旅行記ブログ:りり記

モロッコ・フェズで出会った家族

time 公開日:2013/04/17   

モロッコのフェズでお金を要求されました。
(前回の記事はこちら→モロッコで道を聞いたら、チップが発生するの!?
 
4_20130413025528.jpg
 
------------------------------------------------------------–
現在はインドのブッダガヤです。
twitterではリアルタイムでつぶやいてます。ぜひフォローしてください^^⇒https://twitter.com/liliki1
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周 人気ブログランキング
------------------------------------------------------------–

 
フェズのメディナ(旧市街)は、
世界一複雑な迷路の町と言われています。
 
道が、とにかく複雑に入り組んでいて、
地図を持っていても、絶対に迷ってしまうんだそう。

2 (1)
 
2 (2)
 
2 (3)
宿から歩いて20分くらいで、
メディナっぽいところに着きました。
 
 
こんなときに限って、
地球の歩き方を宿に忘れてきてしまったので、
ここがメディナかどうかも分からないのですが、
 
どうせ地図を持っていても迷うらしいので、
適当に歩いてみることにしました。
 
 
道を歩いていると、聞いていたとおり
「ウェア アー ユー フロム?」って、話しかけてきて
道案内をしようとしてくる人が多かったです。
 
これは、道案内を商売にしている人たちなので、
適当に交わして歩きます。
 
 
 
3 (1)
 
3 (2)

鶏肉のお店とその周辺の風景写真を撮ろうとしたら
お店のおじさんが、アラビア語で何か言ってきました。
 
…?と思っていると
「彼は、写真を撮るなら一言断ってくれ、と言ってるんだよ」
と近くにいたおじさん(おじいちゃん?)が、流暢な英語で通訳してくれました。
 
 
 
そして、君はどこ出身?モロッコは初めて?と、話しかけてきました。
 
いろいろと話してるうちに仲良くなって、
彼が、フェズの町を案内してくれることになりました。
 
「でも、私お金ないから、お礼のお金をあげられないよ?」と言うと
「何を言ってるんだ、君は私の娘みたいなものだよ。お金なんていらないよ」と言うおじさん。
 
 
そして、ちょうど通りかかった奥さんを紹介してくれました。
奥さんは、「日本から来たの?一人で?すごいわね!」と言って、微笑んでくれました。
 
 
その笑顔がすごく優しくて、娘を見るような温かい目で笑ってくれて、
私は、この人なら信用できるな、と思いました。
 
 
おじさんに
「ごめんね、こんなこと言って悪いんだけど、ホントに無料?」と、聞くと
 
おじさんは、少し悲しそうな顔で、
「…。あのね、お金を要求するのは、若い男の子だけだよ。
 僕は君と話したいだけなんだ。お金が欲しかったら、妻を君に紹介したりなんかしないよ」
と言いました。
 
 
私は、彼を疑ってしまったことを、気まずく思い、
「ごめん…、フェズはそういうガイドが多いって聞いたから…、疑ってごめんね」
と言うと
 
おじさんは、明るい笑顔をつくって
「大丈夫だよ。よし、今日は君をお家に招待するよ。
 僕は別の買い物があるから、妻について行って」と言いました。
 
 
4
おじさんの名前は、ハッサン。
彼は足が悪いらしく、松葉杖をついて、片足をひきずっていました。
 
 
5
彼女が奥さんのファティマ。
 
 
6 (1)
 
6 (2)
ファティマのお買い物についていきます。
 
 
そして、彼らのお家にお邪魔しました。
 
 
7
小さいけど、なかなか可愛いお家。
 
 
8
キッチンで、ファティマが料理をしているのを眺めます。
 
 
 
ファティマは学校の先生。
 
ハッサンも学校の先生だったけど、
もう歳なので、数年前に引退したんだって。
 
 
 
彼らの馴れ初めを聞くと、
ハッサンが、バスの中でファティマに声をかけてきて、
付き合うことになったんだそう。
 
 
 
「しかも彼、1週間後に、結婚のプロポーズしてきたのよ」
と言って笑うファティマ。
 
そして、彼らはすぐに結婚することになったんだって。
 
 
「えー!すごい早いね!1週間じゃ相手のことわからなくない?」と私が言うと
「そうね。でも、彼と結婚してよかったわ。彼、優しいから」と微笑むファティマ。
 
 
しばらくすると、ハッサンがキッチンにやってきて
料理のお手伝いを始めました。
 
9
鶏肉の下処理をするんだって。
 
 
日本では、もも肉とか、むね肉とか、基本バラバラで売っているけれど、
モロッコでは、丸ごとの鶏肉を買うことのほうが多いんだそう。
その方が安いから。
 
 
10 (1)
 
