旅行記ブログ:りり記

小笠原・南島のツアーに参加。そこはまさに地上の楽園でした!

time 公開日:2013/12/02   

父島の南西にある「南島」は、国の天然記念物に指定されている無人島で、小笠原でも一番の絶景スポットと言われています。

しかし!

南島に上陸ができるのは1日100人まで。ガイドの同行が必要で、島に滞在できる時間は最大2時間までという厳しい制限があります。

今回は、そんな南島へ行くツアーに参加した時のレポートをお届けします。

※小笠原旅行記を最初から読みたい方はこちらからどうぞ。
 ⇒「小笠原諸島に行くならツアー?小笠原を安く楽しむ小笠原旅行のコツ☆


南島ツアーへ出発!

 
集合時間の13時に、ツアー会社に行って、


 
フィンやマスクを合わせた後、車に乗りこみました。
 
 

 
車内では、ガイドさんが今日のツアーについて説明してくれます。
 
 

 ↑
こういうイルカに会えるらしい!
 
わーい!楽しみ~\(*^▽^*)/
 
 

 
車に乗って、3分もしないうちに、港に到着。
 
 
 
 

 
エメラルドグリーンの海に感動しつつ、小船に乗り込みます。
 
 
 

 
これが、わたしたちの船「ドリーム号Ⅲ」
 
 
 
 
船の中では、別のガイドさんがツアーの注意事項を説明します。
 

 
 
全部で5回泳げますが、それ以上は泳げません。
 5回全部泳がなくても、何回かお休みしても大丈夫です」
 
「気持ちが悪くなったら、トイレで吐かずに、海に吐いてください。
 トイレで吐くと、匂いがこもって、ますます気持ち悪くなります。
 海に吐けば、お魚さんたちが、喜んで食べてくれます」
 
「今日は波が荒いので、南島には、上陸できないかもしれません
 
 
 
 
うん、なるほどね。
 
 
 
…って、え?!えっ?!
み、南島、行けないの?!(;゚□゚)ガーン!!
 
 
 
 
実は…わたしたちが、小笠原で一番行きたかった場所が、この南島だったのです。
 
 
 
しかし、南島へ上陸するには様々な制限があるため、ガイドの同行するツアーでないと行けないのです。
 
 
そこで、この南島上陸ツアーに申し込んだわけなんですが…!南島へ行くには途中、岩と岩の間を通らなきゃ行けないらしく、その道が、かなり狭いそうなんです。

で、波が荒い日だと、なんと!船が岩に衝突しちゃうかもしれないんだって!!こわーっ!!(≧Д≦)
 
…うん、行かなくてもいっか。。危ないの、嫌だし!(´▽`)

小笠原の綺麗な海と魚たち

 

 
それにしても、海が綺麗だな~!
 
 

 
 

しばらく進むと、船が止まりました。
 

 
ここで1回目のシュノーケリング・タイムだそうです。
 
 
 

 
乗客のみんなは、のろのろと用意して、海へと入っていきました。
 
 
 
あいにく、お天気がイマイチで少し肌寒かったため、わたしは、今回は船の上で見学することに。まだ、あと4回ももぐるチャンスがあるんだから、もっと晴れてきてから、入ればいいのです。(´ー`)v
 
 
 
 

 
それにしても、すごい透明度!
 
 

 
船の上からでも、たくさんの魚たちを見ることができます。
 
 
 
 
旦那さんは、水中カメラでたくさん、魚の写真を撮っていました。
 

 

 

 
魚、多いな~っ!!

地上の楽園、南島への道

 
シュノーケリングの後は、波の様子を見に、南島の近くへ行ってみることに。
 
 

 
そして、ついに難関の狭い場所にたどり着きました。
 
 
波は、けっこう荒いです。
 

 
…だ、大丈夫かな??(´ー`;)
 

 
 
わたしの心配をよそに、果敢な船長は、この波に挑戦することにしたようです。
 
 

 ↑
船長。
 

乗客は、スタッフの指示に従って、前の方につめて座り、
 

 
全体のバランスを取るため、男性陣は船の両サイドに立って、スタンバイ。
 

すると、船は一気にスピードを上げて、岩の間をめがけ突撃しました。グワングワンと船体を大きく揺らしながら、船は前に進みます。ドキドキ…!(;゚□゚)
 
 
 

 
船は、なんとか岩の隙間を抜け、静かな入り江にたどり着きました。
あー、緊張した。(´Д`) =3
 
 
 
 
通り抜けた瞬間、誰からともなく、果敢な船長をたたえる拍手が沸きあがりました。
 

 ↑
「皆様、ありがとうございます」と、嬉しそうな船長。
 
 
南島には、船着場がないため、船の舳先から岩の上へと上陸します。
 
 

 
 
 

 
岩はかなり鋭くとがっているため、
 
 

 
ケガをしないように注意しながら登っていきます。
 
 
 

 ↑
あ、カニだ。
 
 
 
 

 

 

 
しばらく歩いて行くと…
 
 
 
 

 
ガイドブックで見たことのある景色に、たどり着きました。
 
 
 
