旅行記ブログ:りり記

バラナシの典型的な詐欺に引っかかりそうになった話

time 公開日:2013/08/10   

前回の記事ではいきなり、
世界一周はバックパックとスーツケース、どっちで行くべきか?
という白熱議論を繰り広げたのですが、
 
なんでその話になったかというと、
 
 

 
壊れたスーツケースを
修理しに行ったんですよね。
 
 

 
この人の後ろにくっついて。
 


 
彼の名は「デイブ」
 

 
宿を紹介してくれたインド人です。(↑写真左)
 
 
 
 
 

 
わたしは、壊れたスーツケースを持って
彼の後ろをテクテク歩きました。
 
 
 

 
細い小道を。
 
 
 

 
牛の間をすり抜けて。
 
 
 
 

 

 

 
…う、牛、多いな!
 
 

 
 
デイブは、ずっとブツブツ言いながら、
歩いていました。
 

 
どうやら、お経を唱えているみたい。
 
 
 
 

 
 
牛とすれ違う度に、牛にタッチして、
ブツブツとお経を唱えています。
 
 
 
牛に対する「リスペクト」を示してるのかな?
 
 
意外と、敬虔なヒンズー教徒なんだなぁ…
 
 
なんて感心していると、彼は
突然、わたしの方を振り返って、こう言いました。
 
 
「ごめんね、君の名前忘れちゃった。なんだっけ?」
 
 
 
 
えっ?!!!
 
 
 

 
そして、わたしの名前を聞くと、
またブツブツお経を唱えながら歩き出しました。
 
 
 
5分ほどたった頃、
彼は、また急にわたしを振り返って、言いました。
 
 
 
「ごめん、君の名前なんだっけ?」
 
 
 
え、えぇ~っ?!!!
 
 
 
 

 
そして、わたしの名前を聞くと、
何事もなかったかのように、
またブツブツお経を唱えながら歩き出しました。
 
 
 

 
 

 
 
10分ほどたったでしょうか。
 
 
彼は、またわたしを見て、言いました。
 
 
「ごめん、君の名前を忘れてしまった…」
 
 
 
…う、ウソでしょ~?!!
 
 
 
だんだん、わたしが不安になってきた頃
スーツケースの修理屋さんへたどり着きました。
 
 
 
 

 
修理屋さんは、英語ができなかったため、
デイブが通訳してくれました。
 
 
 
先ほどは頼りなかったデイブですが、
ここでは、急に元気になって、
 
わたしと修理屋さんの交渉を
ガンガン仕切ってくれました。
 
 

 
修理屋さんが言うには、
わたしのスーツケースは
取っ手から車輪までを付け替える必要がある
とのことでした。
 
 
 
「この新しい取っ手に付け替えれば大丈夫だ!!」
 
 
そう言って、修理屋さんが見せてくれた取っ手は
どっからどう見ても「新しい」感じじゃなくて
 
普通にホコリかぶってたし、
よく見ると傷もついてるし、
 
なんだか、めちゃめちゃ不安でした。
 
 
 
なんたって、
スーツケースが壊れるのはこれで3回め。
 
 
ここで、修理しても
また壊れちゃう気がします。
 
 
 
むしろ、修理するより
こういう折りたたみキャリーカートだけ買ったほうが
結果的には、安上がりなんじゃないか?
 ↓

 
これだったら、たとえ壊れたとしても
すぐ買い直せるだろうし。
 
 
 
わたしは修理屋さんに
折りたたみキャリーカートの写真を見せ
「こういうのは、ない?」と聞きました。
 
 
すると、修理屋さんは
「今はないけど、欲しいなら明日仕入れるよ」
と答えました。
 
 
 
そこで、明日
キャリーカートの実物を見てから
修理するか、キャリーカートだけ買うか
決めることになりました。
 
 
 
お値段は、
・修理する場合は600ルピー(約1,000円)
・キャリーカートの場合は、仕入れ値によって決まる

とのことでした。
 
 
 
 
…よし、念のため、あとで市場をまわって
キャリーカートの値段を調べておこうっと。
 
 
※こういうのは、だいたいの相場を知らないと、
 ぼったくられるケースが多いです。

 


 
帰り道、通訳をしてくれたデイブに
お礼を言いました。
 
 
わたし「デイブ、どうもありがとう!助かったよ!」
 
デイブ「ノー・プロブレム!」
 
わたし「デイブは優しいんだね!」
 
デイブ「何言ってるんだ、当たり前じゃないか!
 
