旅行記ブログ:りり記

小笠原の超おすすめ絶景スポットと、父島の秘境「ジョンビーチ」

time 公開日:2013/12/14   


 
※小笠原旅行記を最初から読みたい方はこちらからどうぞ。
 ⇒「小笠原諸島に行くならツアー?小笠原を安く楽しむ小笠原旅行のコツ☆
 

小笠原の秘境ビーチ

純白の砂浜が広がる美しいビーチがあると聞いて、ぜひ行ってみたいと思ったのですが、ちょっと遠いようなのです。
 
聞くところによると、2時間ほど、山を登ったり下ったりした先にある秘境ビーチなんだそう。

 
「往復4時間のトレッキングか…やっぱやめようか(´Д`;)」
 
わたしがそう言おうとした瞬間、旦那さんは言いました。

 
「よし!せっかく小笠原に来たんだから、行こう!行かないと、後で後悔するよ!!」

 
…そんなわけで、しょうがなく張り切って、山登りに行くことにしました。

扇浦で買い物?

早速、小港海岸からバイクを10分ほど走らせて、「扇浦」というところへやってきました。
 

 
なんせ、ジョンビーチへ向かう山道には、コンビにも売店も、自動販売機もありません。往復4時間もの間、お弁当はおろか、飲み物を買うことすらできないのです!

 
そこで、ここ扇浦に、お昼ごはんを買いにきたのです。
 

 ↓(□で囲ってあるとこ)

 
 
…が!

 

 
全然お店なかった…!!

 
商店の一つや二つあるでしょ~と思って探したんですけど、ホントなーんもないです。

 

ビーチの前に、ちょっとステキ休憩スポットがあるくらいのものでした。

 
 

とりあえずバイクを走らせ、商店を探しますが、お店らしきものは全く見当たりません。

 
結局、町一番の繁華街、大村地区に戻って来ました。
 


 ↑
町一番の繁華街。

 
 
ほんと父島は、大村地区以外なーんにもないみたい。

※後で地元の人に聞いたら、扇浦の周辺に小さい商店があったらしいです。目立たなすぎた…!(笑)
 

山登り用に、スーパーでお水を買いこみ、
 
 

お弁当も買って、小港海岸まで戻ります。
 
 
※大村から小港海岸までは、バイクで約20分でした。

小港海岸から先は、車が通れない山道のため、ビーチまでの約2時間は歩かないといけません。
 
 
地図で見ると、車の通れる道は⑧小港海岸まで。
 ↓

そこから先は、⑨「ジョンビーチ」まで約2時間、ひたすら山道を上り下りしないといけないのです…。

ジョンビーチへのトレッキング

さぁ!いよいよ、トレッキング開始です!

 
まずは、「玄関マット」…じゃなかった。「種子除去装置」(←名前だけはカッコイイ)で、靴についた種を取り除きます。
 

これは、貴重な小笠原の固有種を守るための対策なんだって。

 

そして、行き先の書かれた筒に、1人1個の石を入れます。なんかの調査かな。

ジャングルをしばらく進んで行くと…

突然の行き止まりでした。

 
あらま。残念だけど、行けないなら行けないで良かったな~っていうか、行くのめんどくさいし、往復4時間の歩きって結構きついし、逆に良かったかも~(´▽`) ホッ
 
 
なんて思ってたら、これノヤギ侵入防止の柵でした。
…あ、人間は通れるのね。(´▽`;)

 
 
ちなみに、小笠原には、たくさんのノヤギが住んでいるそうです。
 
 
過去に食用として持ち込まれたヤギが野生化したんだって。
 
 
でも今じゃ、野菜を食べ散らかしたり、森林を破壊するからってことで、厄介物扱いされてるっぽいです。なんかかわいそうね。
 
 

はぁはぁ言いながら、山道を登っていくと…

おぉ~!!!

