旅行記ブログ:りり記

台湾で変身したよ!台湾のおすすめ変身写真館と注意点まとめ

time 公開日:2017/04/23   

変身してきました!

台湾で。

整形級のメイク技術により別人と化した自分。人ってここまで変わるものなのね…。

というわけで今回は台湾のおすすめ変身写真館と、変身写真の料金、撮る前の注意点などをまとめてみました。

変身写真とは?

変身写真は、整形級のメイクと豪華なドレス、可愛いセット、プロカメラマンによる撮影で、新しい自分に変身できるサービスです。

台湾では豪華な結婚写真を撮る習慣があるため、こういった変身写真館が充実しているのだとか。

お姫様系のドレスから、妖精系ワンピ、ウェディングドレス、花魁風の着物、チャイナドレス…など様々な種類のドレスを着ることができます。

ちなみに撮影した写真はPhotoshopでシミ・シワ・毛穴のない美肌に加工してくれるというおまけ付き。頼めば、足や二の腕もほっそり加工してくれるので、体型の気になる中高年の方にもオススメです。

変身写真・体験レポート

変身当日、親友のカナと変身写真館を訪ねました。

まずは日本語のできるスタッフさんがコースの説明をしてくれます。コースを選び、日本に郵送するための伝票を書くと、ロッカーに案内されました。

ロッカーに荷物を入れたら、衣装を選びます。

ズラリと並ぶ衣装。よく見るとけっこうボロかったりするんですが、写真になると目立たないみたいです。

1着目はドレスをチョイス

1着目はドレスをチョイス

衣装を選ぶと自動的にヘアメイクが決まります。事前に撮りたい衣装を決めていたこともあり、ここはスムーズに進みました。衣装に着替えると、頭にカツラ用のネットを被せられ、メイクが始まります。

メイクはナチュラル系が良いか、派手目がいいか、メイクさんのお任せにするか選べます。わたしはお任せにしました。

化粧水 → 乳液 → 化粧下地の行程はすっ飛ばして、いきなりファンデーションを塗られるので、気になる方は下地まで塗っておくといいかも。(わたしは特に何もしてなかったのですが…)

メイクさんはプロフェッショナルな雰囲気をまとった美人で、黙々とメイクしてくれました。

簡単な日本語(単語程度)なら話せるみたいで、「ウエ 見テ」「シタ 見テ」と言われるがままにしていると、みるみるうちに濃厚メイクとなっていきました。

テーピングのテープ(?)みたいなのをはさみで切って、まぶたにくっつけることで、幅広の二重を作り出していました。気づけば、インド人か!? ってくらいのパッチリ二重に変身。

そして、つけまつげ。もう、これがすごかった。これでもか、これでもか! と何枚も重ねていき、最終的に4枚重ねのまつげとなりました。

どんだけ盛るんだ? ギャルもびっくり。

…てか、重い。つけまつげ慣れしていないわたしにとって、まつげ4枚重ねは未知の世界でした。

うぅ…目が開かない。でも開けなきゃ。バッサバッサまばたきしつつ、頑張って目を見開きます。
 
 
 
そうして完成したメイクを見てわたしは思いました。
 
 
  
 
 


 

よく言えば宝塚メイク。悪く言えばピエロ…いや、バケモノでした。でもカツラをかぶると不思議と馴染んで、いい感じ(?)に。

最後に、小物をつけたら完成です。カメラマンさんに連れられて隣のスタジオに移動しました。(カメラマンさんも、簡単な日本語ならできました)

スタジオには様々な背景が用意されており、その前でばっちりポーズをキメていきます。

…といっても、自分でポーズを考える必要はありません。カメラマンさんがすべて事細かに指導してくれるので、その通りにやればいいだけです。

「手ココ。足、前。ココ見て。クチビル・オープン」

そうして撮られた写真がこちら。
 ↓

基本、唇オープンでした。
わたしはバカっぽく見えないかな…? と心配しつつも、言われるがまま口をポカーンと開けてました。

写真だと自然に見えますが、間近で見るとバケモノです

写真だと自然に見えますが、間近で見るとバケモノです

1つのポーズにつき何枚かパシャパシャ撮る感じではなくて、1ポーズにつき1枚、パシャリと撮ったらカメラマンさんがチェック。

次にポーズを変えてまた1枚パシャリ、次に場所を変えて照明を調整してまた1枚…と言う感じで、静かに進んでいきました。

ときどきカメラマンさんが「ナイス!」とか「グッド!」とか言ってくれるので、だんだん緊張もほぐれてきます。

…と、そうこうしてるうちに1着目の撮影が終了。

メイクルームに戻ってくると、メイクさんがわたしのカメラで写真を撮ってくれました。(ちなみに、メイク中は撮影禁止です)

