旅行記ブログ:りり記

【龍山寺情報まとめ】龍山寺の行き方や参拝方法、おすすめグルメなど

time 公開日:2017/06/08   

台北屈指のパワースポットと言われる「龍山寺(りゅうざんじ / ロンシャンスー)」。

恋愛(縁結び)や学業、健康、子宝、商売繁盛…など様々なご利益があると評判です。

境内では地元の人々が熱心にお経を唱えていて、お寺全体が神聖な雰囲気に包まれていました。

今回は、そんな龍山寺の行き方や参拝方法、おみくじの引き方など、わたしが龍山寺に行く前に知っておきたかった情報、知らなくて後悔した情報をまとめてお届けします!

龍山寺とは

龍山寺は1738年創建の台北で最も古いお寺。

仏像だけでなく、道教や民間信仰の神様など、大小合わせて100以上の神様が祭られています。

< 龍山寺情報 >
・住所:廣州街211號
・電話:(+886) 223025162
・時間:6:00~22:00
・定休日:なし
・拝観料:無料

龍山寺へのアクセス

龍山寺はMRT(地下鉄)の龍山寺駅から、徒歩3分のところにあります。(1番出口から出ると近いみたい)
 


お、ありました! これが、台北で最も歴史の深いお寺の門です。


…ん?


なんか、文字がピカピカしとるぞ…?


まさかの電光掲示板。

荘厳な門と、現代テクノロジーの斬新なコラボです…! 新たな文化を見た気がしました。
 

山門から一歩足を踏み入れると


正面には、立派な前門がありました。


細かいところまで美しい装飾が施されています。


右手には人口の滝が流れていました。


なかなかの迫力。きれいだな~。


水面は、泡だらけだけど。


滝を鑑賞したら、右手に進みましょう。


龍山寺は、向かって右手が入口、左手が出口となっているのです。
 

中へ入ると、


豪華な本殿がそびえていました。


見事な装飾です。


人々はお経を唱えたり、


熱心にお祈りしたり


ロウソクに火を灯したりしています。


みんなの合唱しているお経が、日本のお経より明るい感じのメロディーで、聞いているだけで心が癒されていきました。

こんな感じのお経。
 ↓

せっかくなので、わたしたちもお参りしていくことにしました。

龍山寺の参拝方法


まずは、入り口のすぐ右手にある売店で、必要アイテムをゲットします。

線香3本とロウソク2本:5元(約20円)

線香3本とロウソク2本:5元(約20円)


ロウソクに火をともしたら、


燭台にお供えします。


次に、火をつけた線香を両手で持ったら、


心の中で自分の ①名前 ②住所 ③生年月日 ④願い事 の4点を神様に伝えます。

ちなみに日本の神社も、お願い事をするときは名前と住所を伝えますが、台湾では生年月日も言うので、お忘れなく。
(※参考 → 「初詣の前に知っておきたい!【神社の正しい参拝法】