10 (2)
 
10 (3)
 
10 (4)
 
10 (5)
ハッサンは手馴れた様子で鶏を解体していきます。
 
 
私が、「わぉ!」とか驚いていると
内臓とかを、いちいち見せてきてくれます。
 
 
11 (1)
 
11 (2)
 
 
途中、
大学生の娘(ちょっとギャルっぽいけど美人)
と高校生の息子が帰ってきて、挨拶してくれました。
 
両方のほっぺに
チュッチュッてするのがモロッコの挨拶。
 
欧米っぽいね。
 


 
その後、リビングに行って
ハッサンとテレビを見ながら話していると、
いきなり怒鳴り声が聞こえてきました。
 
 
 
え…?
 
 
と思うと、声の主はファティマでした。
 
 
 
アラビア語で何を言ってるかさっぱりわからなかったのですが、
ファティマは、ハッサンに対して、めちゃめちゃぶち切れているようでした。
 
 
 
…ど、どうした、ファティマ?!!!
 
 
 
ハッサンがなだめようとしても、
超ヒステリックになっていて、ファティマの怒りは止まりません。
 
 
 
さっきまで、あんなに優しかったファティマの豹変振りに、
私はびっくり。
 
 
ファティマに、声もかけられません。
 
 
…い、いったい何が起きたの?!
 
 
 
明日へ続く。
 
今日は何位かしら?クリックで応援していただけたら、すごく嬉しいですっ(^^)ありがとう☆
 ↓ ↓ ↓

  世界一周 人気ブログランキング
 
 ↑ ↑ ↑
世界一周ランキングに参加中です。上のボタンを1日1クリックして頂けると、順位が上がる仕組みです。
「え、何それ?」って方は、こちらの記事をご覧ください⇒世界一周ブログランキングって、何なの??

ブログの更新情報

当ブログの最新情報は、各SNSでお届けしています。
国内・海外旅行記や登山情報、格安旅行のコツ等もいち早くお知らせしています。
良かったら、いいね!&フォローで、一緒に旅行気分を味わってくださいね^^♪
 ↓
・Facebook


・Twitter


・インスタグラム
Instagram

コメント

  •  
    はじめまして。とても無料にこだわっているようで、そのポリシーもありだと思いますが、何かしてもらったら気持でも何でもいいので御礼をするのがマナーだと思います。優しくしてもらったりしたら、大金を使う必要はないけど、何かしら自分にできることを表現するといいような気がしました。あと、よその家に、お呼ばれするときは、手土産を持っていくのが日本でも常識だと思います。いくら無料でもいいとは言っても、手ぶらだとちょっと失礼かな。最初から無料でいいの?と聞くのもちょっと不思議な感じです。場所がモロッコだから仕方ないのかな?自分が家に誰かを招待した時に、気持でもいから何か手土産持ってきたら、出来る人だなと思います。でも、手ぶらだったらマナーがないなと思います。人間関係の大切な要素じゃないですか?国とか関係なくその人本人の主義だから自由ですけど。

    by yokko €2013/04/17

  •  
    自分もちょっと思いました。まぁモロッコだから最初に「本当に無料?」て確認したくなる気持ち分かります。でも「道案内なんかでお金稼ごうとしないででちゃんと仕事して稼ぎな」は余計では。日本みたいにたくさんの種類の仕事は無いし就業場所も無い国です。もちろん貧しい。「頼んでも無い道案内でなぜ払わなきゃいけない?」と思う気持ちは分かりますが、メディナではそれが観光客との需要と供給で仕事として成立しているのでは?だったら「郷に入ったら郷に従え」かな。後から請求される展開が読めるなら自分なら最初から走って逃げてでもサービスを受けるのを固辞します。自国(自分)の理屈を価値観の違う他国で貫き通すのはなんだかなーと思います。でもこういう体験が旅の醍醐味だと思います。気をつけて良い旅を!

    by jibunmo €2013/04/17

  •  
    良家じゃ、何かをくれるって言われたら一旦断って遠慮するように教わりますね。物をもらうときにも、お気遣いなくって、躊躇します。それがポーズであったとしても。
     
