旅行記ブログ:りり記

インド・リシケシのオススメ安宿

time 公開日:2013/07/20   

親友のカナと夜行列車に乗って、インドのリシケシに着きました。
(前回の記事はこちら⇒「初めてインド旅行する人におすすめのスポット」)
 
 
------------------------------------------------------------–
現在地はタイのチェンマイです。
 
twitterとFacebookではリアルタイムでつぶやいてます。ぜひフォロー&いいね!してください^^
twitterはこちら / Facebookはこちら
 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周 人気ブログランキング
------------------------------------------------------------–

 
 
わたしは、基本的に一人でいる静かな時間が好きで、
一人旅もまったく苦じゃないし、むしろ、一人旅が大好きなんですけど、
 
 
それでも、たまーに
一人旅ってつらいな…と感じる瞬間があるのです。
 
 
 
 
それは…
 


 
 
重い荷物を抱えて、宿探しをしているとき(TДT)
 

 
 
大きなスーツケースとリュックサックと手提げ袋を抱えて
ひたすら宿を探し回って、でもなかなかいい宿が見つからなくて
 
さらに、日も暮れてきて、雨まで振り出してきて…なんてときは、
そりゃあもう、テンションだだ落ちですよ…!!
 
 
 
今でこそ、モヤシ・スーツケーサーのわたしですが、
実は、昔、インドを半年間旅行していたときは、
ちゃんとバックパックをかついでいたのです。
 
 
モヤシ・バックパッカーだったのです!!
 
 
でもね、わたし本当にモヤシなんで、
5分歩くたびに1分は休憩してたんですよね…。
 
 
 
バックパック重すぎなんだもん~!
ちょっと歩くだけで、すーぐ肩痛くなるんだもん~!!(≧口≦)

 
 
 
とは言え、荷物はなかなか減らないし、
むしろ重たい本とか、かさばる服とか買っちゃうし、
 
荷物減らさなきゃいけないのに、中華系のスーパーで、
でっかい醤油のボトルとか見つけちゃったりして、
もちろんお買い上げしちゃったりして…
 
日に日に肩への負担は増していきましたよね。
 
 
 
最後のほうは、両肩が悲鳴上げてました。
 
 
「もう嫌ぁ~そのバック捨ててくれ!!」って言って
ボイコットおこしかけてました。
 
 
 
 
…アレだね、荷物減らせばいいだけなんだけどね。
 
なかなか難しいんだよね。。
 
 
 
 
まぁ、今回の旅は、スーツケースにしたことで、
だいぶ負担は軽減されたのですが、
 
それでもガタガタ道とか、階段とかがあると
一気にテンション下がっちゃいます。
 
 
 
 
重たいスーツケースを転がして、街を歩き回るのが嫌で
1泊目は近場にある変な宿に泊まって
次の日に、もっと良い宿を探して、移ったりもしてたんですけど、
宿を変えるのって、結構めんどくさいんですよね。。
 
 
やっぱり最初から良い宿を見つけるのがベスト!
 
 
だから、重たい荷物を抱えて、
ハァハァ言いながら、街を歩きまわっていたのです。
 
あぁ、しんどい…。
 
 
 
 
 
しかーし!!
 
 
これが、2人以上の旅となってくると、
一気にラクになるのです。
 
 
やり方は、簡単♪4ステップ!!
 
1、まずは近場のカフェ(レストラン)に行きます。
2、そこで、一人がお茶をしつつ、荷物を見ておきます。
3、その間に、もう一人が身軽な状態で、宿を探します。
4、良い宿が見つかったら、2人で荷物を持って、その宿に向かいます。

 
息ぴったりのチームプレイです。イエイ!
 
 
 
 
 
…ま、自分で編み出したかのように書きましたが、
普通に、本で読んだんですけどね。
 
高橋歩さんの本。
 
 
 
コレだったかな…?
 ↓

 

(歩さんの本っていっぱい出てるから、どれだか忘れてしまった…)

 
 
 
あ、念のため説明すると、高橋歩(たかはしあゆむ)さんって言うのは、
旅好きな人だったら知らない人はいない、ってくらい有名な旅人の方です。
 
 
歩さんも、奥さんと世界一周してたときは、
奥さんにカフェで荷物を見といてもらってる間に
宿を探してたんだって!