願い事を言ったら、線香を頭上に掲げて、3回拝礼します。

そしたら、こちらの金色の香炉に、線香を1本投げ入れます。
 ↓

本殿に進んで同じように参拝したら


本殿前の香炉に線香をさします。

右側へ進んで、

後殿の神様に参拝したら、


香炉に線香をさしましょう。

…という流れだったんですが、2017年5月から3基あった香炉が1基に集約されたみたいなんですよね。
 
これは線香の煙が大気汚染の原因となるため。健康への影響も考えて、香炉を減らす動きになったのだとか。

もともとこの香炉は7基あったのですが、2015年に3基に減らされ、ここにきて1基に削減されたそうです。

なので、今後は火をつけた線香を持って境内を一巡し、最後に線香を香炉に入れる、という流れになるとのこと。

よくわからなかったら、他の人たちがやっているのを見て、真似しましょう。

龍山寺の神様

龍山寺は、本殿には仏教の神様、奥の後殿には道教などの神様が祭られています。その中でも、特に人気の神様をご紹介しましょう。

1. 観世音菩薩


まずは、龍山寺のご本尊である観世音菩薩(観音さま)です。

<span style="font-size:0.85em;">Source: www.lungshan.org.tw</span>

Source: www.lungshan.org.tw

龍山寺は、第二次世界大戦の空襲で焼夷弾(しょういだん)の直撃を受けたのですが、この木像の観音さまだけは、無傷でした。

そのため空襲が始まると、近くの住民はいつも、この観音さまの元へ避難してきたそうです。

激しい空襲にもかかわらず、観音さまのもとに避難してきた人々は、無事でいられたのだとか。観音様パワー、すごいな。

2. 文昌帝君


後殿の右手に祭られているのが、学問の神様「文昌帝君」です。

Source: www.lungshan.org.tw

受験生に大人気の神様で、毎年多くの学生やその保護者たちが訪れるそうです。

神様のすぐ前にある「准考證影本放置處」というところに、受験票のコピーを投函して合格を祈願するんだとか。
 ↓

3. 月老神君


後殿の左手に祭られているのが、女子に人気の神様「月老神君」です。

Source: www.lungshan.org.tw

縁結びの神様として有名な「月老神君」。ここでおみくじを引いて、神様からOKが出たら、運命の赤い糸をいただくことができます。
(月老神君のおみくじのやり方は後述します)

おみくじのやり方

わたしが龍山寺に来る前に、最も知って起きたかった情報は、このおみくじのやり方です。(参拝方法は調べていたんですが、おみくじについては調べていなかったのです…)

後で知りましたが、龍山寺のおみくじは無料。しかも当たると評判らしいのです。


そういえばみんな赤い物体を、熱心に床に落としていたんですよね。


カランコロンと床に落ちる物体をよく見ると、半月型の木片でした。


この赤い木片を、みんな何度も何度も床に落としているのです。後で調べたら、これは神様におみくじを引いてOKか、お伺いしているところだったのです!

この木片には裏表があって、

このように「表と裏」の両方が出れば、おみくじ(長い棒の束)を引いてOKになります。
 ↓

具体的なやり方は、こちら。

1、両手で赤い木片をはさみ、神様に自分の名前、住所、生年月日を告げる。
2、願い事(質問)を神様に告げ、木片を床に落とす。
3、「裏と裏」「表と表」が出たら、その願い事ではダメということ。願い事を少し変えてやり直す。
4、「表と裏」が出たら、くじ(長い棒)の束を持ち上げてから落とす。一番飛び出たくじを引いて、番号を覚える。
5、その番号が正しいか確認するため、もう一度、木片を落とす。「表と裏」以外が出たら、1からやり直す。
6、「表と裏」が出たら、横に設置してある木箱の前に行く。該当する番号の引き出しから、おみくじを1枚取り出す。
7、本殿横の「解籤所」でくじの内容を解説してもらう(土日なら、日本語を話せるスタッフがいるかも)

…けっこう大変な作業なんですね。。やっとくじを引けたと思ったら、その番号じゃない!と神様に言われ、最初からやり直し…という無限ループに陥りそうな予感です。

そういえば、やたらカランコロンやり続けている人がいたけど、この無限ループに陥っていたのか。大変だ…。逆に、1回でおみくじを引けたら、相当運がいいってことかもしれませんね。

ちなみに番号が正しいか確認するとき、本来は「表と裏」が3回連続しないとダメらしいです。…永遠に終わらなくない? (観光客は急いでいるから1回でOKとのこと)

神様に願い事をするときのポイントは、具体的な質問形式にすること。

例えば、転職だったら「良い会社に転職できますように…」と願うのではなく、「有休がしっかり取れて、残業の少ない会社に転職するには、どうしたらいいですか?」みたいな感じで、具体的な質問にすると良いそうです。