重いまぶたを、一生懸命見開いています

重いまぶたを、一生懸命見開いています

2着目のメイク&撮影

次にアジアンテイストな着物に着替え、また鏡の前へ。

つけまつげをもう1枚のせられ、さらにメイクが濃くなっていきます。

つけまつげ5枚の重さがまぶたにのしかかり、もう目が開けられない…かと思いきや、慣れてきたのかさっきより目が開けやすくなってきました。

ちなみにメイクの要望がある場合は、遠慮なく言った方がいいです。わたしは2回目の衣装でベージュ系の口紅を塗られたのですが、あまり似合わない(と感じた)ので、もう少し赤めの口紅に変えてもらいました。(クールな印象のメイクさんでしたが、嫌な顔することなく希望通りに変えてくれました)

そして2枚目の撮影がスタート。

ここでも希望のセットやポーズがあれば、遠慮なくカメラマンさんに言いましょう。(日本語が通じなかったら、ボディランゲージで伝えればOK)

2着目も言われるがままクチビル・オープン

2着目も言われるがままクチビル・オープン

着物はイメージが「花魁」なのか、露出する系のポーズが多いみたいで、カメラマンに脱がされる(?)グラビアの子の気持ちが少しだけわかった気がしました。

このポーズはちょっと…とか言いにくい気がして、言われるがままポーズ取っちゃうんですよね。(なるべくセクシーなポーズは断りましたが)

最後はカメラマンさんに、二の腕と足を細く修正してくれるよう念押しして終わりました。

メイクルームに戻ってくると、メイクさんが写真を撮ってくれました。

ちょうどタイミングがあって、カナとも写真が撮れました。

2着目は2人とも和服

2着目は2人とも和服

「虫歯ポーズ」でキメてみました。

「虫歯ポーズ」でキメてみました。

そういえば1着目のヘアメイクのとき、ふと鏡越しにカナを見たら、不思議なカツラをかぶっていました。

ソフトクリームの妖精みたいな、ふわふわ金髪ヘアーだったのですが、カナは浮かない表情をしていました。そのときカナはこう思っていたそうです。

 
 
 


 

後になって、カナはこの髪型を「う○こヘアー」と呼んでいました。

衣装を選ぶと髪型は自動的に決まっちゃうので、カツラは自由に選べないんですよね。カナはこの衣装(=このカツラ)を選んだことをひどく後悔していましたが、

写真になってみると、いい感じでした。

貴族っぽい

貴族っぽい

カナのカメラマンさんの方が、ポーズや構図のバリエーションが豊富でいい感じでした。

和服も似合ってます。

かわいい…♪

撮影終了後

撮影がすべて終わり、服を着替えたら、

洗面所でメイクを落とし、普段のメイクをしました。(さっきのメイクが濃すぎたせいで、普段のメイクがスッピンに見える…)

メイク落としや洗顔フォームは用意されています

メイク落としや洗顔フォームは用意されています

写真の選択

通常、撮影から3~4日すると写真が選べます。(短期旅行でその頃には台湾にいない…という方は、カメラマンに写真の選択をお任せすることになります)

今回は事前にメールで相談したところ、2日後に写真を選んでOKとなったため、撮影日の翌々日に再び写真館へ出かけました。(オフシーズンで空いていたから、特別にOKしてくれたのかも…?)

こちらのパソコンで希望する写真を選びます。ツアーの集合時間が迫っていたので、1人15分ぐらいでささっと選びました。

そして、時がたつこと約5週間…。台湾旅行の思い出を忘れかけていた頃、国際郵便でアルバムが届いたのでした。

一番安いアルバムの割には、しっかりとした作り。

中を開くと、

差し込み式の写真ファイルと

CD(写真データ)が入っていました。

変身写真の所要時間&注意点

変身写真の所用時間は、メイク&撮影を含めて2着なら3時間程度。3着なら4時間程度です。(撮影後にメイクを落として、いつものメイクをするなら、もう少し時間を見ておいた方がいいでしょう)

4着以上になると長時間の撮影となるので、初めてなら2~3着程度にしておくのが無難かも。わたしは2着にしたのですが、時間的にも体力的にもちょうど良かったです。

なお変身写真は事前予約制です。撮りたい日が決まったら、事前にネットで予約しておきましょう。

人気な写真館は直前だと空きがなかったりするので、早めに予約しておいた方がいいかも。

撮影当日までは写真館のホームページを見て、どういう衣装&ヘアメイクで撮りたいかイメージを膨らませておくと良いです。撮りたい衣装のスクショを撮って、当日スタッフの方に見せられるようにしておくとスムーズに進みます。

