間前に予約の電話をしたときには、既に「満室」という宿が多かったんです。
 
 
そんなわけで、何件も電話をかけて、ついに予約できた宿がこちら、
 

 
民宿「がじゅまる」です。
 
 
こちらの宿は、港のすぐそばにあって、どこへ行くにも便利な場所でした。宿のおばちゃんも優しくて、親戚の家に遊びに来たようなアットホームな良い宿でした。

しかも、素泊まりなら一人1泊4,500円という格安さ♪
安く小笠原旅行したい方には、とってもオススメです^^☆
 

小笠原に行く前にやっておくべきこと

「船」と「宿」の予約が済んだら、「レンタカー(バイク)」「ツアー」の予約もしておくと安心です。
 
特にレンタカーは台数が少ないため、繁忙期は早めの予約が必須です。
 
 
小笠原には、電車なんてもちろんなく、バスも1~2時間に1本しかないので、自由に動きたいなら、レンタカー(バイク)があると便利です。(レンタサイクルもあるのですが、アップダウンのある山道も多いので、すーぐ疲れちゃいます)
 
 
わたしたちは、小笠原観光(有) ってとこで、レンタバイクを借りました。
 

 
2人乗りの125ccバイクが、3日間(72時間)のレンタルで、7,500円。安い!(「ホームページの割引きページを見ました」と言うと、10%オフで借りられます♪)
 

小笠原の遊び方

 
小笠原を遊びまわるには、ツアーに参加するのが一般的なようです。
 
・クジラを見るツアー
・イルカと泳ぐツアー
・スキューバダイビング
・シュノーケリング
・シーカヤック
・釣り
・ハイキング
・島内観光
・ナイトツアー …などなど。
 
小笠原には数多くのツアーがあります。
 
 
特に、シュノーケリングやトレッキングのツアー、またオガサワラオオコウモリや「グリーンぺぺ」(光るキノコ)を見に行くナイトツアーなどが人気です。
 

 ↑

グリーンペペ
 
 
わたしたちは、基本的に団体行動が苦手 マイペースに観光したい派なため、あまりこういうのは参加しないのですが、1つだけ参加したツアーがあります。それが…
 

 
南島(みなみじま)上陸ツアー
 
 
 
南島って言うのは、国の天然記念物に指定された島で、小笠原諸島随一の景勝地とも言われている場所なのです。
 
 
しかし、
・1日の上陸可能人数は100人まで
・ガイドの同行が必要
・ 最大利用時間は2時間

…など、入島には制限があるため、ツアーに参加しないと行くことができない島なのです。
 
 
そこで、こちらも小笠原観光にて、半日コース(到着日の午後のコース)に申し込んでおきました。
 
小笠原の人気ツアー・一覧はこちら。
 

小笠原って、携帯つながるの?

 
ドコモ、au、ソフトバンクなら、つながります♪
イーモバイルとかWimaxはダメです。
 

小笠原旅行の持ち物リスト

【 洋服 】
 
小笠原は1年中温暖のため、夏はTシャツ、冬も薄手の長袖でOKです。日差しが強いので、帽子かサングラスを持っていくと便利です。
 
□ Tシャツ
□ 短パン・ズボン
□ 長袖
□ 薄手のダウン
□ 下着
□ 靴下
□ 帽子
□ 水着
□ ビーチサンダル
□ スニーカー(トレッキング用)
 
 
【 電子機器 】
 
 □ カメラ(防水カメラ)
 □ SDカード
 □ 携帯電話
 □ 各種充電器
 □ 延長コード…船の中で、コンセントが遠いときに便利。
 □ 電源タップ
 □ 腕時計
 
 
【 生活用品 】
 
 □ 歯ブラシ、歯磨き粉
 □ タオル 
 □ ティッシュ
 □ 石鹸、シャンプー…船の中でシャワーを浴びる場合。
 □ 日焼け止め
 □ 化粧水、コスメなど
 □ バンドエイド
 □ 酔い止め薬
 □ 折りたたみ傘
 
 
【 書類・カード類など 】
 
 □ 乗船券
 □ 免許証…レンタカー(バイク)をする場合
 □ ガイドブック
 □ 財布
 
 
【 その他 】
 
 □ 船の中での暇つぶし道具(本、音楽プレイヤー、ゲームなど)
 □ ご飯、おやつ
 □ ビニール袋
 □ 筆記用具  …など。
 

最後に

年間を通して暖かい小笠原。まるで海外の南の島に来ているかのようでした。

ちなみに、水着を着る機会が増えるので、ムダ毛の処理はお忘れなく。
最近はお手頃価格の脱毛サロンもあるので、事前に脱毛しておくと安心です。

このサロンは、全身脱毛の価格が安い上に、施術が丁寧と評判です。(今なら手の脱毛が無料で体験できます)
 ↓
キレイモ

***
 
次回からは、小笠原の旅行記をお届けします♪
 
「おがさわら丸」の船内の様子や、小笠原の綺麗な景色、美味しいご飯に、島の見所…など、写真たっぷりでお送りするので、お楽しみに~(*´▽`*)
 
