旅行記ブログ:りり記

エルサレムの「嘆きの壁」観光&もみあげの長い正統派ユダヤ教徒

time 公開日:2013/05/21   

こんにちは!!
 
Facebookページに、「いいね!」をして下さった皆さま、誠にありがとうございます☆
フェイスブックでも、どうぞよろしくお願いします^^
 
 
 
ところで!!
 
 
皆さんは、「宗教」に対して
どのようなイメージを持っているでしょうか?
 
------------------------------------------------------------–
現在地はネパールのカトマンドゥです。
twitterとFacebookではリアルタイムでつぶやいてます。ぜひフォロー&いいね!してください^^
twitterはこちら / Facebookはこちら
 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周 人気ブログランキング
------------------------------------------------------------–

 
 
日本人の多くは、特に何の宗教も信じていない
無宗教者が多いかと思います。
 
 
それでも、結婚式は教会でやってみたり
お葬式は仏教式でやってみたりするかと思います。
 
 
お正月には神社にお参りに行くし
クリスマスには、チキンを食べます。
 
 
そして、困ったときは、神頼みしちゃったりすると思います。
(普段は、たいして神様信じてないけど!)

とは言え、「宗教」って聞くと、
オウム真理教とか、怪しい新興宗教のイメージが強いからか
ちょっとネガティブな印象をもっている人も、少なくないと思います。
 
 
しかし、世界を旅していると
「宗教」の存在を強く感じることが多々あります。
 
 
 
 
エルサレムを散策して、たどり着いたのがここ。
 

 
嘆きの壁。
 
いろんな方のブログで見ていて、
ずっと来てみたかった場所なんです。
 
 

 
ここは、ユダヤ人の聖地とされる場所。
かつてはユダヤ教の神殿が建っていた所だそうです。
 
 

 
神殿が破壊した後、
ユダヤ人はエルサレムへの立ち入りを禁止されていました。
 
 
しかし、年に1日だけ立ち入りが許されるようになり
ユダヤ人は、残されたこの壁に向かって祖国の復興を祈りました。
 
 

 
こうして、ここは「嘆き」の壁となったのです。
 
 
 

 
男性は左側、女性は右側と、祈る場所が分かれています。
 
 
 

 

 
みんな、真剣に祈っていますね。
 
 
 

 
壁には、願い事が書かれた紙が、いっぱい挟まっています。
 
 
 

 
なんか、宗教の力ってすごいなぁ…。
 
 
 
わたしみたいな無宗教者にとっては、
何か熱狂的に信じるものがあるっていうのは
羨ましくもあり、ちょっと意味わかんなくもあります。
 
 
 

 
だって、この人たち、全身黒ずくめだからね。
 
 

 
超正統派のユダヤ教徒。
黒い帽子に、黒いスーツ、長い髭が特徴。
 
 

 

 
しかも、もみあげ超長いからね。
切っちゃいけないんだって。
 

 

 
この人たちは、平日の昼間からずっと祈っているので、
何のお仕事してるのかな~?と思ったら、
政府からお金をもらってるから、特に仕事はしてないんだって。
 
 
兵役も免除されてるそう。
 
 

 
彼らの祈りの特徴は、体を揺らしながら祈るということ。
首をカクカクさせながら祈ります。
 


 

 
そうこうしてるうちに、後ろのほうで、なんかの儀式が始まりました。
 
 

 
黒い小さな四角い箱がつながった紐を
腕にぐるぐると巻きつけられている少年。
 
 

 
頭にもつけます。
 
 
 

 
そして、聖書の言葉みたいなものを朗読していました。
 
 

 
この頭と腕につけてる小さな黒い箱は「ヒクラティ」といって、
旧約聖書の章句を書いた経本が入っているそうです。
 
 
「この言葉を腕に付けてしるしとし、額に付けて覚えとしなさい…」
神様から言われているから、だとか。
 
 
この儀式、街中(バスターミナルとか)でも、やってる人を見かけました。
 
いきなり黒い紐をぐるんぐるん腕に巻き付けだすので、
ちょっとびっくりします。
 
 
 