    僕はあの宿で働いてるんだから!
    君は僕のゲストなんだよ。
 
    宿のゲストに親切にするなんて、
    当たり前の話だよ!

 
 
デイブ、君はなんていい人なんだ…。
 
 
 
 
 
 
…って思ってたら、
ここに連れて来られました。
 
 
 
 
 
 

 
おみやげ屋さん。
 
 
 
 
え、いや、断ったんですけどね。
 
 
「見るだけだから
 ちょっとだけだから!
 
 欲しいものなかったら、
 買わなくていいから、お願い!!

 
と頼まれたもので…。
 
 
 
 

 
で、店内を少し見たのですが、どれも高いし
これ以上荷物を増やしたくなかったので
何も買わずに帰りました。
 
 
 
「何も買わずにごめんね。
 欲しいものがなかったの…」
 
とわたしが言うと、デイブは
 
「ノープロブレム!!」
 
と明るく答えました。
 

 
そして、次に来たのは
ガンジス川のほとりの火葬場でした。
 
 

 
 
気づくと、わたしは
聖者の雰囲気をまとったイケメンインド人に
説得されそうになっていました。
 
 
 
イケメン「ここはホスピスです。
  
    『マザー・テレサの家』のような場所で、
     老人や、お金のない人の
     世話をしている場所なのです」
 
わたし「はぁ、そうなんですか~」
 
 
 
気づいたら、デイブがいません。
 
彼は、わたしにイケメンを紹介した後、
姿を消してしまいました。
 
 
 
イケメン「さぁ、こちらへどうぞ。
     施設をご案内しましょう」
 
 
イケメンは、
薄暗い施設の階段を登っていきます。
 
 
イケメン「さぁ、来てください!
 
 
イケメンは、優しい笑顔と
ソフトな語り口で、わたしを誘います。
 
 
そのただならぬオーラに圧倒され、
わたしは、思わず彼に着いて行きそうになりました。
 
 
…が、心のどこかで違和感を感じて
立ち止まりました。
 
 
 
イケメンの英語が
あまりに上手すぎる
のです。
 
 
 
わたしは、
長年のインド旅行研究によって
下記の公式を導き出しております。
 

有名観光地で働くインド人
 +
イケメン
 +
押しが強い
 +
英語超ペラペラ
 +
頼んでないのに異様に親切
 || 
詐欺師

 
上記の公式に当てはめて考えると、
彼は、詐欺師である確率が極めて高いのです。
 
※ちなみに、上記に加え日本語がペラペラの場合、詐欺師リスクはさらに高まります。
 
 
わたし「ありがとう。
    でも、もしかして
    これって、お金が必要ですか?」
 
イケメン「お金はかからないですが…
     お気持ちで、寄付をして頂けますか?
 
     貧乏な人たちが
     火葬場で体を燃やすための薪代がいるんです
 
 
わたし「そうなんですか…。
    あの、実はわたし、あまりお金を持ってないんですが、
    薪代っていくらくらいなんですか?」
 
イケメン「それは、あなた次第です。
     500ルピーでも、300ルピーでも…
     お気持ち代ですから」
 
 
…うーん。
 
300ルピーと言うと、
今の宿なら、2泊できる計算です。
 
 
しばらく悩んでいると、
イケメンは、穏やかな笑顔で
わたしを呼びました。
 
「さぁ、カモン!」
 
 
…なんか、不安。
 
 
「ごめんなさい、後で友達と行きます!
 もうすぐ友達が来る予定なので!!」
 
わたしはそう言って、
逃げるようにその場を立ち去りました。
 
 
※あとで、別のインド人に聞いたら「ホスピス」なんてものはないそうです。
 「薪代」を要求するのは、外国人を騙す手口なんだそう。行かなくて良かったー。
 でも実はこの詐欺、地球の歩き方にも紹介されている手口なんだけど、
 実際にやられると思わず説得されそうになります。
 相手は自信満々で言ってくるので、その場では嘘だと思わないし、断りにくいのです。
 実際に騙されてる外国人も見ました。ご注意ください…!!