台風の直後だったおかげで、誰の足跡もない綺麗な白砂ビーチが広がっています。
 

 
穏やかに輝く白砂と、美しいグラデーションを見せる海、そして、その上にかかるアーチ型の岩壁…。
 
 

 
まさに、自然の作り出した芸術作品でした。
 
 
 

 
寄せては返す波を見ていると、まるで、動くアートを見ているような不思議な気分になってきます。
 
 
 
ふと砂浜に目を落とすと、
 

 
のそのそ動く小さな生物が。
 
 

 
天然記念物の「オカヤドカリ」でした。
 
 

 
警戒心が強いのか、すぐ中に閉じこもってしまいます。
 
 
すると、ガイドさんは、そんなヤドカリを持ち上げ、
 

 
口の中へ。
 
 
え、えぇ~!食べちゃうの?!!(;゚□゚)キャー!!
 
 
…とびっくり仰天していると、なにやら「はぁーっ、はぁーっ」と息を吹きかけているようでした。
 
 

 
 
こうやって、温かい息を吹きかけると、ヤドカリは嫌がって、外に出てくるらしいです。
 
 
 

 

 
ヤドカリかわいい~(≧▽≦)
 
 
 

 ↑
こちらは、1,000年前に絶滅したといわれる「ヒロベソカタマイマイ」の化石。
 
 

 
今は、ヤドカリさんのお家にもなっています。
 

あら?
 

 
ふと気づくと、鳥がポツンと座っていました。
 
 
 
これは、何かの鳥の赤ちゃんだそうです。(何の鳥か忘れたけど)
台風のせいでお母さん鳥から、はぐれてしまったみたい…。
 
 
 

 
一人で、寂しそう…。でも、こういうのは人間が助けちゃいけない決まりになってるんだって。
 
 
 
「残酷ですが、この子はここを動くことができません。このまま死を待つしかないんです…」と言うガイドさんの言葉に、しんみりとするみんな。
 
 
 
 
そして…
 

 
一人が写真を撮ろうと少し近づいた、次の瞬間でした。
 
 
バサバサバサ…!!
 
 
鳥は、飛んでいきました。
 
 
「…え、飛べんじゃん!」という、みんなの心の叫びが聞こえた気がしました。
 
 
お母さんに会えるといいね。
 

イルカはどこだ?!


 

 

 

 

 
南島を満喫した後は、再び船に乗り、みんなでイルカを探すことに。
 
 

 
「海面に、チラッチラッと背びれが見えたら、そこがイルカの居場所です。みなさん、ちょっとでもあやしいと思ったら、すぐに教えてください」という船長の言葉にしたがって、みんな必死でイルカを探します。
 
 
 

 
どこだ?
 
 

 
どこなの?
 
 

 
イルカちゃん、どこ?!
 
 
 


 
…全然いないっす。
 
 
 

 
なんか、日が暮れてきたね。
 
 
 
 
結局、わたしたちはイルカを見つけられないまま港に戻り、ツアーは無事終了したのでした。
 
 

 
 
…って、え?あれ?
 
 
5回もぐるんじゃなかったっけ?1回しか、もぐってないんだけど?
(むしろ、わたしなんて1回も、もぐってないんだけど!
 
 
そんな疑問を残しつつ、宿に帰ったのでした。
 
 
 
*南島の上陸とイルカの捜索に時間がかかったため、もぐる時間が少なくなってしまったようです。今後ツアーに参加される方は、遠慮せず最初からどんどんもぐるのが、オススメです☆
 

小笠原の名物料理


 
夕飯は、父島の人気店「チャーリーブラウン」で食べることにしました。
 
 
 

 
オシャレな雰囲気の店内。
 
 

 
料理もオシャレで、とーっても美味しいです^^♪
 
 

 

 

 
 
 

 ↑
これは、ウミガメのお刺身。ウミガメ料理は、小笠原の伝統料理なんだそうです。食べてみると、馬刺しのような味でした。馬刺し食べたことないけど。(ぶっちゃけ、マグロの刺身の方が美味しいな、と思いました)
 


 ↑
この「メカジキのステーキ」は、最高に美味しかったです♪オススメ!
 

次回:「【小笠原の観光地図】父島の観光スポットを一周してみた!」へ、つづく…^^
 

人気ブログランキングへ
 

ブログの更新情報

当ブログの最新情報は、各SNSでお届けしています。
国内・海外旅行記や登山情報、格安旅行のコツ等もいち早くお知らせしています。
良かったら、いいね!&フォローで、一緒に旅行気分を味わってくださいね^^♪
 ↓
・Facebook


・Twitter


・インスタグラム
Instagram

down

コメントする




※コンピューターによるスパム投稿を防ぐため、コメントは承認制となっています。(コメントが表示されるまでに、少し時間がかかることがあります)

プロフィール

りりー

りりー

予算99万円で世界一周してきた、格安旅行情報ブロガー。
国内外の格安旅行情報や節約のコツをお届けしています。
詳しいプロフィール・おすすめの記事はこちら → 「りり記とは

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ 

カテゴリー

月別アーカイブ