    日本だけじゃなくて私のスリランカの友達は何かをあげても、いらないいらないって受け取ろうとしません。インドネシアでも、育ちのいい子はそうでした。他の国でも、図々しく振舞わないのは礼儀みたいです。
     
    無料でいいの?と聞いてから、知らない人の家に行くのは、はしたないイメージですね。何かしてもらって当たり前だと相手に失礼かな。奥さんが急に怒るのも無理ないです。最初に奥様に御挨拶しましたか?

    by ゆう €2013/04/17

  •  
    はじめまして。いつも楽しく拝見しています。
    私は、みなさんいろいろな物差しがあっていいと思います^^
    そもそも99万円で旅をする、というのが掲げられていますし、リリーさんがそこにこだわるのは納得がいきます。
    礼儀の問題というのもよくわかります。ありがとうを伝えるのにお金はとても便利な物です。
    リリーさんがこの旅が終わった時に、「ああ、お金を少しでもあげたら良かったな」とか、「良くない事(物乞いなどにお金を渡すのは社会問題の一つです)に加担してしまわなくて良かった」とか、いろいろと感じたことが答えになるのではないでしょうか。
    逆に、お金が介在しないからこその貴重な人間交流もあるでしょう。
     
    実際このおじさまも薬代を請求してきたということですので…
    どうぞ良い旅を!

    by まり €2013/04/18

  •  
    > yokkoさん
     
    はじめまして。コメントありがとうございます!
     
    ちょっと表現の仕方が悪かったですね…すみません!(>_<)
     
    ブログにはあまり書いていなかったですが、わたしもお世話になった方には、ちょっとしたプレゼントをあげています。そんなに高価な物はあげられないですが、やはり何かしら感謝の気持ちを伝えたいと思っています。
     
    今回は、突然だったので事前にお土産も買っていけなかったのですが、今度からはなるべく先に何か買っていきたいと思います。あとお金じゃなく、これ奥さんに…って後で何かを買って渡せばよかった、と思いました。
    コメントいただき、ありがとうございました!

    by りりー €2013/04/28

  •  
    > jibunmo さん
     
    こんにちは!
     
    ホントですね。他の場所はさておいても、ここはメディナだし、無料と言っても後からお金を請求される場所なんだということを、かたく認識しておかないといけなかったと思います。「日本から来た女の子と友達になったのは初めてだから、純粋に仲良くなりたいだけなんだ」というおじさんの目が、本当のことを言っているような目をしていて、つい信じてしまいました…。次回から、気をつけます!
     
    コメントありがとうございました^^

    by りりー €2013/04/28

  •  
    > ゆうさん
     
    こんにちは!
     
    そうですね。同じモロッコでも、人によって様々だな、と思います。
    とても親切にしてくれたので、何か御礼をしようとしても、「いらない、いらない!」と、かたくなに断る人もいました。
     
    奥様には最初にご挨拶して、お話したときに「ぜひ、うちに遊びに来て」と言っていただいたので、お邪魔してしまいました。奥様は「モロッコでは家に人を招待するのはよくあることよ」と仰っていました。先に、奥様を待たせてでも、どこかでお土産を買っていけばよかったなぁ、と思います。
     
    コメントありがとうございました!

    by りりー €2013/04/28

  •  
    > まりさん
     
    はじめまして。いつも見ていただいてありがとうございます☆
     
    そうですね、お金は便利だし大切なものですね。
    物乞いの人を見たりすると、いつもいろいろと考えさせられます。
    私自身は、お金ももちろんですが、それ以外のもので、もっともっと親切のお礼を返せたらなぁと思いました。
     
    素敵なコメントありがとうございました^^

    by りりー €2013/04/28

  •  
    > オカさん
     
    はじめまして!
    ブログ、見ていただいてありがとうございます。サイト、拝見させていただきますね^^

    by りりー €2013/05/01

down

コメントする




※コンピューターによるスパム投稿を防ぐため、コメントは承認制となっています。(コメントが表示されるまでに、少し時間がかかることがあります)

プロフィール

りりー

りりー

予算99万円で世界一周してきた、格安旅行情報ブロガー。
国内外の格安旅行情報や節約のコツをお届けしています。
詳しいプロフィール・おすすめの記事はこちら → 「りり記とは

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ 

カテゴリー

月別アーカイブ