 
 
 
宿に帰ろうとすると、
デイブがひょいっとあらわれ
「どうだった?」と聞いてきました。
 
 
わたし「なんか、よくわかんなかったから
    帰って来ちゃった。
    何なの、あれ?!」
 
デイブ「あれは、ホスピスだよ。
 
    ところで、君に
    バラナシで一番美味しいチャイ屋さん
    紹介してあげよう!」
 
 
 

 
ここが、バラナシで一番美味しい
チャイ屋さんだって。
 
 

 
 
 
ワクワクして飲んでみると、
 

 
おぉ!これは…、一番美味しい!! 
 
 
 
 
 
…かな?
 
 
 
言われてみたら、そんな気もするかも…。
うーん…。
 
 
 
「どう?美味しいでしょ?」
 
得意気に聞いてくるデイブに
わたしは、お得意のジャパニーズ・スマイルで
 
「とっても美味しいわ!」
 
と言いましたが、
本当はこう言いたかったです。
 
「味の違いがわからない女で、ごめん…!!」
 


 
 
宿への帰り道、
クリケット(インドの国民的スポーツ)を楽しむ
インド人の若者たちが声をかけてきました。
 

 
 
インド人「コニチワー!」
 
わたし「こにちわー!じゃあねー!」
 
インド人「日本人?イツキタ?ドコイクノ?!!」
 
 
グイグイ話しかけてくる若者たち。
 
 
 
デイブがそれを見て、
ヒンドゥー語で何やら言いました。
(「あっち行け」とか言ったっぽい)
 
 
すると「チェッ」という顔をして
若者は離れて行きました。
 
 
しかし、そのうちの一人が、急に真剣な顔になって、
「Are you with him?」(今、彼と一緒にいたの?)
と聞いてきました。
 
 
わたしが「Yes」と言うと、
彼はデイブをチラッと見やって
 
「キヲツケテ!サギシ!」
小声でささやいて、去って行きました。
 
 
 
 
…さ、さ、詐欺師?!!
 
 
どういうこと?!!!
 
 
 
詐欺師って、デイブが詐欺師ってこと?!
 
それとも「詐欺師には注意してね」っていう注意喚起?
 
なに、一体…?!!
 
 
 
こわ~!!!
 
 
 
 
 
…というわけで、わたしはデイブと
距離を置くことにしたのでした。
 
 
「詐欺師は、怖いね~」とか「デイブって何者?!」と思ったら、クリックしてください^^いつもありがと☆
 ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周後・体験談へ
「世界一周後・体験談ランキング」へ

ブログの更新情報

当ブログの最新情報は、各SNSでお届けしています。
国内・海外旅行記や登山情報、格安旅行のコツ等もいち早くお知らせしています。
良かったら、いいね!&フォローで、一緒に旅行気分を味わってくださいね^^♪
 ↓
・Facebook