ちなみに衣装は1点ものなので、他の人に先に取られてしまうと、着ることができません(写真館によっては、待てば着れるかも)。どうしても着たい衣装があるなら、朝一番に予約しましょう。
 

白いドレスを撰ぶ場合は、撮影当日、ベージュ系の下着を着ていくといいですね。
 
あと全体的に露出が増えるので、ムダ毛の処理はしっかりしておきましょう。
最近はお手頃価格の脱毛サロンもあるので、事前に脱毛しておくと安心です。

例えばこのサロンは、価格が安い上にしつこい勧誘がないので人気です。(今なら格安で脱毛できるキャンペーンをやっています)
 ↓
ミュゼプラチナム
 

変身写真の値段

料金は、着る衣装の数やアルバムの種類で変わってきます。

相場としては、2着(写真約10枚)で5000台湾元(約1.8万円)前後、3着(写真15~20枚)で7000台湾元(約2.5万円)前後といった感じ。

これにプラスして、日本への送料が1000元前後(約3600円)かかります。

最初はちょっと高いかな? とも感じたのですが、実際にやってみたらすごく楽くて、お値段以上の価値はあると思いました。(ちなみに日本で撮ると、もーっと高いです)

なお、あまりに安すぎる写真館だとドレスの種類が極端に少なかったり、背景がショボすぎたり、Photoshopによる修正(肌が綺麗に見えるよう加工したり、二の腕や足を細くしてくれたりするサービス)をやってくれなかったりするので、要注意です。

あと背景合成ありの写真集のようなアルバムを選ぶと、1000元以上値段が上がります。わたしは最安値だった、差し込み式アルバム+データ(CD-ROM)を選びました。
 ↓

変身写真館を選ぶときのポイント

変身写真館を選ぶときは以下のポイントに注意しましょう。

1、仕上がりのイメージ

各写真館のホームページにサンプル写真が載っているので、自分の気に入るテイストの写真館を選びましょう。

また選べる写真の枚数や、写真のデータがもらえるかも要チェックです。

2、日本語対応か

日本人に人気の写真館だと大抵、日本語の出来る人が1人はいます。
日本語対応の写真館だと、予約や問い合わせの際もスムーズです。

3、写真を選べる日程

撮影した写真を、何日後に選べるのかもチェックしておきたいところです。

大抵は3~4日後という写真館が多いので、2泊3日の短期ツアーだと、写真選択はお店の人にお任せすることになります。

基本、良く撮れている写真を選んでくれますが、どうしても自分で選びたいという方は、早めに選べる写真館にしときましょう。(お店の定休日にも注意)

今回わたしたちは3泊4日の短期ツアーだったので、早めに写真を選べるお店を探しました。1日目の深夜に台北に着くツアーだったので、2日目の午前中に写真を撮りに行き、翌々日(4日目・帰国日)の午前中に写真を選びました。

台北の人気変身写真館3選

台北には数多くの変身写真館があるのですが、特に日本人に人気なのは以下の3つです。

・Magic・S
・薇閣数位影像館(ビガーフォトスタジオ)
・阿法写真館(アルファフォトスタジオ)

以下、詳しく紹介します。

1、Magic・S

綺麗な写真が撮れると評判の写真館「Magic・S」。

日本人に圧倒的な人気を誇ります。わたしも最初ここで撮ろうと思ったんですが、写真選択が3日後~で日程的に無理だったのでやめました。

旅行の日程に余裕のある方や、写真はお任せでもOKという方にはおすすめです。

< Magic・S 情報 >

・住所:台北市中山区南京東路一段36号2F
・最寄り駅:MRT中山駅2番出口から徒歩5分

・営業時間:9時~18時
・定休日:火曜
・料金:
衣装1着・写真6枚で3680元、衣装2着・写真12枚で5,200元、衣装3着・写真16枚で7,200元、衣装4着・写真22枚で9,200元~、衣装5着・写真30枚で12,800元。
・写真選択:3日後~
・日本語対応:○
・ホームページ:https://www.magic-s.com/
・電話(日本語):日本からは+886-910-68-3132
・メール:info@magics-tw.com

2、薇閣数位影像館

リーズナブルな料金が人気の「薇閣数位影像館(ビガーフォトスタジオ)」。

ここの魅力はなんといってもそのお値段。

衣装2着・写真3枚の体験コースなら、2000元(約7200円)という安さで撮影できちゃいます。15:30までの撮影なら当日に写真を選べるので、忙しい短期旅行者にもピッタリです。