 
そんなわけで、リシケシに着いたわたしたちは
まず、近場のレストランで、朝食を食べることにしました。
 
 

 

 
アルーパランタ(ジャガイモのパンケーキ):30ルピー(約55円)
 
 
 

 
ちょうど、レストランもすいていた
(てか、私たち以外にお客さんがいなかった)ので、
 
カナに、ここでのんびりお茶してもらってる間に、
わたしが、宿を探しに行くことにしました。
 
 
 
4~5件まわって、まあまあ良い感じの宿を発見!
 

 
※宿の詳細は、一番下に載せています。
 
 
 

 

 

 
ホットシャワー付きのダブルルームが1泊400ルピー(約700円)。
 
2人で割ったら、1人約360円です。
 
 
 

 
しかも、バルコニー付き♪
 
 
 
 
 
カナの昨日の宿が超VIPすぎたので、
 ↓

 
 
この宿で、大丈夫かな~?…と、不安だったのですが、
カナは「この宿だったら、全然大丈夫!!」と言ってました。
 
 
 

 
…あとで、毛布を日干ししてたけどね。
 
カナ、けっこう潔癖症だからね。
 
 
 
「『毛布を干した』っていうエビデンス(=証拠)が大事だから!!」
って言ってました。
 
(カナ、最近、横文字にハマってるみたい)
 
 
 
 

 
 
シャワーを浴びて、のんびりした後、お散歩に出かけました。
 
 
 
 

 
宿の庭にあった、変な実のついている木に興味津々のカナ。
 
 

 

 
これ、何の実だろ?
 
 
 

 
細い裏道を、しばらく歩きます。
 
 
 
 
 

 
前から、カワイイ子犬が来た…☆
 

 

 
カナのスカーフをかじって、遊んでました♪
 

 

 
けっこう必死にかじってるね…!
 
 
 
 
 
 
細い小道を抜けると、
 
 
 

 
ガンジス川が現れました!!
 
 

 

 

 

 
 
 
 
 
 

 
こちらは、「ラクシュマンジュラー」と呼ばれる橋です。
 

 

 
この橋の周辺に、レストランや宿、お土産物屋さんが集まってます。
 
 
 

 
橋から見るガンジス川もきれい♪
 

 
 


 
 

 

 
人間だけじゃなく、牛さんも橋を渡ります。
 
 
 
ヒンドゥー教では、牛は神様の乗り物とされています。
 
 
そのため、インド人は、牛を大切に扱うのです。
 
 

 
…あれ?そうでもなかった。
 
普通に、バイクに邪魔者扱いされてた。
「どけっ!!」って言われて、押されてた。
 

 
なんか、インド人って、意外と
牛に対する扱いが雑なんですよね~。 
 
 
牛が邪魔なときは、「シッシッ!」とか言ったり、
背中をパーんと叩いたりして追い払ってます。
 
 
 

 
モォ~!!!
 

 
あ、一応、ご飯あげたり、お祈りしたりして
牛を可愛がってるインド人もいますけどね^^
 
 
 
 
デリーなんかは、牛を規制してるから、全然見かけないんだけど、
ちょっと都会を離れると、普通に牛だらけです。
 

 

 
 
よく考えるとすごいよね。
道路に、牛がいる生活って…。
 

 

 

 ↑
思わず牛を写真に撮っちゃうカナ。
 
 
 
 
 

 
インドは暑いから、ついついアイスが食べたくなっちゃうんですよね~。
 

 

 
チョコアイス:30ルピー(約55円)
 
 
 
 
ラクシュマンジュラーを渡ったとこにある
 

 
こちらのお寺に登ってみることにしました。
 
 
 
 
入り口で靴を預けて、中へ入ります。
 
 
靴預け代:2ルピー(約4円)
(料金は靴を受け取るときに払えばOKです)
 

 
 
 

 ↑
これは、サドゥーと呼ばれる修行僧。
 
 
リシケシには、サドゥーが沢山います。
偽サドゥーもたくさんいるみたいだけど)
 

 
 
 

 
それにしても…
頂上までは、けっこう遠いんですね。
 

 
 
何段も何段も階段を登らなきゃいけないので、
けっこうしんどいです。
 
 
「…あのさ、もうそろそろ帰らない?」
って言おうとしたところで、ようやく頂上に着きました。
 
 
 

