旅行記ブログ:りり記

スイス鉄道のサイレント車両と、チューリッヒ中央駅のSBBラウンジ

time 公開日:2016/09/18   

今回の旅で頂いた1等のユーレイルパスでは、チューリッヒ中央駅の「SBBラウンジ」を利用することができました。

※SBBラウンジへの行き方は、一番下にまとめています。

ラウンジで少し時間をつぶした後、空港に向かいます。


チューリッヒ中央駅からチューリッヒ空港までの行き方

市内中心部からチューリッヒ空港までは、電車で約10分の距離。とっても近いです♪

チューリッヒ国際空港(Zurich Flughafen)行きの電車に乗ればOK。昼間なら5~10分間隔で出ています。

電車に乗るときは、ドアの横にあるボタンを押すとドアが開きます。
 ↓

降りるお客さんがいない場合、このボタンを押さないとドアが開きません。

スイス鉄道のサイレント車両

スイスの列車には、

1等席と

2等席があります。

基本的に、1等席はガラ空きです。(ぶっちゃけ1等席を減らして、2等席をもうちょっと増やしたほうがいいと思う…)

長距離列車は、2階建て車両が多いです。

こちらは食堂車。

スタバの入った車両だったので、大人気でした。

そんな中、スイス旅行の最後にわたしが乗った車両は、おしゃべり禁止車両
「この車両、やけに静かだな~」と思ったら、こんなマークがあったのでした。
 ↓

この車両では携帯電話はもちろん、おしゃべりも禁止。

とっても静かで落ち着きます。こりゃ、一人旅には最適だな~^^なんて思ってひとり静かに旅の思い出を振り返っていたら、突然アラブ系の外国人夫婦が入ってきました。

彼らは2等車両に向かう途中のようです。「サイレント車両」であることも知らずに大声で会話するアラブ人夫婦。雰囲気からすると、おそらくこんな内容です。

旦那さん:「あ~、もう移動するの疲れた!2等席遠いし、ここでいいよ!」
奥さん:「え、でもここ1等席でしょ?2等のチケットしか持ってないよ?」
旦那さん:「いいよ。どうせ、もうすぐ空港に着くんだから。検札(*)なんて回ってこないだろ」
奥さん:「うーん、じゃあ、まいっか」

*スイス鉄道には日本のように改札がない代わりに、抜き打ちで車内に検札が回ってきます(海外はこういうシステムのところが多い)。もし2等席の人が1等席に乗ってたら、ものすごい罰金をとられます。

すると旦那さんはおもむろにスマホを取り出し、大音量でアラビア音楽を流し始めたのです。

…おいおいおい!
ここは静かにしなきゃいけない車両ですよ!!!音楽はもちろん禁止ですよ!!

ほら、この案内板に書いてあるでしょ。

この車両では、たとえヘッドフォンをつけていても、音楽は禁止なんですよ!(音漏れがあるから)

静まり返った車内で音楽を流し始めた旦那さんに、奥さんが厳しく注意…するとか思いきや、彼女は驚きの行動に出ました。「パン!パン!パン!」と音楽に合わせて手拍子を始めたのです。

…え!?

音楽に合わせてリズムをとる2人。ノリノリです。突如アラビアン・クラブ車両にチェンジしたサイレント車両。

そんなわけでわたしのスイス旅行の最後は、アゲアゲ↑↑のアラビア音楽で締めくくられたのでした。


 ↑
例のアラブ人夫婦。とても仲良し。

チューリッヒ空港から出発するときの注意点

チューリッヒ空港はとても広いです。

わたしはエミレーツ航空のチェックインカウンターがわからず空港内をさ迷い歩きました。

実は、チューリッヒ空港のチェックインカウンターは3か所あるらしく、エミレーツのある「Check-in 2」は、離れた場所にありました。

時間ないのにウロウロ迷って、焦っちゃいましたよ。

まあ、後で地球の歩き方をよく見たら、ちゃんと書いてあったんですけどね…。
 ↓

チェックインカウンターは3か所に分かれているので、どのカウンターでチェックインするのか確認しておきたい。

SBB空港駅のホームからエスカレーターでひとつ上に上がると、SBBの切符売り場とCheck-in 3がある。エスカレーターでもうひとつ上がると、レストランやショップ、スーパーマーケットのミグロなどがあるショッピングエリア。このフロアからエスカレーターでもうひとつ上がり、連絡通路を渡るとCheck-in 2がある。Check-in 1へはここからさらに連絡通路を渡る。

…ガイドブックをしっかり読まないからこうなる。

でも、ここまで来れば一安心。あとは帰るだけです。

機内で映画を楽しみ、

途中ドバイで乗り変えて、

今回も無事に帰ってこれたな~と、安堵していました。

帰りの空港で、まさかのハプニングが待ち受けているとも知らずに…。

つづく。


人気ブログランキングへ

おまけ:チューリッヒ中央駅の「SBBラウンジ」への行き方

チューリッヒ中央駅の「SBBラウンジ」は、国際列車やユーレイルパスの1等席を利用する人向けのラウンジです。

チューリッヒ中央駅の正面入り口を入って、

「SBB Lounge」と書かれたドアを開け

階段を上ると

廊下の突き当りに

SBBラウンジがあります。受付で1等席のチケットを見せ、中に入りましょう。

ソフトドリンクや新聞・雑誌、パソコンなどがそろっています。(電源もあります)

1等席を利用する人専用のラウンジだけあって、お客さんはお金持ちっぽいシニア層ばかり。

スーパーで買った安いサンドイッチを食べている客は、わたし一人でした…^^;

<チューリッヒ中央駅のSBBラウンジ>
・場所:南セクションの2階。レストラン「Au Premier」の近く。
・営業時間:6時~21時
・定員:50名


人気ブログランキングへ

sponsored link

ブログの更新情報

当ブログの最新情報は、各SNSでお届けしています。
国内・海外旅行記や登山情報、格安旅行のコツ等もいち早くお知らせしています。
良かったら、いいね!&フォローで、一緒に旅行気分を味わってくださいね^^♪
 ↓
・Facebook


・Twitter


・インスタグラム
Instagram

down

コメントする




※コンピューターによるスパム投稿を防ぐため、コメントは承認制となっています。(コメントが表示されるまでに、少し時間がかかることがあります)

プロフィール

りりー

りりー

予算99万円で世界一周してきた、格安旅行情報ブロガー。
国内外の格安旅行情報や節約のコツをお届けしています。
詳しいプロフィール・おすすめの記事はこちら

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ 



sponsored link

カテゴリー

月別アーカイブ