ホント宗教って面白いですよね。
 
 
信じてない人にとっては、ギャグにしか見えない行為でも
信じてる人は、大真面目にやってますからね。

 
ここ、エルサレムは、ユダヤ教の聖地であるとともに
キリスト教と、イスラム教の聖地でもあります。
 
 

 
イエス・キリストが、亡くなった場所もあります。
 
 

 
すぐ近くに、イスラム教のドームもあります。
 


 

 
夕方になると、すごい数のユダヤ教徒が、嘆きの壁に集まってきました。
金曜日の日没は、みんなが集まる日みたい。
 
 

 
それにしても「宗教」って、
ものすごいパワーを持っっているなぁ、と感じます。
 

 
 
ちょっとおかしな方向に行ってしまうと
マインドコントロールに使われたり、宗教戦争がおこったりしてしまうけど
 
どの宗教の神様も、
ホントは、みんなが仲良く笑顔で暮らすのを望んでると思うんだけどな。
 
いつか、パレスチナ人とユダヤ人が仲良く暮らせたらいいな…。
 
 
皆さん、今日も応援クリックどうぞよろしくお願いします☆いつもありがとう(^▽^)
 ↓ ↓ ↓

  世界一周 人気ブログランキング
 
 ↑ ↑ ↑
世界一周ランキングに参加中です。上のボタンを1日1クリックして頂けると、順位が上がる仕組みです。
「え、何それ?」って方は、こちらの記事をご覧ください⇒世界一周ブログランキングって、何なの??

ブログの更新情報

当ブログの最新情報は、各SNSでお届けしています。
国内・海外旅行記や登山情報、格安旅行のコツ等もいち早くお知らせしています。
良かったら、いいね!&フォローで、一緒に旅行気分を味わってくださいね^^♪
 ↓
・Facebook


・Twitter


・インスタグラム
Instagram

コメント

  •  
    リリーさん初めまして!
    先日、たまたま高田純次さんの番組でインドを旅してるリリーさんを見かけ、さっそくブログを頭から読ませて頂きました。(風邪ひいて仕事休んで時間がたんまりあったので^^;)
    読みながら私も旅をしてる気分を味わっています。
    特に食べ物の写真が良いですね!
    レストランだけじゃなくて現地の人が食べてる屋台のパンやスイーツが載ってて、すっごい食べたくなります(笑)
    これからの国も楽しみにしてるので、お体に気を付けて旅を続けて下さいね!

    by JADY €2013/05/21

  •  
    はじめまして。
    勘違いしている人が多いようですが、日本人は無宗教ではなく、西洋やアラブのような一神教の宗教を信じてないだけですよ。
    多神教なので、他宗教の神も尊重し、自然崇拝と混ざっているのでわかりにくいだけです。
    本当に無宗教であれば、神社仏閣に参拝することはありません。
    一神教では、他宗教の神の祭に参加することが、ノンポリに見えるかもしれませんが、多神教である神道仏教では、許容されて、むしろ推奨されています。神仏というのは人々に罰を与えるだけの存在ではなく、ひっそりと隣に居てくれるという考え方もあるのです。

    by hippopotamus €2013/05/22

  •  
    > JADYさん
     
    初めまして!
    ブログ、頭から読んでくださってるなんて…ありがとうございます^^
     
    わたし、食べ物大好きの写真を撮るのが大好きなんですよ~!(笑)
    これからもどうぞよろしくお願いします☆

    by りりー €2013/05/22

  •  
    > hippopotamusさん
     
    はじめまして!
     
    おぉ~、なるほど!すごくわかりやすい解説ありがとうございます!!
    なんかスッキリしました。
    神仏が「ひっそりと隣に居てくれる」という考え方、すごく素敵ですね^^

    by りりー €2013/05/22

down

コメントする




※コンピューターによるスパム投稿を防ぐため、コメントは承認制となっています。(コメントが表示されるまでに、少し時間がかかることがあります)

プロフィール

りりー

りりー

予算99万円で世界一周してきた、格安旅行情報ブロガー。
国内外の格安旅行情報や節約のコツをお届けしています。
詳しいプロフィール・おすすめの記事はこちら

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ 

カテゴリー

月別アーカイブ