超きれい~☆

ここは、「中山峠」というところで、絶好の展望スポット

景色がよくて、気持ちいいです。

下を見ると、エメラルドグリーンの透き通った海が、雲の影を映して、刻々とその表情を変えていました。
 

何時間でもボーっと眺めていたくなるような景色でした。

          ↑
この珍しい実をつけた木は「タコノキ」という木だそうです。小笠原では、そこかしこで見かけます。「タコノキ」の木の実は、ネズミの大好物なんだそう。
 
 

          ↑
これも、だいぶネズミに食べられちゃってますね。

ブタ海岸

 
しばらく山道を下って行くと、

 
 

「ブタ海岸」と呼ばれる海岸に到着。

 

ちょうど良いテーブルがあったので、ここでお弁当を食べることにしました。

おかずたっぷりのお弁当♪美味しい~!

ふと、視界の隅で動く物がいるなーと思ったら…

天然記念物、ムラサキオカヤドカリでした☆

近くでカメラを向けると、すぐ殻に閉じこもってしまうのですが

しばらくじっと観察していると…

ゆっくり出てきて

のそのそと動き出します。

かわいい☆

よく見ると、目がけっこう飛び出ていて、とってもキュート♪
 

 
さて、お腹もいっぱいになったところで、いよいよジョンビーチへ向かいます。
 
 

この山を越えねばならぬのです。うぅ…しんどそう(´Д`)

海岸沿いを、左のほうにまっすぐ進んでいくと、
 

わかりずらい木陰に、標識を発見。

(この入り江の近くです)

そこからは、ひたすら山道を歩いていきます。



途中、良い木切れを拾いました。



杖に最適♪


テクテク。

ジョンビーチ

小港海岸から歩くこと2時間半。ようやく…

 

ジョンビーチに到着しました~!!

はぁ、疲れた。(o´Д`)=з

でも、汗ダラダラで暑いし!わざわざ重たいシュノーケリングセットも持ってきたことだし!早速、海に入るぞ~!!! (≧▽≦)


ザッパーン!!!!

 
 
…な、波強すぎ~!!(´▽`;)ヒェー!!
 
 

先日の台風のせいか、シュノーケリングをするには、ちょっと波が強すぎました。

…というわけで、
 

ひたすら海を眺めたり、

天然記念物を眺めたり。。



この子は、かなりビッグサイズでした。

お天気はイマイチだったけど、ジョンビーチには確かに、
 

キメの細かい白砂が広がっていました。

 
ビーチで少しのんびりした後は、急いで帰ります。日が暮れそうだったので、もくもくと早歩き。
 

帰りは休憩なしで、早歩きしたおかげで、ジョンビーチから小港海岸まで1時間半で帰って来れました。
 
※行きは休憩込みで、約2時間半でした。

 
 
結局、ジョンビーチでは泳いだりはしなかったので、ぶっちゃけ、往復3~4時間のトレッキングをしてまで、行く価値があるのかはわからないですが…
 

  ↑ 
中山峠までは、絶対行く価値があると思います♪最高の景色が見れるので☆
 
 
ちなみにシュノーケリングをするなら、「コペペ海岸」のほうがおすすめです。 → 「小笠原のおすすめシュノーケリングスポット

※ジョンビーチに行かれる方は、少し重いですが、多目の水(&食料)を持っていかれることをオススメします。2人で約3Lの水を持って行ったため、十分(むしろちょっと多いかな)と思ってたんですが、足りないくらいでした。夏場は、1人につき2L以上の水があったほうが安心です。
 
 
次回:「奇跡の「グリーンフラッシュ」を求めて、小笠原の三日月山展望台へ!」へ、つづく…^^
 

人気ブログランキングへ

ブログの更新情報

当ブログの最新情報は、各SNSでお届けしています。
国内・海外旅行記や登山情報、格安旅行のコツ等もいち早くお知らせしています。
良かったら、いいね!&フォローで、一緒に旅行気分を味わってくださいね^^♪
 ↓
・Facebook


・Twitter


・インスタグラム
Instagram

down

コメントする




※コンピューターによるスパム投稿を防ぐため、コメントは承認制となっています。(コメントが表示されるまでに、少し時間がかかることがあります)

プロフィール

りりー

りりー

予算99万円で世界一周してきた、格安旅行情報ブロガー。
国内外の格安旅行情報や節約のコツをお届けしています。
詳しいプロフィール・おすすめの記事はこちら

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ 

カテゴリー

月別アーカイブ