次の記事「いざ!世界遺産の島、小笠原諸島へ♪【小笠原旅行記1:船旅】」につづく。
 
 

人気ブログランキングへ
 
 
●こちらの記事も人気です
モルディブ新婚旅行に行く前に知っておきたかった10のこと
新島のオススメ観光スポット・旅行の費用など【新島旅行情報まとめ】
山ガール初心者のためのオススメ登山グッズ&槍ヶ岳持ち物リスト
 

sponsored link

ブログの更新情報

当ブログの最新情報は、各SNSでお届けしています。
国内・海外旅行記や登山情報、格安旅行のコツ等もいち早くお知らせしています。
良かったら、いいね!&フォローで、一緒に旅行気分を味わってくださいね^^♪
 ↓
・Facebook


・Twitter


・インスタグラム
Instagram

コメント

  • りりちゃん(≧∇≦*)
    新婚旅行で秘境なんて、りりちゃんらしい
    ブログのアップ、楽しみにしてます~

    by あさみ €2013/11/14

  • 初めまして♪
    高田純次のテレビを見て以来、コメントもせず、地味に愛読させていただいておりました。
     
    なかなか長期にわたって会社を放り投げるわけにもいかず、世界一周は生まれ変わってからの目標にしてますが、ちょくちょくプチ海外で息抜きをしています。
    行ったからって特段何をするわけではないのですが、その地の当たり前の日常のなかに身を置いて短期間でもそこの人々と同じようにそこに暮らすのが好きですね。
     
    自分のことはさておき、りりーさんの旅スタイル、凄く好きです。
    今回はまた、行けそうで行けないとこ、いきましたねー!
     
    どちらのブログも更新楽しみにしてます♪
     
     
    あ、ご結婚おめでとうございます♪
     

    by m2004 €2013/11/17

  • >あさみ さん
     
    コメントありがとうございますっ(≧▽≦)
     
    小笠原、ずーっと行ってみたかったんですよ~☆
    とってもステキな場所でした♪同じ東京都だとは思えないくらい…!
     
    ちょっとずつ旅の様子も書いていきますね^^

    by りりー €2013/11/17

  • >m2004さん
     
    初めまして☆
    うふふ^^地味に愛読して下さってたなんで、嬉しいです♪
     
    プチ海外もいいですね!
    わたしも、まさしくm2004さんのような旅のスタイルが好きです。いろいろとアクティビティを詰め込むよりは、ゆったりと散歩して、その町の空気感を感じたり、現地の人が行くようなレストランに行って、地元の食材を楽しんだり…^^
     
    小笠原も最高でしたよ!機会があれば、ぜひ☆
    これからもどうぞよろしくお願いします^^♪

    by りりー €2013/11/17

  • 小笠原諸島旅行記、読ませていただきましたー。実はですね、6/16から父島に行くことにしまして色々と情報を集めていました!!すごく参考になったのと、父島への期待度がグググと上がってですね、楽しみで仕方ありません。楽しんできまーす♡

    by 鈴木脩平 €2016/06/11

  • >鈴木脩平さん
     
    旅行記読んでくださって、ありがとうございます!6/16ってことは、もうすぐですね~!楽しみですね♪
    小笠原、本当に良いところだったので、思いっきり満喫してきてくださいねっ!(≧▽≦)

    by りりー €2016/06/11

  • 最近小笠原諸島に興味を持ち、来年旅行で行こうと思って調べてたらこちらのブログにたどり着きました!(^~^♪ とても楽しいブログで雰囲気が伝わりました♡ 参考にさせて頂きます♡

    by かりん €2016/09/21

    • >かりんさん

      来年、小笠原へ行かれるんですね♪
      うれしいお言葉ありがとうございます!^^
      楽しい旅行になりますように…☆彡

      by りりー €2016/09/21

down

コメントする




※コンピューターによるスパム投稿を防ぐため、コメントは承認制となっています。(コメントが表示されるまでに、少し時間がかかることがあります)

プロフィール

りりー

りりー

予算99万円で世界一周してきた、格安旅行情報ブロガー。
国内外の格安旅行情報や節約のコツをお届けしています。
詳しいプロフィール・おすすめの記事はこちら

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ 



sponsored link

カテゴリー

月別アーカイブ