 
頂上からの眺めは、とっても綺麗でした☆
 
 
 

 
幸せの鐘みたいなのがあったので、いろいろとお願いしておきました。
 

 
カナが、インド楽しめますように…☆
安全に、日本に帰れますように…☆
 
 
「無事に、日本に帰れますように…☆」の安全祈願クリック(←なんじゃそりゃ?)、お願いしますっ(^O^)携帯の方もご遠慮なくっ♪いつもありがと
 ↓ ↓ ↓

  世界一周 人気ブログランキング
 
 ↑ ↑ ↑
世界一周ランキングに参加中です。上のボタンを1日1クリックして頂けると、順位が上がる仕組みです。
「え、何それ?」って方は、こちらの記事をご覧ください⇒世界一周ブログランキングって、何なの??

 
 

リシケシ(インド)の安宿「ラージ リゾート(Raj Resort)」


 
・住所:Badrinath Road Tapovan | Laxman Jhula, Rishikesh 249192, India
・URL:こちら
・宿泊費:ダブルルーム1泊400ルピー(約700円)
・宿泊日:2013年4月29日(月)から3泊。
・トイレ、シャワー:ホットシャワー。
・wifi:あり。
・総合評価:★★★★(4.2)

sponsored link

ブログの更新情報

当ブログの最新情報は、各SNSでお届けしています。
国内・海外旅行記や登山情報、格安旅行のコツ等もいち早くお知らせしています。
良かったら、いいね!&フォローで、一緒に旅行気分を味わってくださいね^^♪
 ↓
・Facebook


・Twitter


・インスタグラム
Instagram

コメント

  •  
    庭の木の実は、ジャックフルーツです。
    熟すと美味しいです。
    世界最大のフルーツと言われていて、
    大きいものだと、すごいです。

    by とと €2013/07/20

  •  
    > とと さん
     
    おぉ~!ジャックフルーツって言うんですね!
    世界最大級のフルーツだなんて…すごい♪食べてみたいなぁ^^
    教えてくださって、ありがとうございます!!

    by りりー €2013/07/20

  •  
    やっぱ重い荷物はきついですよね。
     
    ところでスーツケースは宿に置いて動くことも多いと思いますが、盗難対策とかってどんな感じでしょう?

    by まつ €2013/07/20

  •  
    > まつ さん
     
    そうなんですよね~。。
     
    盗難対策は、ドミトリーの場合は、貴重品だけロッカーに預けたり、スーツケースに鍵をかけて、それをベッドの脇にくくりつけておいたりしてます。
     
    ただ、ロッカーに入れておいても、ロッカーの鍵を壊されて盗られてしまうこともあるみたいなので(特に、バルセロナあたり)難しいところですよね…。厳重な鍵を2重くらいにかけておけば、安心かもしれません。

    by りりー €2013/07/21

  •  
    いつも楽しくブログ読ませていただいてます。
     
    荷物の重たさの辛いのめっちゃよくわかります。
    肩、死にますよね(笑)
    私もスイッチバックなので転がしてるんですけど
    ヨーロッパの石畳に何度心が折れそうになったかわからないですもん。
    あのガタガタ相当肩に負担ですよね。
    一時間以上迷子になったときなんか半泣きでした。
     
    宿探しってそういうやり方もあるんだなぁと思って読ませていただきました。
    次から実践!してみようと思います!
    荷物に負けずに旅続けてください!

    by とうふ €2013/07/22

  •  
    > とうふ さん
     
    いつもブログ読んで頂いてありがとうございます!
     
    ホント、肩、死にますよね~(笑)
     
    あ!石畳、イヤですよね!
    コンクリートにしてっ!って思いますもん^^
    あと、歩道に、やたら段差があるのも嫌です…!
     
    誰かと一緒のときは、ぜひこの方法試してみてください~♪

    by りりー €2013/07/22

down

コメントする




※コンピューターによるスパム投稿を防ぐため、コメントは承認制となっています。(コメントが表示されるまでに、少し時間がかかることがあります)

プロフィール

りりー

りりー

予算99万円で世界一周してきた、格安旅行情報ブロガー。
国内外の格安旅行情報や節約のコツをお届けしています。
詳しいプロフィール・おすすめの記事はこちら

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ 



sponsored link

カテゴリー

月別アーカイブ