・Twitter


・インスタグラム
Instagram

コメント

  •  
    美味しそうですね
     
    どんなお茶が飲みたいか聞かれたら
    日本茶と答える私です
     
    そんな私も美味しそうなチャイにうっとり

    by インドの王様 €2014/02/26

  •  
    > インドの王様 さん
     
    コメントありがとうございます☆
     
    インドの王様だけど、日本茶が一番なんですね!(笑)
    わたしは麦茶が一番好きです^^♪

    by りりー €2014/02/26

  •  
    こんにちは!
    いきなりのコメントで申し訳ないんですが…
    今年の6月から世界一周に旅立つ予定でとりあえず、今は予防接種だけ進んでいってるんですが、肝心な航空券や準備が全く揃っていません。色んな人のブログやネットを参考に色々見て回ってるんですが、
    今だに世界一周航空券かLCCで悩んでいます(;_;)世界一周航空券だと計画的に行けるし凄く便利だと思うんですが、LCCだと行きたい??と思った所にその場で行けるからいいなーって思ったんですけど、現地でチケットを買うとなるとネットが繋がるのか英語が読めるのかと不安で仕方ないんですがその辺りりりーさんにアドバイスを頂きたいです!焦り過ぎてとりあえずH.I.Sの世界一周の相談できる所を5250円と発券料をかけて、来週予約してみました…>_<…内容がごちゃごちゃですが、何かりりーさんからアドバイス頂けたら嬉しいです。お願いします…>_<…

    by 世界一周に行きたい €2014/02/27

  •  
    旅に出ているときと同じペースで更新は難しいものだよなー。と思っていた矢先、更新されてる!?と思って内容を見ずにコメントしちゃいました。
    是非、帰国までお願いします!

    by シバ €2014/02/28

  •  
    > 世界一周に行きたい さん
     
    こんにちは!世界一周に、行かれるんですね^^
     
    わたしの場合は、LCC良かったですよ♪旅が長くなるほど、日程や行きたい国が、当初の計画とずれて来るんですよね。
     
    ネットは意外とどこでもつながりました。基本、次の移動の1ヶ月前を目処に航空券を買っていたので、チケットが取れなくて焦る、という経験もなかったです。どうしてもネットで買えない場合は、旅行代理店でも買えると思います。英語はもう「慣れ」だと思います。チケットの取り方も、検索すれば出てくるんじゃないかしら…?^^
     
    期間と行き先が完全に決まっている短期の旅&すっごく不安な場合は世界一周航空券がいいと思いますが、そうじゃない場合はLCCがオススメです♪
     
    またわからないことがあったら、いつでも聞いてください~^^

    by りりー €2014/03/01

  •  
    > シバ さん
     
    コメントありがとうございます♪
     
    アハハ^^
    最近、超~マイペースで更新してるんですよ☆
     
    良かったら、またたまーに見に来てください~\(*^▽^*)/

    by りりー €2014/03/01

  •  
    落ち着きますよね
    本当に
    麦茶
     
    私も麦茶だいすきです

    by インドの王様 €2014/03/07

  •  
    > インドの王様 さん
     
    うふふ^^ホント麦茶美味しいですよね~!
    いくら飲んでも太らないという安心感があります(笑)
     
    でも、ときどきインドの甘~い、濃い~チャイも飲みたくなります^^

    by りりー €2014/03/07

  • 長過ぎ

    by 匿名 €2017/03/06

    • すみません! いつもいろいろ書こうとして、つい長くなっちゃいうんですよね…^^;

      by りりー €2017/03/07

  • こんにちは!
    もうすぐインドにバックパック旅行に行くので楽しんでブログを読ませてもらっています

    昔の記事へのコメントになってしまいますが、クリケットのインド人の”Are you with him?”は「彼と付き合ってるの?」みたいな意味だと思います。
    旅行者が怪しげなインド人にだまされて彼氏彼女の関係になっていると思い心配されたのでしょう

    by りょーた €2017/08/05

    • > りょーた さん
      こんにちは!もうすぐインド旅行ですか、楽しみですね~^^

      ”Are you with him?”って「彼と付き合ってるの?」って意味だったのですか!
      「be動詞+with+○○」で「○○と付き合う」という意味なのですか?

      怪しげなインド人に騙されて深い関係になってしまう女性旅行者も多いのでしょうね。。

      by りりー €2017/08/05

down

コメントする




※コンピューターによるスパム投稿を防ぐため、コメントは承認制となっています。(コメントが表示されるまでに、少し時間がかかることがあります)

プロフィール

りりー

りりー

予算99万円で世界一周してきた、格安旅行情報ブロガー。
国内外の格安旅行情報や節約のコツをお届けしています。
詳しいプロフィール・おすすめの記事はこちら → 「りり記とは

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ 

カテゴリー

月別アーカイブ