デメリットとしては、背景や衣装がちょっとショボめなところ。修正も薄いようなので、クオリティ重視の方は避けた方が無難かも。安さとスピードを重視する方には、おすすめです。

< 薇閣数位影像館 情報 >

・住所:台北市南京東路二段97号2F
・最寄り駅:MRT松江南京駅から徒歩3分

・営業時間:9時~19時(最終受付17:30)
・定休日:なし
・料金:衣装2着・写真3枚で2,000元、衣装3着・写真30枚で4,000元~、衣装4着・写真40枚で8,800元~。
・写真選択:当日または翌日(撮影開始時刻が15:30までなら、当日に写真選択できる)
・日本語対応:△
・ホームページ:http://www.vg168.com.tw/jp/
・電話:(02)2567-7771
・メール:service@vg168.com.tw

3、阿法写真館

500着以上の衣装とバラエティ豊かな背景、クオリティの高い写真により、リピーターの多い「阿法(アルファ)写真館」。

今回、わたしたちはここで撮りました。決め手となったのは、メール対応の良さと写真選択の日程

通常、写真の選択は3日後となっているのですが、メール(日本語)で問い合わせたところ「撮影の2日後に写真を選んでもいいですよ」とのことだったので、ここに決めました。(混雑している時期は難しいかもしれないですが、日程に余裕がないなら念のため相談してみるといいかも)

< 阿法写真館 情報 >

・住所:台北市民権西路146号B1
・最寄り駅:MRT民権西路駅1番出口から徒歩5分

・営業時間:9時~18時
・定休日:なし
・料金:衣装1着・写真6枚で3190元、衣装2着・写真12枚で4,990元~、衣装3着・写真18枚で6,990元~、衣装4着・写真24枚で9,990元~、衣装5着・写真30枚で11,990元~。
・写真選択:通常は3日後~
・日本語対応:○
・ホームページ:http://www.alphaphoto.com.tw/jp/ap.aspx
・電話(日本語):(02)2557-0849 / 0913-955-970(日本からは+886-913-955970)
・メール:alpha0849@gmail.com

※料金やコース等は変更される可能性があります。最新情報は各写真館にお問い合わせください。

おまけ

変身メイクがいい感じだったら、そのまま観光に行こうと思ってたのですが、あまりに舞台メイクだったので、素直に落としました。

カツラを取ったわたしは、まさにピエロ…いやバケモノでした。
 ↓

子どもが見たらギャン泣きするわ

子どもが見たらギャン泣きするわ

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ にほんブログ村 女性トラベラーランキングへ

 人気ブログランキング「旅の知識・楽しみ方」へ

※こちらの記事もオススメです。 → 「台湾旅行はいつが安い?台湾ツアーの安い時期を1年間検証したよ

sponsored link

ブログの更新情報

当ブログの最新情報は、各SNSでお届けしています。
国内・海外旅行記や登山情報、格安旅行のコツ等もいち早くお知らせしています。
良かったら、いいね!&フォローで、一緒に旅行気分を味わってくださいね^^♪
 ↓
・Facebook


・Twitter


・インスタグラム
Instagram

コメント

  • ちょっと前(数年前か)にロンドンハーツとかで女装した芸人さんとか写真にしてましたよね
    男性も女装できますか?ちょっとやってみたい

    by 二丁目 €2017/04/24

    • >二丁目 さん
      おぉ、ロンドンハーツでやってたんですか~^^
      男性も女装できますよ!お店によっては追加料金がかかるところもあるので、事前に確認したほうがいいと思います。
      そういえば、わたしたちの後に一人で来ていたお客さんは、女装した男性(ニューハーフの方?)でした。
      女装が初めての男性でも、楽しめると思いますよ♪ 台湾旅行の際はぜひ体験してみてください!

      by りりー €2017/04/25

  • 飛行機も安いし台湾旅行の思い出にちょっと撮影してきます

    by 二丁目 €2017/04/26

    • わぁ、ぜひぜひ~!
      台湾は近いし安いし、良いですよね。撮影楽しんで来てくださいねっ(≧▽≦)

      by りりー €2017/04/26

down

コメントする




※コンピューターによるスパム投稿を防ぐため、コメントは承認制となっています。(コメントが表示されるまでに、少し時間がかかることがあります)

プロフィール

りりー

りりー

予算99万円で世界一周してきた、格安旅行情報ブロガー。
国内外の格安旅行情報や節約のコツをお届けしています。
詳しいプロフィール・おすすめの記事はこちら

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ 



sponsored link

カテゴリー

月別アーカイブ