「月老神君」のおみくじ

先ほど紹介した縁結びの神様「月老神君」に赤い糸をもらうときも、おみくじをひきます。やり方は以下。

1、両手で赤い木片をはさみ、神様に自分の名前、住所、生年月日を告げ、恋愛の願い事をする。(結ばれたい相手の名前を告げるか、いい出会いがあるようお願いする)
2、赤い糸をもらっていいか占うため、木片を床に落とす。「表と裏」以外が出たら、1からやり直し。チャレンジは3回まで。
3、3回以内に「表と裏」が出れば、赤い糸をもらえる。月老神君の柵の内側にある箱から、赤い糸が入った袋を取り、香炉の上を時計回りに3周して煙にかざす。

この赤い糸をお財布に入れて持ち歩くと、運命の人に出会えたり、好きな人と結ばれたりするんだとか。

龍山寺周辺のおすすめグルメ

龍山寺まで行ったらぜひ食べておきたいのが、名物の胡椒餅です。


胡椒餅は、釜で焼かれた肉饅頭のこと。


地元の人にも有名なこちらのお店「福州元祖胡椒餅」は、狭い路地の奥にあります。

< 福州元祖胡椒餅 >
・住所 台北市和平西路三段109巷2弄5号
・電話:(+886) 0223083075
・時間:9:30~19:00 
・定休日:なし
胡椒餅1個45元(約165円)

胡椒餅1個45元(約165円)


ちょうど焼き上がりの時間だったらしく、すぐにゲットできました。(普通は番号札を渡されて、順番待ちとなるみたい)


近くにあったアーケードの椅子に座って、胡椒餅を頬張ります。


できたてほやほやの胡椒餅。カリッとした皮を一口かじると、肉汁ブッシャー!

アツアツの汁が口の中に飛び込んできて、火傷しそうになりました。でも美味しい。


ジューシーなお肉がたっぷり入っています。コショウが効いていて、ちょっとピリ辛だけど美味しかったです。

「福州元祖胡椒餅」への行き方

「福州元祖胡椒餅」は、わかりにくい場所にあります。「え…? こんなところに?」と躊躇するような狭い道の奥にあるのです。(わたしたちは、かなり迷ってとんでもない方向に行っちゃいました)

というわけで、駅からの行き方を紹介しておきましょう。


龍山寺駅の出口3を出ると、左手に自転車置き場があるのですが、


その目の前の細い路地を進みましょう。


少し歩くと、「元祖胡椒餅」の看板が見えます。


ここがお店です!

龍山寺からは、徒歩3分ほどの距離です。

人気店のため、番号札を渡されて順番待ちとなることも多いようです。龍山寺観光の前に立ち寄って、番号札をもらっておくといいかもしれませんね。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ にほんブログ村 女性トラベラーランキングへ

 人気ブログランキング「旅の知識・楽しみ方」へ

※こちらの記事もおすすめです。
 ↓
九份を徹底攻略!行き方や注意点など。九分旅行で失敗しないために
台湾旅行はいつが安い?台湾ツアーの安い時期を1年間検証したよ
【台湾観光の前に知りたい情報まとめ】おすすめ観光地と3泊4日プラン

sponsored link

ブログの更新情報

当ブログの最新情報は、各SNSでお届けしています。
国内・海外旅行記や登山情報、格安旅行のコツ等もいち早くお知らせしています。
良かったら、いいね!&フォローで、一緒に旅行気分を味わってくださいね^^♪
 ↓
・Facebook


・Twitter


・インスタグラム
Instagram

down

コメントする




※コンピューターによるスパム投稿を防ぐため、コメントは承認制となっています。(コメントが表示されるまでに、少し時間がかかることがあります)

プロフィール

りりー

りりー

予算99万円で世界一周してきた、格安旅行情報ブロガー。
国内外の格安旅行情報や節約のコツをお届けしています。
詳しいプロフィール・おすすめの記事はこちら

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ 



sponsored link

カテゴリー

月別アーカイブ